IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年12月28日(木)

11R

2017年12月28日(木) | 5回中山9日 | 15:30発走

第34回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

予想

◎本命はサンリヴァル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.03.6

新潟→中山と対照的なレイアウトのコースでデビュー2連勝を挙げ、素質の高さをアピール。特に前走・芙蓉S(オープン)は2番手からの正攻法で他馬を完封する強い内容だった。ラスト2ハロン11秒1-11秒5の速い流れを力強く抜け出した末脚は見どころ十分で、立ち回りの上手さも魅力。すでに長距離輸送もクリアしており、再度の同舞台でG1タイトル奪取を狙う。

○対抗はルーカス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・東京スポーツ杯2歳S(G3)は勝ち馬のワグネリアンにこそ離されたものの、きっちりと連対は確保。相手が強すぎたが、本馬のマークした時計も例年のVレベルに達しており、能力は相当に高い。名馬モーリスの全弟で、晩成だった兄を思えば、まだまだ成長の余地は十分。今週の追い切りで放馬した影響は気になるが、このメンバーでも素質は互角以上とみる。

▲単穴はジャンダルム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

今回の出走馬で唯一の重賞ウイナー。前走・デイリー杯2歳S(G2)は道中で他馬にぶつけられる不利があったものの、ひるむことなく抜群の末脚を発揮して鮮やかに差し切った。名牝ビリーヴ(スプリントG1・2勝)の子どもでスピードタイプかもしれないが、折り合いはつくタイプ。距離延長さえこなせば、勝ち負けに持ち込める。

△抑えはタイムフライヤー。△穴はフラットレー。


今週のワンポイントアドバイス

G1奪取、タイムフライヤー

今年からG1に格上げされた。昨年は優勝したレイデオロが翌年のダービーを制覇。今年も東西から素質馬が結集し、来年のクラシック戦線を占う意味でも見逃せないレースとなっている。

2007〜13年まではオープン特別、14〜16年はG2で行われた過去10回のレースで傾向を見てみたい。

連対馬は2-1、1-3、1-3、4-2、5-6、7-10、8-1、2-8、3-1、1-8番人気の組み合わせでゴールした。1〜3番人気は6、3、3連対とまずまずだが、人気薄の6番人気以下からも6頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…1回
2000円台…3回
5000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

12年に7、10番人気の伏兵馬のワンツーで2万8380円の波乱となったが、10回中7回は3000円未満で決着。ほぼ平穏に収まる傾向を見せている。

また、3連単配当は、発売なし(最終から4レース限定発売のため)、5910円、1万円台、2万円台、64万円台、37万円台、3万円台、34万円台、7790円、1万円台で決着。30〜60万円台の高配当が3回も出る難解なレースとなっている。ちなみに3着は4、5、8、3、12、2、2、9、2、2番人気が入線した。

連対馬20頭のクラス別は重賞組1頭、オープン特別組1頭、500万下組7頭、新馬組6頭、未勝利組5頭。新馬、未勝利から直行した実績のない馬が、連対馬の半数以上を占めている。

路線別は葉牡丹賞組が4連対と好相性を見せているが、今年この組からの参戦はなく、推奨できるステップはない。

また、所属別は関東馬95頭、関西馬40頭、地方馬2頭で争い、13、7、0連対。連対率は14、18、0%。連対数で関東馬、率で関西馬がリードしている。

キャリアは、1〜5戦以上馬が6、7、3、2、2連対で、連対率はそれぞれ30、20、12、8、6%。キャリア1、2戦馬が好成績を残している。

距離別は1600M、1800M、2000M組が、3、6、11連対。このレースと同距離から臨戦した馬が活躍している。

なお、性別は牡馬20連対に対して、牝馬は0連対。牡馬が強く、牝馬は3着1回と大苦戦している。


◎……本命はタイムフライヤー。新馬戦は2着だったが、勝ち馬が2連勝で札幌2歳Sを制したロックディスタウン。相手が悪かった。その後は抜群の末脚で2連勝して、前走の京都2歳Sでもアタマ差の2着。まだまだ伸びシロがあり、G1奪取のチャンスだ。

○……相手は新馬、芙蓉Sと連勝したサンリヴァル。中距離の1800Mと2000Mで折り合い、ラストもキッチリと伸びている。3カ月ぶりの実戦となるが、デビュー勝ちのこの馬にはむしろ好材料。1頭だけこの舞台を経験しているのも大きなアドバンテージだ。

▲……ルーカスはG1を6勝したモーリスの全弟。最終追い切りで放馬するアクシデントがあったが、予定通り出走してきた。前走は完敗の2着だったが、ゴール前でひと伸び。確かな能力を感じさせた。力を出し切ればタイトル奪取も可能だろう。

△1……新馬戦を2馬身半差で楽勝したフラットレー。4コーナー大外から動いて、直線を向くと一気に先行勢を飲み込んだ。好センスと鋭い決め手は評判通り。ただ、デビュー2戦がやや重、不良馬場で、その反動が気がかり。今回は連下に留めた。

△2……シャルルマーニュは5戦して(1.2.2.0)。勝ち味に遅いきらいはあるが、前走の東京スポーツ杯2歳Sはハイペースの3番手で3着としぶとい粘りを見せた。東京から中山に替わるのは歓迎で、先行力が生かせる。

△3……新馬、G2デイリー杯2歳Sを連勝したジャンダルム。初戦は好位から抜け出し、2戦目は中団からレース最速の上がりで差し切った。自在性があり、しまいの切れ味も抜群だ。これまで2戦がマイル。相手強化、2ハロンの距離延長がカギとなる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 リュヌルージュ        
1 2 トーセンクリーガー        
2 3 ウォーターパルフェ        
2 4 ロードアクシス        
3 5 トライン      
3 6 マイハートビート      
4 7 タイムフライヤー  
4 8 シャルルマーニュ    
5 9 サンリヴァル
5 10 ルーカス
6 11 フラットレー    
6 12 ジュンヴァルロ        
7 13 ステイフーリッシュ        
7 14 ワークアンドラブ        
8 15 ジャンダルム  
8 16 シャフトオブライト        
8 17 ナスノシンフォニー        

買い目

大多9=10 9=15 9-7 9-11 10=15
綾恵9=15 9=10 9-5 9-6 15=10
山田10=8 10=7 10=9 8=7 8=9 7=9
たま7=9 7=10 7=8 7=11 7=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。