sportsnavi

2017年12月24日(日)

11R

2017年12月24日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第62回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はキタサンブラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.32.6

G1レース6勝の現役最強馬。非凡な先行力とスタミナを誇り、天皇賞春秋連覇を達成するなど今年もタイトルを積み重ねた。前走・ジャパンC(G1)は3着に敗れたものの、勝ち馬とはわずか0秒2差。この中間は攻め強化で好時計を出しており、渾身の仕上げで今回の引退レースに臨む。枠順も相性の良い内枠を引き、態勢は万全。ファン投票1位に応える勝利で有終の美を飾り、王者のままターフを去る。

○対抗はシュヴァルグラン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.33.1

ジャパンC(G1)でキタサンブラックら強豪たちに快勝。晩成タイプの多いハーツクライ産駒らしく成長力に富み、5歳秋を迎えて待望のG1初戴冠を果たした。昨年の当レースは6着に敗れているが、立ち回りの上手さを身につけて完成期に入った今ならチャンスは十分。キタサンブラックを返り討ちにして、G1連覇を狙う。

▲単穴はスワーヴリチャード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.30.0

秋の始動戦となった前走・アルゼンチン共和国杯(G2)を圧勝。直線でインから馬群を割って古馬を一蹴し、上々の滑り出しを見せた。ハイレベルと言われる現3歳世代のダービー2着馬で、デビューから7戦6連対の好成績。実績的に左回りがベストだが、軽視は禁物だ。

△抑えはサトノクラウン。△穴はミッキークイーン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

G1連覇の好機、シュヴァルグラン

2017年を締めくくる「グランプリ有馬記念」。2年連続でファン投票1位で登場したキタサンブラックが7冠で有終のVを飾るのか。それとも若さと勢いに乗る3歳馬スワーヴリチャードが待ったをかけ世代交代をアピールするか。それとも第3の馬の勝利で1年を締めくくるのか。過去10年のレースで傾向を見てみたい。

連対馬は9-5、1-14、2-1、2-1、1-7、1-10、1-4、4-9、8-5、1-2番人気の組み合わせで決まった。1番人気は7連対と上々成績を残しているが、2、3番人気は3、0連対と元気がなく、6番人気以下から伏兵馬が6頭も連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……4回
3000円台…2回
6000円台…1回
万 馬 券……3回

上位4番人気までの組み合わせで決着して3けた配当となった年が4回あるが、上位人気が着外に沈んだ2007、14年と、14番人気が2着に食い込んだ08年に万馬券が出る波乱。堅いか、荒れるかの見極めが必要となっている。

一方、3連単配当は80万円台、98万円台、1万円台、6万円台、7万円台、2万円台、5240円、10万円台、12万円台、3940円。4けたの堅い決着も2回あったが、10万超の高配当が4回も飛び出す難解な一戦となっている。ちなみに、3着には6、10、11、14、9、2、2、1、4、3番人気馬が入線している。

連対馬20頭はすべて重賞からの参戦で、G1組【5.3.2.7】(1、2、3着、着外)、G2組【2.0.1.0】(同)。G1組がG2組以下を圧倒している。しかし、G2組の3回の複勝対象はここ5年でマークしたもの。格下というだけで切り捨てるのは危険か。

ステップは7連対のジャパンC組がトップ。次いで、菊花賞組4連対、天皇賞・秋組3連対、2連対でエリザベス女王杯組などが続いている。

関東馬は38頭出走して2連対(連対率5%)、関西馬が112頭で18連対(同16%)、地方馬は3頭で0連対。関西馬が他所属馬を圧倒している。

年齢別は3〜7歳上馬が7、8、4、0、1連対。連対率は22、20、10、0、6%。4、3歳馬が世代をリードしている。

牡馬133頭と牝馬20頭で争った性別は、15対5。連対率はそれぞれ11、25%。牝馬は連対数で見劣るが、率で牡馬を圧倒している。


◎……シュヴァルグランは前走のジャパンCでG1奪取。同期キタサンブラックの前になかなか手が届かなかった悲願のタイトルを獲得した。ハーツクライ産駒らしい成長で地力強化をアピール。今回もキタサンブラックをキッチリとマークする戦法でG1連覇を果たす。

○……相手は3歳馬のスワーヴリチャード。5カ月ぶりに加えて、初の古馬との対戦となった前走アルゼンチン共和国杯で2馬身半差をつけ、ダービー2着(0秒1差)の底力を見せつけた。大型馬のたたき2戦目。ジャパンCでダービー馬レイデオロが2着の実績から、ここでも確実に勝ち負けに持ち込める。

▲……前走のエリザベス女王杯でミッキークイーンは3着。1000M通過が62秒0のスローペースの中で、後方から長くいい脚を使って、クビ+アタマ差まで追い込んだ。右回りは昨年の有馬記念5着を除くと、(4.3.3.0)と得意。牝馬が活躍のグランプリ。はまれば大駆けが決まる。

△1……キタサンブラックは前走のジャパンCで3着。極悪馬場となった直後のレースで、さらにラストランに向けて少し余裕残しの調整だったか。今回は万全の仕上げで勝たれても仕方ないが、一方、ライバルたちのマークも強烈。G1レース6勝馬には失礼だが、馬券的な妙味が薄く、ここは狙いを下げたい。

△2……前走のジャパンCでサトノクラウンは10着。4コーナーまで手応え良く見えたが、直線で追い出すといつもの伸びが全くなし。2走前の天皇賞(秋)のダメージがあったか。昨年に香港ヴァーズ、今年は宝塚記念とG1レース2勝の実力馬。巻き返しても驚けない。

△3……穴を出せばルージュバックか。2番人気に支持された前走のエリザベス女王杯で9着に敗退。出負けして後方からとなり、スローの流れに末脚も不発だった。牡馬相手に重賞4勝の力量馬。特に2走前のオールカマーは強い競馬だった。一発に警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ヤマカツエース      
1 2 キタサンブラック
2 3 クイーンズリング        
2 4 ブレスジャーニー        
3 5 トーセンビクトリー        
3 6 サトノクロニクル        
4 7 シャケトラ        
4 8 レインボーライン      
5 9 サクラアンプルール        
5 10 シュヴァルグラン
6 11 ルージュバック      
6 12 サトノクラウン  
7 13 ミッキークイーン  
7 14 スワーヴリチャード  
8 15 カレンミロティック        
8 16 サウンズオブアース        

買い目

大多2=10 2=14 2-12 2-13 10=14
綾恵12=2 12=10 12-8 12-14 2=10
山田2=10 2=1 2=13 10=1 10=13 1=13
たま10=14 10=13 10=2 10=11 10=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。