IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年11月26日(日)

11R

2017年11月26日(日) | 5回東京8日 | 15:40発走

第37回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 |

予想

◎本命はキタサンブラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.25.5

前走の天皇賞・秋(G1)を制し、G1レース6勝目をマーク。宝塚記念(G1)では9着に敗退したものの、休養を挟んでしっかり立て直し、天皇賞春秋連覇を果たした。非凡な先行力とスタミナを誇り、実績は群を抜く。東京コースも昨年の当レースを快勝するなど5戦4勝の好成績。史上2頭目のジャパンカップ連覇を成し遂げる公算大だ。

○対抗はレイデオロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.24.6

今年の日本ダービー(G1)を制した3歳世代最強馬。秋初戦の神戸新聞杯(G2)では好位からの横綱相撲でキセキ(後の菊花賞馬)に貫禄勝ちし、上々のスタートを切った。これでデビューから6戦5勝。ダービー2着馬のスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯(G2)で古馬に圧勝したことで、本馬の評価は更に高まった。斤量差を生かせば、世代交代を果たす可能性も十分にある。

▲単穴はサトノクラウン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.23.5

宝塚記念(G1)を制するなど、近5戦で4連対(3勝)。前走の天皇賞・秋(G1)でもキタサンブラックとクビ差2着の接戦を演じ、力を示した。芝2400Mでは昨年暮れの香港ヴァーズ(国際G1)で世界の強豪ハイランドリールに快勝しており、距離延長も不安なし。鞍上のM.デムーロ騎手は先週、JRA最多タイとなるG1年間6勝をマーク。勢いに乗る名手の手綱で逆転Vを狙う。

△抑えはシュヴァルグラン。△穴はマカヒキ。


今週のワンポイントアドバイス

紅一点、ソウルスターリング

「世界に通用する強い馬作り」を目指して、1981年に創設された国際招待レース。37回目を迎える今回はアイルランド(愛)、オーストラリア(豪)、ドイツ(独)から4頭の外国馬が参戦する。

一方、迎え撃つ日本勢は現役最強馬キタサンブラック、今年のダービー馬レイデオロなど13頭が集結した。

暮れのグランプリ有馬記念と並んで日本最高賞金3億円をゲットするのはどの馬か。過去10回のデータでレース傾向を探ってみたい。

過去10年、連対馬は5-4、9-1、1-2、4-1、2-6、3-1、1-7、4-3、4-7、1-5番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は6、2、2連対とほめられた成績ではないが、伏兵馬の連対も6〜9番人気の4頭と少ない。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…1回
2000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…1回
7000円台…1回
万 馬 券……1回

2015年に1万160円と荒れたが、2000円台以下の人気サイド決着も6回。力関係を比較しづらい国際競走でも大半は平穏に収まっている。

一方、3連単配当は、1万円台、6万円台、1万円台、2万円台、32万円台、5550円、22万円台、9万円台、5万円台、3万円台。こちらは32万馬券や22万馬券が飛び出す波乱含みとなっている。ちなみに、3着は1、2、6、8、14、2、11、6、1、6番人気馬だった。

連対馬20頭は全馬重賞からの臨戦(海外を含む)で、クラス別はG1組17頭とG2組3頭。G3戦以下からの連対馬は見られない。

路線別は12連対の天皇賞(秋)組が首位。2位に凱旋門賞組と京都大賞典組が2連対で並んでいる。ちなみに、残る4頭のステップはエリザベス女王杯、菊花賞、秋華賞、アルゼンチン共和国杯だった。

外国馬VS日本馬は42頭と132頭で争い、0対20。外国馬は連に絡んだことがないだけでなく、馬券圏の3着もなく、09年の4着が最高成績では狙えない。

年齢別は3〜7歳以上馬が4、9、6、1、0連対。連対率はそれぞれ13、17、14、4、0%。3〜5歳馬が好成績を残している。

また、性別は牡馬が149頭出走して13連対(連対率9%)、牝馬は25頭で7連対(同28%)。出走頭数の少ない牝馬が大健闘している。今年紅一点で参戦するソウルスターリングにとっては心強い追い風となっている。

最後に前走との出走間隔を見ると、1〜3着馬の30頭全馬が10〜11月からの臨戦。唯一、9月の神戸新聞杯から挑むレイデオロには気になるデータとなっている。

また、フルゲート18頭立てに対して、11年は16頭、08、12、13、16年が17頭立てで行われた(08年は12番取消)。

枠別成績は
1枠(2.2.3.13)
2枠(2.0.1.17)
3枠(2.1.2.15)
4枠(1.0.0.19)
5枠(0.3.1.16)
6枠(0.1.0.18)
7枠(1.0.2.23)
8枠(2.3.1.23)

馬券対象の30頭に注目すると、内の1〜4枠が16頭、外の5〜8枠が14頭。枠の内外による有利不利は感じられないものの、優勝馬を見ると7対3。内枠が有利となっている。馬単や3連単の軸馬は1〜4枠から指名する方がよさそうだ。


◎……不振の続くソウルスターリングは毎日王冠8着、天皇賞(秋)6着。2走前は4カ月半ぶりの実戦、前走も不得手の道悪を考えれば悲観する内容ではない。ここ2戦不完全燃焼の競馬が続いたが、オークスの勝ちタイムはダービーより2秒8も速かった。こんな馬ではないというG1馬の意地を見せてほしい。

○……前走の天皇賞(秋)でサトノクラウンはクビ差の2着。4カ月の休み明けをものともせずに、国内外でG1レース2勝の底力を見せた。前走激走の反動は気になるものの、やや重〜不良馬場で(4.1.0.2)の実績。時計のかかる今の馬場は歓迎だろう。

▲……レイデオロの秋初戦の神戸新聞杯はこのレースを見据えたやや余裕のある仕上げ。それでも2着を2馬身ちぎってダービー馬の貫禄を見せた。2カ月ぶりのローテーションに不安は残るが、新馬Vの実績から休み明けはOK。藤沢厩舎3歳ワンツーも夢ではない。

△1……キタサンブラックはG1レース6勝馬。現役最強馬として誰もが認めるところ。ただ、前走のあの不良馬場で出遅れを挽回して、直線では最内から外へ進路を切り替えてクビ差の完勝。今回反動が出ても不思議のない競馬だった。ラストランは有馬記念。ここは△に留めたい。

△2……シュヴァルグランは前走の京都大賞典で0秒1差の3着。発馬で不利を受け、3〜4コーナーで外を回るロスが着差になった。芝2400Mは(3.1.2.0)と得意で、G1、G2で2、3、3着の実績。いつビッグタイトルを奪取しても不思議のない能力を秘めている。

△3……穴を出せばワンアンドオンリー。不振が続いているが、横山典騎手と橋口調教師が改造を続けている14年のダービー馬。3走前にマイル(中京記念10着)を使ってから勝負どころで置かれなくなったのは大きな収穫。G1馬の底力を警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 シュヴァルグラン
1 2 レイデオロ  
2 3 ギニョール        
2 4 キタサンブラック
3 5 サウンズオブアース        
3 6 イキートス        
4 7 ディサイファ        
4 8 ソウルスターリング    
5 9 レインボーライン        
5 10 ブームタイム        
6 11 マカヒキ      
6 12 サトノクラウン  
7 13 シャケトラ      
7 14 アイダホ        
8 15 ワンアンドオンリー      
8 16 ヤマカツエース      
8 17 ラストインパクト        

買い目

大多4=2 4=12 4-1 4-11 2=12
綾恵2=4 2=12 2-1 2-8 4=12
山田4=1 4=16 4=13 1=16 1=13 16=13
たま8=12 8=2 8=1 8=4 8=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。