2017年11月5日(日)

11R

2017年11月5日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第55回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

予想

◎本命はアルバート。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.33.3

15、16年のステイヤーズS(G2)を連覇するなど、スタミナは現役屈指。前走・オールカマー(G2)は不利を受けて7着に終わったが、得意の長丁場なら見直しが必要だろう。10〜12月に計6勝と秋も得意な季節で、昨年の当レースでは半馬身差2着に好走。ひと叩きされた上積みも見込めるため、トップハンデでも最有力とみる。

○対抗はスワーヴリチャード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから6戦5連対。春は共同通信杯(G3)を制し、日本ダービー(G1)では僅差2着に好走するなど、現3歳世代トップクラスの素質を誇る。今回は5カ月の休み明けだが、乗り込み入念で追い切りの動きも上々。左回りの東京コース(3戦3連対)は合うだけに、古馬撃破の期待も十分だろう。

▲単穴はプレストウィック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.31.9

昨年の当レースこそ10着に敗れたものの、その後はステイヤーズS(G2)4着、ダイヤモンドS(G3)5着と善戦。キャリアを重ねて着実に地力をつけ、前走ではオープン初勝利をマークした。全6勝中5勝を2400M以上で挙げているスタミナタイプ。充実期を迎えた今なら、大駆けの場面があっても驚けない。

△抑えはセダブリランテス。△穴はレコンダイト。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

2戦目で一変、レコンダイト

過去10年、連対馬は2-10、3-2、11-4、1-2、3-1、2-3、7-4、2-4、1-4、2-4番人気の組み合わせで決着した。上位1〜4番人気が3、6、3、5連対と人気に応え、伏兵馬の連対は7、10、11番人気の3頭だけとなっている。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…6回
5000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……1回

2009年に1万3520円と荒れたが、7回は2000円未満。ハンデ戦でも比較的平穏に収まる傾向にある。

一方、3着に9、1、10、9、8、6、3、3、3、3番人気が入線した3連単配当は、17万、1万、92万、4万、4万、1万、7万、1万、1万円台と8290円。07、09年に17万、92万円台の万馬券が飛び出したものの、8回は8万円未満で決着している。

クラス別(着順)は、重賞(9、14、5、3、4、4、6、3、7、9、6着)組11頭、オープン特別(1、4着)組2頭、準オープン(2、1、1、2、1、1着)組6頭、1000万下(1着)組1頭。オープン組が13連対と格上の強さを見せている。なお、重賞組は前走着順に関係なく巻き返し可能だが、条件組は前走1、2着に好走していることが連対への条件となっている。

路線別はオールカマー組が5連対でトップ。次いで、オクトーバーS組4連対、2連対で京都大賞典組などが続いている。

また、年齢別は3〜7歳以上馬が0、12、4、4、0連対。連対率は0、29、8、10、0%。4歳馬が世代をリードしている。ただ、今年は4歳馬が参戦せず、どの世代にもチャンスがありそうだ。

トップハンデ馬の成績は14、(3、9)、(1、4、9)、(1、8)、2、4、(2、3、8)、9、4、(1、5、8)着。1着3回、2着2回の実績ならまずまずといえる。

東西対決は関東馬90頭と関西馬82頭で争い、7対13。連対率は8、16%。関西馬が関東馬を寄せ付けない強さを見せている。


◎……前走の京都大賞典でレコンダイトは0秒4差の5着。後方待機から直線33秒9の末脚で追い込んだが、あと一押しが利かなかった。秋の最大の目標はこのレース。4カ月半ぶりをたたき2戦目で一変する。

○……アルバートは前走オールカマーで0秒5差の7着。道中抜群の手応えだったが、4コーナーで外へ振られた不利が痛かった。15、16年とステイヤーズS(G2)を連覇し、今年2月に58キロを背負ってダイヤモンドS(G3)勝ち。トップハンデでもこのメンバーならV争いになる。

▲……ダービーでスワーヴリチャードはレイデオロの2着。それ以来の実戦となるが、6戦して連を外したのは右回りの皐月賞だけ。共同通信杯を勝ち、東京スポーツ杯2歳S2着と東京での良績は十分。久々でも侮れない。

△1……プレストウィックはオープン入り後、勝ち切れないレースが続いたが、前走の丹頂Sで重賞好走歴のある2着馬との競り合いを制した。昨年このレースは10着に凡走したが、今年は休養明け3戦目でデキはピーク。連勝も視野に入る。

△2……マイネルサージュは2走前の丹頂Sでプレストウィックの0秒2差の4着。休養明けで馬券圏に絡めなかったが、長距離戦に的を絞って使われている。今回は柴田大騎手にスイッチするが、昨年暮れに準オープン勝ちのコンビ復活ならノーマークにはできない。

△3……デニムアンドルビーは7歳牝馬で上がり目は薄いが、オークス3着、ジャパンC2着した実力馬。3歳のローズS以来勝ち星から遠ざかっているが、ここはハンデ戦で54キロ。スタミナ戦で大駆けがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 セダブリランテス    
1 2 マイネルサージュ      
2 3 デニムアンドルビー    
2 4 スワーヴリチャード
3 5 トウシンモンステラ        
3 6 プレストウィック    
4 7 ソールインパクト      
4 8 カレンミロティック      
5 9 シホウ        
5 10 サラトガスピリット        
6 11 アルバート
6 12 トルークマクト        
7 13 ハッピーモーメント        
7 14 レコンダイト  
8 15 ヒットザターゲット        
8 16 カムフィー        

買い目

大多11=4 11=6 11-1 11-14 4=6
綾恵4=11 4=1 4-7 4-8 11=1
山田11=4 11=3 11=14 4=3 4=14 3=14
たま14=11 14=4 14=2 14=3 14=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。