sportsnavi

2017年10月8日(日)

11R

2017年10月8日(日) | 4回東京2日 | 15:45発走

第68回毎日王冠(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はソウルスターリング。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.48.9

樫の女王が始動戦を迎える。無敗で臨んだ桜花賞(G1)は稍重馬場で伸びあぐねたが、前走・オークス(G1)で圧巻のパフォーマンスを披露。好位から並ぶ間もなく2着馬を抜き去り、3歳牝馬の頂点に立った。古馬の一線級が相手とはいえ、斤量53キロは明らかに有利。並み居る強豪を蹴散らし、秋の盾取りに弾みをつけたい。

○対抗はサトノアラジン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.44.7

大舞台では一歩及ばずにいたが、前走・安田記念で待望のG1初戴冠。後方からメンバー最速の切れ味で追い込み、粘る前回王者ロゴタイプをゴール寸前で差し切った。4カ月以上の休み明けにも勝ち鞍があり、鉄砲は利くタイプ。得意の東京コース(3勝)で前走の再現を狙う。

▲単穴はマカヒキ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.47.7

今春は京都記念(G2)3着、大阪杯(G1)4着とダービー馬としては物足りない結果。海外遠征の疲労が尾を引いた印象で、その後は予定を見送りじっくりとリフレッシュされてきた。半年ぶりは割引材料だが、乗り込みは入念。日本ダービー(G1)以来の東京コースで復活のきっかけを掴みたい。

△抑えはアストラエンブレム。△穴はグレーターロンドン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

大駆け期待、アストラエンブレム

過去10年で天皇賞(秋)に馬券対象馬12頭(1着5頭、2着4頭、3着3頭)を送り出している最有力レース。本番(29日)を占う上でも見逃せない前哨戦となっている。

レースは14、16、11、10、11、16、11、15、13、12頭立てで行われ、連対馬は8-5、2-1、4-1、6-8、1-2、1-12、4-6、8-11、1-4、1-3番人気の組み合わせで決まった。頭数が少ない割りに1〜3番人気は6、2、1連対と不振。代わりに、6番人気以下から伏兵馬7頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…1回
3000円台…1回
7000円台…1回
万 馬 券……3回

2007、12、14年に1万4680円、1万2640円、2万7780円の万馬券が飛び出す一方で、3けた決着も4回。堅いか、荒れるかの見極めが必要となっている。

また、3連単配当は15万円台、3万円台、5万円台、31万円台、5660円、32万円台、5万円台、38万円台、2万円台、6万円台。11年こそ4けた配当で収まったものの、10万円超えの万馬券が4回も出る大荒れ。波乱の結果を視野に入れておきたい。ちなみに、3着は1、10、10、9、5、9、5、5、7、11番人気だった。

連対馬20頭のクラス別は、10年前に1着となったチョウサン(準オープン)を除くと、19頭は重賞から参戦。内訳(着順)はG1(8、1、4、1、13、9、1、1、11、3、16着)11頭、G2(2、5、1着)組3頭、G3(1、2、7、1、1着)組5頭。G1組が11連対と格上の貫禄を見せている。

なお、前走成績を見ると、G1組は2けた着順からでも反撃可能だが、G2、G3組は1、2着に好走していることが連対への理想となっている。

ステップ(着順)は安田記念(8、1、1、1着)組が4連対でトップ。3連対で札幌記念(2、5、1着)組とエプソムC(1、1、1着)組が続き、2連対の宝塚記念(4、16着)組、ダービー(13、11着)組、NHKマイルC(9、1着)組、関屋記念(2、7着)組となっている。

連対馬の出走間隔は、中3〜5週組4頭、2カ月組2頭、3〜5カ月組14頭。20頭中16頭は休み明けでの連対。5カ月を超えなければ、あまり気にする必要はないか。

決まり手は、逃げ4頭、先行4頭、差し8頭、追い込み4頭。東京の直線は526Mと長いが、意外にも逃げ、先行馬が健闘している。

年齢別は3〜7歳以上馬が5、7、5、2、1連対。連対率は45、26、13、9、3%。連対数で3〜5歳馬が拮抗しているものの、率では3歳馬が大きくリードしている。


◎……アストラエンブレムはエプソムC(半馬身差)、新潟記念(クビ差)と連続2着。重賞未勝利だが、ここまで13戦して【5.4.1.3.0】(左から1〜5着)とすべて4着以内に入線している。有力馬が休み明けに対して、夏に一度使われているのは大きな強みで、東京1800Mも2、2着と得意。大駆けに期待する。

○……グレーターロンドンは難病の蹄葉炎を克服し、復帰後に4連勝。初の重賞挑戦となった安田記念でも4着と善戦した。8戦6勝で、今回騎乗の田辺騎手とのコンビでは4戦4勝と負け知らず。前走G1で0秒1差ならここでも好勝負に持ち込める。

▲……ここ3戦連続でワンアンドオンリーは2けた着順に敗退。14年のダービー馬はもう終わったとの見方もあるが、横山典騎手が2戦連続で栗東に出向いて調教をつけている。「忘れたころに大穴をあけるG1馬」。もう一度追いかけてみたい。

△1……1番人気が予想されるソウルスターリング。父フランケルと母スタセリタを合わせてG1を16勝。自身もここまで6戦5勝と快進撃を続けている。ただ、この時点の3歳牝馬はまだ成長途上で、古馬とは絶対的な体力差があると見て、連下の評価とした。

△2……昨秋の天皇賞2着馬リアルスティールは7カ月半ぶりの復帰戦。連覇を目指した前走ドバイターフは無念の回避となったが、帰国後は順調に調教をこなしている。芝1800Mも(3.1.1.1)と得意。遠征帰りの影響が出なければ、当然上位争いに加われる。

Yahoo! toto
Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ソウルスターリング
2 2 マカヒキ    
3 3 ダイワキャグニー        
4 4 アストラエンブレム  
5 5 ヒストリカル        
5 6 マッチレスヒーロー        
6 7 グレーターロンドン
6 8 リアルスティール  
7 9 ヤングマンパワー        
7 10 ワンアンドオンリー      
8 11 ウインブライト        
8 12 サトノアラジン    

買い目

大多1=12 1=2 1-4 1-7 12=2
綾恵1=7 1=8 1-2 1-4 7=8
山田1=8 1=7 1=12 8=7 8=12 7=12
たま4=7 4=10 4=1 4=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。