2017年10月7日(土)

11R

2017年10月7日(土) | 4回東京1日 | 15:45発走

第3回サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

予想

◎本命はステルヴィオ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.8

前走・コスモス賞(オープン)を制してデビュー2連勝。重馬場を苦にすることなくノーステッキで差し切り、素質の違いを示した。当舞台では前々走の新馬戦で前日の古馬500万下と0秒2差の勝ち時計をマークしており、マイル適性は証明済み。道悪も問題なく、無傷の3連勝でエリートコースを突き進む。

○対抗はテンクウ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.7

前走・新潟2歳S(G3)はメンバー最速の上がり32秒6を繰り出して3着に好走。0秒1差及ばなかったが、重賞級の末脚をアピールした。父ヨハネスブルグは現2歳世代が好調で、仕上がりの早さが武器。新馬戦を快勝した舞台に戻り、初タイトル獲得を狙う。

▲単穴はダノンプレミアム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新馬戦では好スタートからスッと2番手につけて追走し、勝負どころから早め先頭。直線でゴーサインを受けると後続を一気に4馬身ちぎり、完勝した。渋った馬場を考えれば、走破時計も優秀。長距離輸送さえ克服できれば、重賞でも通用するだけの素質はありそうだ。

△抑えはダブルシャープ。△穴はシュバルツボンバー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

条件ベスト、テンクウ

2014年に2歳馬のさらなるマイル路線の向上を目指すために、このレースの前身であるオープン特別「いちょうS」がG3に昇格した。ここでは過去5回のレースで傾向を見てみたい。

レースは16、12、12、12、9頭立てで行われ、連対馬は2-1、3-5、4-2、4-1、3-2番人気の組み合わせで決まった(12、13年は芝1800M戦)。

1〜5番人気が2、3、2、2、11連対。連対馬10頭はすべて5番人気以内から出ている。

馬連配当は450円、2090円、2100円、930円、1090円。フルゲート18頭に対して出走頭数平均が12.2頭とやや少ないこともあり、3000円未満に収まっている。

しかし、3連単配当を見ると、4万4490円、1万8280円、2万2600円、7220円、5040円。4けた配当もあるが、万馬券決着も3回。こちらはやや波乱含みで、何よりも今年はフルゲート18頭立て。穴党には楽しみな一戦となった。ちなみに、3着は12、2、3、2、1番人気だった。

連対馬10頭の距離別は、1500M1頭、1600M6頭、1800M3頭。1600〜1800Mから臨戦した馬が好走している。

クラス別は重賞組2頭、オープン特別組1頭、新馬組4頭、未勝利組3頭。新馬、未勝利から直行した馬が7割を占め、オープン組が格上という数字は出ていない。

なお、ステップは新潟2歳S組から2頭が連対。サンプル数は少ないが、今年この組から3頭が駒を進めてきた。

牡馬55頭と牝馬6頭で争った性別は、10対0。牝馬は出走頭数も少ないが、ここまで苦戦している。

また、東西対決は関東馬が6連対(連対率12%)、関西馬は4連対(同33%)。関東馬が連対数でリードしているが、率では関西馬が上回っている。


◎……前走の新潟2歳Sでテンクウは3着。4コーナー2、1番手の上位2頭に展開は味方したが、レース最速の32秒6の上がりで0秒1差まで迫った。東京のマイルでデビュー戦を勝ち上がっており、左回り、距離ともベスト。重賞初制覇へ態勢は整っている。

○……ステルヴィオは新馬、コスモス賞と2連勝。前走は道悪に脚を取られるシーンも見られたが、単勝1.3倍の圧倒的な人気に応えた。デビュー戦の勝ち時計は文句なしにAランク。開幕週は絶好の馬場状態。少々の道悪なら克服できる。

▲……割って入れば北海道所属のダブルシャープか。初の中央の芝クローバー賞を快勝し、札幌2歳Sでもクビ+アタマ差の3着まで詰め寄った。切れる脚はなさそうだが、長くいい脚を使えるタイプ。ライバルが渋った馬場に泣くようだとチャンスは十分にある。

△1……ダノンプレミアムはデビュー戦を4馬身差で圧勝。道中、後続からプレッシャーをかけられる厳しい展開の中での勝利だけに価値がある。初戦がやや重馬場での勝利。高速馬場では苦しいが、時計がかかれば上位争いに浮上する。

△2……コスモインザハートはデビュー戦を優秀なタイムで快勝。前走・札幌2歳Sで5着と敗れたが、力のいる洋芝が合わなかったか。天気予報は気になるが、スピード決着になれば軽視できない存在だ。

△3……前走のルッジェーロはゲートで横を向いているときにスタートを切られて出遅れ。それでも33秒4の末脚で0秒1差まで追い上げてきた。相手は強くなるが、折り合いに不安のないタイプ。発馬が互角なら巻き返しても不思議はない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エングローサー      
1 2 ダノンプレミアム    
2 3 シュバルツボンバー    
2 4 ボウルズ        
3 5 ハクサンフエロ      
3 6 ダブルシャープ    
4 7 スターリバー        
4 8 メルムサール        
5 9 コスモインザハート    
5 10 バイオレントブロー        
6 11 マイネルサイルーン        
6 12 メイショウドウドウ        
7 13 カーボナード        
7 14 テンクウ
7 15 ソイルトゥザソウル        
8 16 ステルヴィオ
8 17 スワーヴエドワード      
8 18 ルッジェーロ      

買い目

大多16=14 16=2 16-3 16-6 14=2
綾恵16=17 16=9 16-5 16-14 17=9
山田16=14 16=3 16=1 14=3 14=1 3=1
たま14=16 14=6 14=2 14=9 14=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。