IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年6月4日(日)

11R

2017年6月4日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第67回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円 |

予想

◎本命はイスラボニータ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.2

2014年の皐月賞馬。同年のセントライト記念(G2)以来、勝ち星から遠ざかっていたが、前走のマイラーズC(G2)で2年7カ月ぶりの勝利。上がり3ハロン自己最速の32秒9で差し切り、見事な復活を遂げた。これまでマイルG1では3、5、2着と善戦止まりだが、G1レース3連勝中と好調なルメールの手綱で、新マイル王の称号をつかみ取る。

○対抗はグレーターロンドン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.6

ここまで(6.1.0.0)のマイル界のホープ。卓越した決め手を誇り、前走・東風S(オープン)ではラスト2ハロン11秒1-11秒2という究極の上がり勝負を楽々と差し切った。目下5連勝中と破竹の勢いで、まだマイル戦では無敗。得意の東京(4戦4勝)で一気のG1奪取を狙う。

▲単穴はエアスピネル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.3

前走・マイラーズC(G2)は不得手な瞬発力勝負でイスラボニータの2着に敗れたが、差はわずか半馬身。芝1600Mでは(3.2.1.0)の好成績で、京都では重賞2勝の実績を挙げている。持ち前の持続力を問われる展開になれば、G1タイトルにも手が届く。

△抑えはステファノス。△穴はアンビシャス。


今週のワンポイントアドバイス

G1奪取、ステファノス

5週連続の東京G1シリーズの掉尾を飾るマイル王決定戦。昨年は12頭の少数頭で戦われたが、今年は香港から2頭が参戦し、フルゲート18頭で行われる。

過去10年、連対馬は2-3、2-5、1-2、8-6、9-5、2-13、1-3、1-16、1-3、8-1番人気で決まった。1〜3番人気の5、4、3連対はまずまずの成績で、ここ5年に限ると、1、2番人気のどちらかが連対している。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…2回
8000円台…1回
万 馬 券……3回

8000円以上の高配当4回に対して、3けた〜3000円台の人気サイド決着も6回。荒れるか、堅いかの両極端の結果が出ている。

一方、3連単配当は6万、14万、1万、34万、33万、46万、6万、37万、12万、15万円台。2けた人気馬の健闘が顕著で、10回中7回で10万超の万馬券が飛び出す波乱のレースとなっている。ちなみに、3着は9、9、10、5、3、15、12、10、12、6番人気だった。

ステップ(着順)は4連対の京王杯スプリングC組がトップ。2連対で、ヴィクトリアマイル組、大阪杯組、チャンピオンズマイル(香港)組、マイラーズC組、ダービー卿チャレンジT組などが続いている。

前走成績は、1着馬が【5、2、2、1、0、0】(上から1、2、3、4、5着、着外)で、2着馬は【3、4、0、0、0、3】。1着馬は4着以内に限られるが、2着馬は着外からの巻き返しも可能となっている。着外馬3頭の成績は9、7、9着だった。

年齢別は3〜8歳以上馬が1、4、7、6、2、0連対。連対率は33、12、13、13、9、0%。8歳以上の高齢馬は苦戦している。

所属別は、関東馬8連対、関西馬11連対、外国馬1連対。連対率はそれぞれ15、11、5%。連対数で関西馬、率で関東馬がリードしている。なお、海外からの参戦はすべて香港馬で、2着1回の成績。過去データからは狙いを下げざるを得ない。


◎……ステファノスは4月にG1に昇格した大阪杯で0秒1差の2着。勝ったキタサンブラックをマークしながら、しぶとい伸び脚を発揮した。重賞Vは当舞台でのG3レース1回だけだが、国内外で強敵相手にG1で2着3回と好走。距離に対応できることは実証済み。G1奪取のチャンスと見た。

○……年明けからマイル路線に転向したエアスピネルは京都金杯を快勝。その後も東京新聞杯で0秒1差3着、前走マイラーズCで半馬身差2着と好走している。思えば昨年の3冠レースで、4、4、3着の実力。マイルで一変があっても驚けない。

▲……イスラボニータは勝ち切れない善戦マンのイメージが定着していたが、前走のマイラーズCを鮮やかに差し切った。14年の皐月賞馬だが、マイルG1で3、5、2着。最近は1600Mですっかり安定している。前哨戦で勢いを取り戻したとなれば今回も大崩れは考えられない。

△1……前走マイラーズCでブラックスピネルは4着に敗れたとはいえ、上がり3ハロンはメンバー最速の32秒8。直線での内外のコース取りが0秒2差となったが、2走前の東京新聞杯勝ちはダテではなかったことをアピールした。展開に注文のつかない自在性が最大の武器。ここでも十分に上位争いになる。

△2……レッドファルクスは昨年のスプリンターズSを勝ち、今年の高松宮記念でも3着に入線した快速馬。前走は道悪と58キロを克服して、レース最速の上がり33秒7で快勝した。1600M戦はデビュー2戦目で9着と敗れているが、充実した今なら距離延長にも対応できそう。

△3……デビュー当初からロジチャリスは素質の高さを評価され、大事に使われながら古馬になって素質開花。前走のダービー卿チャレンジTでは2番手追走から粘り強い走りで念願の重賞初勝利を挙げた。やや重馬場で上がりがかかったが、33秒台の上がりなら十分に対応できる決め手を秘めている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 トーキングドラム        
1 2 ディサイファ        
2 3 サンライズメジャー        
2 4 アンビシャス    
3 5 コンテントメント        
3 6 レッドファルクス      
4 7 グレーターロンドン    
4 8 エアスピネル  
5 9 ロンギングダンサー        
5 10 クラレント        
6 11 ブラックスピネル    
6 12 ビューティーオンリー      
7 13 ロジチャリス      
7 14 サトノアラジン        
7 15 イスラボニータ
8 16 ロゴタイプ        
8 17 ヤングマンパワー        
8 18 ステファノス

買い目

大多15=7 15=8 15-4 15-18 7=8
綾恵18=15 18=11 18-7 18-12 15=11
山田15=4 15=8 15=18 4=8 4=18 8=18
たま18=8 18=15 18=6 18=11 18=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。