2017年5月28日(日)

10R

2017年5月28日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第84回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

予想

◎本命はアルアイン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞(G1)をレースレコードで制して1冠目獲得。9番人気の伏兵だったが、好位からの正攻法で力強く抜け出し、文句なしの戴冠を果たした。これでデビューから5戦4勝。直線で不利を受けたシンザン記念(G3)以外は負けておらず、まだ底を見せていない。操縦性に優れ、折り合いに不安もないことから、距離延長も問題なし。2冠達成で世代最強を証明する。

○対抗はレイデオロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから3連勝でホープフルS(G2)を制した素質馬。休み明けの前走・皐月賞(G1)で初めて土がついたが、4角14番手から5着まで猛追し、非凡な末脚を改めて印象づけた。大跳びのストライドから直線の長い東京なら、身上の決め手を存分に発揮できるはず。叩き2戦目の上積みも見込めるだけに、まとめて差し切っても驚けない。

▲単穴はアドミラブル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.23.6

ノドの手術から復帰して一気の3連勝。トライアルの青葉賞(G2)では大外から一気にまくって豪快に差し切り勝ち。レースレコードをマークして新星誕生を印象づけた。この中間は前走の反動もなく、順調にメニューを消化。青葉賞組から勝ち馬は出ていないが、持ち時計だけ走れば、自ずと結果はついてくる。

△抑えはサトノアーサー。△穴はスワーヴリチャード。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

東京で反撃、スワーヴリチャード

2014年に誕生したサラブレッドは7015頭。その頂上決戦「日本ダービー」が28日に行われる。

今年は牝馬のレベルが高いといわれていたが、皐月賞、青葉賞がともにレースレコードで決着。近年まれに見る高水準の大混戦となった。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は3-14、1-12、2-5、7-5、1-10、3-5、1-3、3-1、1-5、3-2番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気の5、2、5連対はパッとしない成績で、7〜14番人気から4頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…1回
3000円台…2回
5000円台…1回
万 馬 券……3回

万馬券が3回出ているが、ここ5年は伏兵馬の台頭がなく、12年の5680円が最高配当で、4回は2000円未満に収まっている。

一方、3着に4、6、8、1、8、7、8、12、3、1番人気が入線した3連単配当は、215万、20万、20万、15万、10万、8万、5万、10万、1万円台、4600円。こちらは07年に215万馬券が飛び出し、10万超の高配当も5回出るなど大荒れとなっている。

ステップ(着順)は13連対の皐月賞(9、14、13、3、4、1、3、2、4、1、1、2、3着)組が他路線を圧倒。2連対でNHKマイルC(11、1着)組、青葉賞(1、1着)組、京都新聞杯(1、1着)組が続き、桜花賞(2着)組1連対。

G1組は前走成績に関係なく巻き返しが可能となっているが、ほかの組なら1着が理想となっている。

勝利数別は2〜5勝馬が3、13、3、1連対。1勝馬が連対したことはなく、掲示板を確保した馬も1頭もいない。絶好の1番枠を引いたダンビュライトには気になるデータとなっている。

キャリア別は3〜11戦以上馬が0、2、6、7、1、2、1、1、0連対。キャリア3戦以下の馬や逆に11戦以上の馬は苦戦中で、5、6戦馬が好成績を残している。

関東馬は57頭出走して5連対、関西馬が121頭で15連対。連対率は9、12%。連対数、率とも関西馬が関東馬を上回っている。

フルゲート18頭立てで行われた枠別成績(10年は18番、14年は7番が取り消し)は、
1枠(5.2.1.12)
2枠(2.0.3.15)
3枠(1.0.0.19)
4枠(0.3.2.14)
5枠(1.1.1.17)
6枠(0.2.1.17)
7枠(1.1.2.26)
8枠(0.1.0.28)
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠が13連対で、外の5〜8枠は7連対。内枠が外枠をリードし、勝利数でも8対2と内枠が優勢となっている。


◎……2番人気に支持された皐月賞でスワーヴリチャードは0秒4差の6着。2カ月ぶりで馬体も重かったが、右回りでスムーズさを欠いたのが最大の敗因だろう。東京は共同通信杯を圧勝した舞台。左回りなら末脚がさく裂する。

○……アルアインは皐月賞で馬群を割って1冠を奪取。勝ち方が地味で9番人気だったが、終わってみればレースレコードの快勝だった。激走の反動が心配だが、相手なりに走るしぶとさがあり、勝負根性も抜群。2冠制覇も十分ある。

▲……前走の皐月賞でレイデオロは0秒4差の5着。3カ月半ぶりの実戦、先行勢が前に残る展開を思えば悲観する内容ではなかった。新馬からホープフルSまで3連勝した力量馬。たたき一変があっても驚けない。

△1……ダイワキャグニーは前走プリンシパルSで後続を2馬身半突き放す快勝。直線で後ろを2度も振り向きながらレースレコードだった。プリンシパルS組はダービーとは縁が薄くここ10年で3着が最高だが、ジンクスを破って勝利できるスピードを備えている。

△2……アドミラブルはデビュー戦こそ9着に敗れたが、未勝利から3連勝。前走の青葉賞では2着を2馬身半ちぎる楽勝だった。過去10年で2着1回の大外18番枠、さらに中3週で2度の東上という強行ローテーションで△評価としたが、潜在能力は互角だ。

△3……サトノアーサーは毎日杯でアルアインの半馬身差の2着。差し切れなかったが、直線大外を回ったコースロスを加味すれば勝ちに等しい内容だった。皐月賞をパスしてここ一本に絞って調整。大駆けがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダンビュライト      
1 2 アメリカズカップ        
2 3 マイスタイル        
2 4 スワーヴリチャード    
3 5 クリンチャー        
3 6 サトノアーサー  
4 7 アルアイン
4 8 トラスト        
5 9 マイネルスフェーン        
5 10 ベストアプローチ        
6 11 ペルシアンナイト      
6 12 レイデオロ
7 13 カデナ      
7 14 ジョーストリクトリ        
7 15 ダイワキャグニー      
8 16 キョウヘイ        
8 17 ウインブライト        
8 18 アドミラブル  

買い目

大多7=12 7=18 7-4 7-6 12=18
綾恵12=18 12=7 12-6 12-13 18=7
山田12=11 12=7 12=1 11=7 11=1 7=1
たま4=7 4=12 4=6 4=15 4=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。