sportsnavi

2017年5月21日(日)

11R

2017年5月21日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第78回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

予想

◎本命はソウルスターリング。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・桜花賞(G1)は稍重馬場で伸びを欠き3着。単勝1.4倍の断然人気でまさかの初黒星となったが、勝ち馬のレーヌミノルから0秒1差なら悲観する内容ではない。デビューから破竹の4連勝を飾った逸材で、阪神JF(G1)とチューリップ賞(G3)ではリスグラシューらを完封。紛れもなく世代トップクラスの実力馬だ。母が2400Mのヴェルメイユ賞(仏GI)を勝っており、距離延長をこなせる下地もある。良馬場なら復権の期待十分だ。

○対抗はアドマイヤミヤビ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

本馬も前走・桜花賞(G1)は緩い馬場が応えて12着敗退。初めて連対を外したが、クイーンC(G3)までの3連勝でアエロリット(NHKマイルC覇者)やカデナ(重賞2勝)を破っているように、素質の高さに疑いの余地はない。長距離志向の強いハーツクライ産駒で、当初から「オークスでこそ」と周囲の期待も高かった。距離延長と良馬場を味方に一変のシーンがあっても驚けない。

▲単穴はリスグラシュー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

堅実な末脚を武器にデビューから(2.3.1.0)と複勝圏率100%。阪神JF(G1)や桜花賞(G1)でも猛然と2着に追い上げ、第一線で結果を出している。小柄な牝馬だが、昨秋に東京のアルテミスS(G3)を快勝したように長距離輸送は克服済み。引き続き警戒が必要だ。

△抑えはレーヌミノル。△穴はフローレスマジック。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

東京で反撃、ソウルスターリング

5週連続東京のG1レース第3戦は樫の女王決定戦。桜花賞を鮮やかに差し切ったレーヌミノルが2冠を達成するか。道悪に泣いた桜花賞敗戦組が巻き返すか、それとも新興勢力の台頭があるのか。過去10年のレースで傾向を見てみたい。

連対馬は5-1、4-13、1-2、1-5、7-8、3-2、9-5、2-1、3-1、1-2番人気の組み合わせで決まった(2010年は1着同着)。1〜3番人気は6、4、2連対。可もなく不可もない成績だが、7番人気以下からも4頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…3回
万 馬 券……3回

上位人気が連からそろって外れた08、11、13年に、2万4080円、4万2750円、1万3880円の万馬券が飛び出しているが、2000円未満の堅い配当も7回。荒れるか堅いかの両極端の傾向を示している。

また、3着に8、5、4、8、2、9、1、3、6、5番人気が入線した3連単配当は5万円台、44万円台、2430円、(2万円台・2万円台)、54万円台、3万円台、15万円台、1万円台、2万円台、5790円。こちらも馬連が万馬券となった年に44万、54万、15万円台の高配当が出ている。

連対馬20頭のクラス別はG1組13頭、G2組5頭、オープン特別組2頭。重賞からの参戦馬が90%を占め、3着も9頭が該当。オープン特別組は苦戦している。

路線別(着順)は桜花賞(4、8、2、1、2、1、1、2、10、3、1、9、2着)組が13連対と他路線を圧倒。これに5連対のフローラS(1、1、3、2、1着)組が続き、忘れな草賞(1、1着)組2連対の順。上記3路線以外からの連対はなく、20頭中16頭はそこで3着以内に好走している。

勝利数別は1〜4勝馬が2、5、10、3連対。1勝馬も2連対と健闘しているが、ともに2着止まり。1着候補としては期待薄となっている。

キャリアは2〜10戦以上馬が0、1、7、5、3、2、1、1、0連対。連対率は0、10、23、20、9、5、8、8、0%。幅広いキャリアから連対馬が出ているが、4〜6戦馬が理想となってぃる。

東西対決は関東馬が88頭出走して8連対(連対率9%)、関西馬は90頭で12連対(同13%)。関西馬が関東馬をリードしている。

フルゲート18頭立てで行われた枠別(09年は16番除外、15年は3番取り消し)の成績を見ると、
1枠(1.0.1.18)
2枠(3.1.1.14)
3枠(0.1.2.17)
4枠(1.1.0.18)
5枠(2.2.1.15)
6枠(0.0.2.18)
7枠(2.3.2.23)
8枠(2.1.1.25)
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠と外の5〜8枠に大別すると、連対数は8対12で、勝利数が5対6。外枠が有利という数字が出ている。


◎……無傷の4連勝で臨んだ桜花賞でソウルスターリングは0秒1差の3着。大トビの走法にやや重馬場は合わなかったか。阪神ジュベナイルF、チューリップ賞の勝ちっぷりから現3歳牝馬ナンバーワンの素質は疑いようがない。皐月賞2着馬を一蹴した東京で本領を発揮する。

○……アドマイヤミヤビは桜花賞で12着と大敗。柔らかい馬場を嫌ってか、スタートから前に出て行こうとしなかった。3走前に後の弥生賞馬カデナ、2走前にもNHKマイルC馬を好タイムで降している。良馬場の東京では2戦2勝。前走を度外視して狙える。

▲……モズカッチャンは3連勝で前走フローラSを制覇。発馬を決めて中団で構え、スローペース(先行した3頭が2〜4着に残る)の展開の中、レース最速の上がり33秒9で差し切った。まだ成長途上で、秘めたポテンシャルは相当なもの。4連勝も十分にある。

△1……8番人気の低評価だった桜花賞でレーヌミノルは距離不安をささやかれていたが、G1初制覇。直線抜け出すと後続の追撃を許さなかった。デビュー2連勝で小倉2歳Sを制したようにスピードは抜群。東京への長距離輸送も経験済みだ。

△2……リスグラシューはここまで(2.3.1.0)の成績。6戦すべて馬券対象となる安定感がある。血統から距離延長は好材料。派手なパフォーマンスは期待できないが、大崩れも考えられない。

△3……前走のフローラSでフローレスマジックはクビ+アタマ差の3着。好スタートから3番手に付け、直線も余裕の手応えに見えたが、そこから伸び切れなかった。1勝馬で勝ち切るのは厳しいが、2、3着なら十分に狙える。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 モズカッチャン      
1 2 ソウルスターリング
2 3 フローレスマジック    
2 4 ミスパンテール      
3 5 モーヴサファイア        
3 6 ハローユニコーン      
4 7 ディアドラ        
4 8 ホウオウパフューム      
5 9 ディーパワンサ        
5 10 ブラックスビーチ        
6 11 レッドコルディス        
6 12 ブラックオニキス        
7 13 レーヌミノル  
7 14 リスグラシュー  
7 15 ヤマカツグレース        
8 16 アドマイヤミヤビ
8 17 カリビアンゴールド        
8 18 マナローラ        

買い目

大多2=16 2=14 2-3 2-13 16=14
綾恵16=2 16=14 16-6 16-8 2=14
山田2=16 2=4 2=13 16=4 16=13 4=13
たま2=16 2=1 2=3 2=13 2=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。