IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年5月14日(日)

11R

2017年5月14日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第12回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9300、3700、2300、1400、930万円 |

予想

◎本命はミッキークイーン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.9

今年初戦の阪神牝馬S(G2)を制し、約1年6か月ぶりの勝利。一昨年に牝馬2冠(オークス&秋華賞)を制した実績馬がようやく復活を果たした。勝利からは遠ざかっていたとはいえ、ここまで13戦で10連対。このメンバーでは実績はダントツで、昨年の当レースでもレースレコード決着の2着と力を見せた。休み明けをひと叩きされたことで、状態は順当に良化ムード。3つ目のG1タイトルを勝ち取り、現役牝馬最強を証明する。

○対抗はスマートレイアー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.1

近2戦は香港ヴァーズ(G1)5着、京都記念(G2)2着と一線級の牡馬相手に健闘。7歳の高齢だが、能力は健在だ。逃げ・差し自在のレース巧者で、展開不問。昨春の阪神牝馬S(G2)では鮮やかな逃走Vでミッキークイーンを破っている。当レースは4着が最高だが、円熟したベテランの底力は侮れない。

▲単穴はレッツゴードンキ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.9

昨夏以降7戦中6戦で3着以内と好調。控える競馬を覚えて自在性を増し、前々走・京都牝馬S(G3)では豪快な差し切り勝ちを収めた。今回は前走・高松宮記念(G1)からの2ハロン延長がポイントになるが、一昨年の桜花賞(G1)を制しているようにマイル実績は十分。直線の長い東京で決め手を最大限に生かしたい。

△抑えはルージュバック。△穴はアドマイヤリード。


今週のワンポイントアドバイス

悲願のG1奪取、ルージュバック

春に行われる古馬牝馬による唯一のG1レース。今年12回目を迎える。

豪華メンバーが顔をそろえるが、今年も2冠馬(オークス、秋華賞)ミッキークイーン、昨年のエリザベス女王杯馬クイーンズリング、15年の桜花賞馬レッツゴードンキなどG1馬を含める17頭が激戦を繰り広げる。

過去10年、連対馬は12-9、5-1、1-11、1-8、2-1、4-7、1-12、11-3、5-12、7-1番人気の組み合わせで決着した。

上位1〜3番人気は6、1、1連対。1番人気は3勝2着3回と可もなく不可もない成績だが、2、3番人気は絶不調で、7番人気以下から9頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…1回
2000円台…1回
3000円台…1回
5000円台…2回
8000円台…2回
万 馬 券……2回

12、9番人気で決まった07年に3万740円と荒れ、15年にも5、12番人気の決着で3万6880円の高配当となった。

また、3連単配当は228万円台、2万円台、8万円台、8万円台、3620円、7万円台、19万円台、40万円台、2070万円台、4万円台。一昨年にJRA史上3位の高額配当2070万馬券が飛び出し、07年にも228万馬券となる大荒れ。人気薄馬の台頭に警戒を払いたい。ちなみに、3着は8、4、7、11、3、3、5、6、18、2人気だった。

連対馬の出走間隔は中2週組1頭、中3週組1頭、1カ月組7頭、1カ月半組8頭、2カ月組2頭、4カ月組1頭。20頭中19頭は3、4月に1回はレースに参戦していた。2月の京都記念から直行のスマートレイアーにはうれしくないデータとなっている。

ステップは7連対の阪神牝馬S組がトップ。2連対でドバイデューティフリー組、大阪杯組、中山牝馬S組と続いている。

また、このレースはリピーターが多いことで知られている。ウオッカ(08、09年=2、1着)、ブエナビスタ(10、11年=1、2着)、ホエールキャプチャ(12、13年=1、2着)、ヴィルシーナ(13、14年=1、1着)、ストレイトガール(15、16年=1、1着)がそれぞれ2年連続で連対。今年は昨年2着のミッキークイーンが該当する。

年齢別は4〜8歳以上馬が13、4、2、1、0連対。連対率は15、8、7、14、0%。4歳馬が強いが、今年はこの世代のG1馬の出走がなく、メンバーは小粒となっている。

関東馬68頭と関西馬111頭で争い、6対14。連対率はそれぞれ9、13%。関西馬が関東馬を圧倒している。


◎……前走の金鯱賞でルージュバックは0秒4差の8着。直線で前が壁になり、不完全燃焼の競馬になった。昨年、牡馬一線級を相手にエプソムC、毎日王冠を連勝した実力馬。東京コースは歓迎で、スムースな競馬で悲願のG1を奪取する。

○……ミッキークイーンは前哨戦の阪神牝馬Sを快勝。G1レース2勝馬で、昨年このレース2着からも人気が集中しても当然か。ただ、本質的には中距離馬で、前走もトップギアに入るまで時間がかかった。差して届かずというシーンも十分にある。

▲……初のオープン挑戦の阪神牝馬Sでジュールポレールは0秒3差の3着。直線抜け出すかの脚色を見せて、重賞でも十分戦えることをアピールした。昨秋からメキメキと力をつけてきた上がり馬。マイルも(3.1.1.1)と得意で、良馬場なら末脚がさく裂する。

△1……レッツゴードンキは2走前の京都牝馬Sを勝ち、前走の高松宮記念で2着。長い不振のトンネルからようやく抜け出せたようだ。このレースは過去11回中、桜花賞出走馬が8勝、2着6回と大活躍。G1馬復活となれば軽くは扱えない。

△2……2連勝で挑んだ前走の阪神牝馬Sでアドマイヤリードは0秒3差の2着。後方でじっくりと脚をタメ、勝ち馬と同タイムの上がりで追い上げた。力のいる馬場での力走で目に見えない疲労が心配だが、能力は確か。引き続き警戒が必要だ。

△3……クイーンズリングは前走・阪神牝馬Sで15着に敗退。負け過ぎの感もあるが、4カ月の休み明け、落鉄と同情の余地もある。昨秋、府中牝馬→エリザベス女王杯と連勝した実績馬。一度使って馬体が絞れれば当然上位争いに浮上する。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アットザシーサイド        
1 2 スマートレイアー    
2 3 ジュールポレール    
2 4 ソルヴェイグ        
3 5 アドマイヤリード  
3 6 アスカビレン        
4 7 ルージュバック
4 8 クイーンズリング      
5 9 オートクレール        
5 10 デンコウアンジュ        
6 11 ミッキークイーン
6 12 ウキヨノカゼ      
7 13 ヒルノマテーラ        
7 14 レッツゴードンキ  
8 15 フロンテアクイーン        
8 16 クリノラホール        
8 17 リーサルウェポン        

買い目

大多11=2 11=14 11-5 11-7 2=14
綾恵11=3 11=2 11-7 11-14 3=2
山田11=5 11=7 11=12 5=7 5=12 7=12
たま7=11 7=3 7=5 7=8 7=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。