2017年4月23日(日)

11R

2017年4月23日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はホウオウパフューム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.5

前走・寒竹賞(500万下)を牡馬相手に完勝。4コーナー最後方から豪快な直線一気を決め、非凡な決め手をアピールした。東京コースで初勝利を挙げており、2000Mは2戦2勝。今回は3カ月半の休み明けだが、早くからオークス(G1)路線を見据えて調整されてきた。本番に向けて良いステップになりそうだ。

○対抗はフローレスマジック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・クイーンC(G3)は終い伸び切れず3着。休み明けで高速決着に対応しきれなかったが、本馬も水準以上の時計をマークしており、悲観する結果ではなかった。前々走のアルテミスS(G3)でリスグラシューに半馬身差2着の実績からも、素質は十分。全姉にエリザベス女王杯勝ち馬のラキシスがおり、距離延長で前進しても不思議はない。

▲単穴はアドマイヤローザ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.02.2

デビューから3戦1勝、2着1回。未勝利戦を鮮やかに差し切ると、前走・エルフィンS(オープン)では好位からの競馬で2着に入り、脚質の自在性を見せた。折り合いの不安がなく、2000Mも克服済み。輸送をクリアできれば、重賞でも出番がありそうだ。

△抑えはディーパワンサ。△穴はタガノアスワド。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

スピード互角、レッドミラベル

上位3頭にオークス(5月21日)への優先出走権が与えられるトライアル。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は1-4、1-6、2-3、1-4、9-15、1-2、1-2、4-6、2-1、3-2番人気で決着。上位1〜4番人気は6、5、2、3連対と期待に応えているが、6番人気以下からも4頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…4回
2000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……1回

9、15番人気のワンツーで2011年に10万3540円の大荒れとなったが、7回は2000円未満に収まっている。

一方、3連単配当は5470円、7万円台、1万円台、6830円、113万円台、16万円台、2万円台、108万円台、1万円台、22万円台。こちらはここ6年で100万馬券が2回、10万超の万馬券も2回出る波乱となっている。ちなみに、3着は3、8、4、2、3、18、9、13、3、13番人気だった。

クラス別は重賞組7連対、オープン特別組1連対、500万下組10連対、未勝利組2連対。条件以下組が12連対とオープン組を上回る成績を残している。

ステップは6連対のフラワーC組がトップ。3連対で君子蘭賞組とミモザ賞組が並んでいる。上記3組が理想のローテーションで、3着以内ならノーマークにできない。

また、枠別成績は(1、2、3着、着外=10年は3枠6番取り消し)
1枠(2.1.1.16)
2枠(0.2.0.18)
3枠(2.3.4.10)
4枠(2.0.0.18)
5枠(0.2.1.17)
6枠(1.2.0.17)
7枠(0.0.3.23)
8枠(3.0.1.25)

内の1〜4枠が12連対し、外5〜8枠が8連対。内枠が勝利数、連対数で一歩リードしているものの、3着はそれぞれ5頭ずつ入線。枠順は気にしなくてもよさそうだ。


◎……レッドミラベルは前走2着を3馬身半差ちぎって楽勝。未勝利戦とはいえ、勝ちタイムは同日の古馬1000万下を上回っていた。たたき2戦目の上積みは確実。重賞初挑戦でも首位争いできるスピードを備えている。

○……ここまでアドマイヤローザは3戦して2、1、2着。デビュー2戦は後方から追い込み、前走は好位からしぶとく脚を伸ばして連を確保した。祖母にアドマイヤグルーヴがいる良血で、距離が2000Mに戻るのは買い材料だ。

▲……フローレスマジックは2走前のアルテミスSで半馬身差2着、前走クイーンCでも2馬身半差の3着。重賞Vはかなわなかったが、あと一歩でタイトル奪取できる位置にいる。姉ラキシスはエリザベス女王杯を制した実績馬。2カ月半ぶりの実戦でも警戒が必要だ。

△1……前走の寒竹賞をホウオウパフュームは2馬身差の楽勝。勝ちタイムの2分1秒5は翌週の京成杯より1秒も速かった。3カ月半ぶりで狙いを下げたが、仕上がっていれば首位争いできるスピードを秘めている。

△2……ビルズトレジャーは牝馬ながら牡馬クラシック戦線のホープフルS、共同通信杯で連続7着。2走前は出遅れ、前走はスローペースで不完全燃焼と敗因もはっきりとしている。名牝メジロドーベルの孫で、ここ数年穴を開けている抽選突破組。反撃があっても驚けない。

△3……穴を開ければヤマカツグレースか。芝1500Mでデビュー戦を勝ち上がったが、半兄が2000Mの重賞4勝馬。前走初距離の君子蘭賞2着は決してフロックではない。さらに距離が1ハロン延びれば大駆けも十分に期待できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 モズカッチャン      
1 2 ザクイーン      
2 3 キャナルストリート        
2 4 レッドミラベル      
3 5 ホウオウパフューム
3 6 タガノアスワド      
4 7 ヤマカツグレース      
4 8 ドリームマジック        
5 9 アドマイヤローザ    
5 10 メイショウササユリ        
6 11 ビルズトレジャー    
6 12 ディーパワンサ    
7 13 アロンザモナ        
7 14 フローレスマジック
7 15 ニシノアモーレ        
8 16 レッドコルディス      
8 17 ラユロット        
8 18 ピスカデーラ        

買い目

大多5=14 5=9 5-6 5-12 14=9
綾恵5=14 5=1 5-2 5-16 14=1
山田14=5 14=12 14=11 5=12 5=11 12=11
たま4=9 4=14 4=5 4=7 4=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。