2017年1月28日(土)

11R

2017年1月28日(土) | 1回東京1日 | 15:45発走

白富士ステークス

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:2400、960、600、360、240万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はマイネルラフレシア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.59.4

ここまでの良績は全て左回り(3.1.1.1)に集中。東京(2勝)との相性も良く、前々走・キャピタルSでは最後方から4着まで追い込んでいる。前走は13着に敗れたが、今回は得意舞台に替わって鞍上も主戦の柴田大に戻る。大幅な巻き返しが期待できそうだ。

○対抗はケツァルテナンゴ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.4

こちらも左回りは(2.1.0.2)と好相性。東京芝2000Mでは昨年の当レース制覇を含め2戦2連対と舞台実績も十分だ。前走・チャレンジC(G3)は16着に敗れたが、9カ月ぶりで同情の余地あり。相手関係も楽になっており、叩き2戦目で一変の可能性も。

▲単穴はプロフェット。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.59.8

△抑えはスーパームーン。△穴はサクラアンプルール。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

連覇達成、ケツァルテナンゴ

第1回東京競馬が今週からスタートする。

昨年の同開催の騎手成績を見ると、戸崎圭騎手が14勝で1位、ルメール騎手が12勝で2位。この開催でまとめ勝ちした2人が年末までデッドヒートを繰り広げた。

リーディングジョッキー(27日現在)は、13勝で田辺騎手がトップ。次いで内田博騎手が9勝で追っている。昨年、1、2位だった戸崎圭騎手(4勝)とルメール騎手(5勝)は開幕ダッシュがつかずに出遅れているが、相性のいい東京コースで反撃のきっかけをつかむことができるかどうか。なお、28日(土)は、戸崎圭騎手が2Rサクラエテルノ、ルメール騎手は3Rサンチェサピークから騎乗。リーディング争いにも注目したい。

芝2000Mで行われた過去5回は、14、9、14、14、12頭立て。連対馬は3-1、3-1、2-6、2-3、2-1番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は3、3、3連対と好走し、残る1頭も6番人気。伏兵馬の出番は少ない。

馬連配当は720円、390円、1660円、1320円、640円。3けた配当3回と1000円台2回。上位人気馬が人気に応えて堅く収まっている。

一方、3連単配当は2万1350円、1700円、1万4020円、6390円、4350円。こちらも2012年の2万円馬券が最高配当で、3連単配当としては平凡な配当に収まっている。ちなみに、3着には8、2、3、1、3番人気がゴールしている。

連対馬は10頭すべてが芝からの参戦で、距離別は1600M1頭、1800M2頭、2000M5頭、2400M1頭、3600M1頭。1600〜3600Mまで広く連対しているが、当レースと同距離の2000Mからの参戦馬が半数を占めている。

クラス別(着順)は重賞(9、16、11、3着)組4頭、オープン特別(1、1、3、5着)組4頭、準オープン(1、1、1着)組2頭。重賞組やオープン特別組は前走成績に関係なく巻き返しが可能だが、準オープン組は1着が連対への条件となっている。

路線別はアンドロメダS組が唯一2連対を果たしているが、今年この組からの参戦はなく、強調できるステップはない。

年齢別は4〜8歳以上馬が7、10、14、18、14頭出走して3、4、1、2、0連対。連対率は43、40、7、11、0%。5歳馬と4歳馬が世代争いを繰り広げている。

関東馬は3連対(連対率8%)、関西馬が7連対(同26%)。関西馬が関東馬を大きくリードしている。


◎……ケツァルテナンゴは昨年、アンドロメダS5着からこのレースを快勝した。今年はG3チャレンジC16着からの参戦となるが、前走の敗因は9カ月ぶりと出遅れとハッキリしている。今回、長欠明けのたたき2戦目で、前進は確実。連覇達成で春の重賞取りへ駒を進めたい。

○……前走のディセンバーSでマイネルラフレシアは13着。大外14番枠で厳しい競馬となったこともあるが、右回りだとスムーズさを欠き、力を出し切れない。左回りは(3.1.1.1)と底を見せておらず、準オープンを勝ち上がった柴田大騎手にスイッチ。実績のある東京で巻き返す。

▲……プロフェットは京成杯で後続を0秒2ちぎった。皐月賞、ダービーは2けた着順に終わったが、出遅れた昨秋の福島記念で古馬を相手に0秒7差まで追い上げた。奥手のハービンジャー産駒だけに、これからの反撃も十分期待できる。

△1……前走準オープン勝ちのサクラアンプルールがようやく軌道に乗ったか。6歳馬といっても大事に使われて、キャリアはまだ15戦。自在性があり、器用に立ち回れるタイプ。オープンに昇級しても侮れない存在だ。

△2……スーパームーンは昨年のアメリカJCCで2着に入るなど、厳寒期の競馬を得意としている。昨年の札幌記念以来の実戦で狙いを下げたが、実績は互角。東京の芝コースも3勝なら軽視はできない。

△3……明け8歳馬でロンギングダンサーは狙いづらいが、直線の長いコース向き。4走前に新潟記念で3着し、続く毎日王冠でも4着と好走している。ここ2戦は中山2000Mで末脚不発に終わっているが、はまれば大駆けも十分ある。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 スズカデヴィアス        
2 2 ヒラボクディープ        
3 3 マイネルラフレシア
3 4 サムソンズプライド        
4 5 ピンポン        
4 6 ケツァルテナンゴ  
5 7 カムフィー    
5 8 シンゼンレンジャー        
6 9 ロンギングダンサー    
6 10 スーパームーン  
7 11 プロフェット    
7 12 ライズトゥフェイム        
8 13 フェスティヴイェル      
8 14 サクラアンプルール  

買い目

大多3=6 3=11 3-10 3-14 6=11
綾恵14=3 14=9 14-6 14-7 3=9
山田3=7 3=13 3=10 7=13 7=10 13=10
たま6=3 6=11 6=9 6=10 6=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。