sportsnavi

2017年9月3日(日)

11R

2017年9月3日(日) | 2回新潟12日 | 15:45発走

第53回農林水産省賞典 新潟記念(GIII)

芝・左・外 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はマイネルフロスト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.3

集中力の持続が課題だったが、3走前の新潟大賞典(G3)からブリンカーを装着して一変。以降は3戦続けて小差の首位争いを演じるなど、長い低迷から完全に抜け出した印象だ。前走・七夕賞(G3)は早め先頭から僅差2着と見せ場十分の好内容。目下の充実ぶりなら重賞2勝目も視野に入る。

○対抗はアストラエンブレム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・エプソムC(G3)は0秒1差で重賞初連対。詰めの甘いところはあるが、未だ4着以内を外しておらず、ここも大崩れする可能性は低そうだ。左回りでは(4.3.1.0)と更に信頼度が増し、新潟コースも2戦2勝と得意。初の2000Mさえ克服できれば、差し切りの期待も十分とみる。

▲単穴はルミナスウォリアー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.8

前走・函館記念(G3)は勝負どころから果敢に仕掛けて重賞初制覇。左回りは(3.5.1.3)と相性が良く、昨年の当レースでは小差5着に善戦している。勝てばサマー2000シリーズ王者は確実。背負い慣れた57キロなら可能性はありそうだ。

△抑えはタツゴウゲキ。△穴はロッカフラベイビー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

待望の重賞初制覇、ロイカバード

過去10年、連対馬は2-10、16-2、5-6、5-10、5-9、7-9、10-8、1-5、6-9、2-1番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は2、3、0連対と不調。代わりに6番人気以下から11頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は
1000円台…1回
2000円台…1回
4000円台…1回
6000円台…2回
万 馬 券……5回

3けた配当で収まったことはなく、10回中で5回も万馬券が出る波乱となっている。

また、3着に7、14、12、4、3、8、7、3、13、9番人気が入線した3連単配当は27万、102万、19万、13万、10万、31万台、55万、2万、38万、5万円台。こちらも102万馬券が飛び出すなどの大荒れで、10回中8回で10万円以上の高配当が出ている。

クラス別は重賞組16頭、準オープン組4頭。準オープンからの参戦馬にも反撃のチャンスが十分ある。

ステップ(着順)は7連対の小倉記念(2、4、6、15、6、2、6着)組がトップ。次いで、6連対で七夕賞(3、12、3、5、12、1着)組が続き、函館記念組2連対(1、8)の順。「サマー2000シリーズ」出走馬が連対馬の75%を占めている。

年齢別は3〜8歳上馬が5、21、57、47、25、13頭出走して0、3、9、3、5、0連対。連対率は0、14、16、6、20、0%。5歳馬が連対数で他世代をリードしているものの、率では7歳馬(3勝2着2回)がトップに立っている。

性別は牡馬141頭と牝馬27頭で争い、18対2。連対率は13、7%。出走数に大きな差があるが、牡馬が優勢となっている。

トップハンデの成績は15、14、4、17、1、10、14、(6、10、11)、6、(2、16)着。ハンデ頭は1勝、2着1回とアテにならない。


◎……ロイカバードは降級の前走で半馬身差の2着。直線で前を捉え切れなかったが、3カ月ぶりで勝ち馬と5.5キロ差があったことを思えば悲観する内容ではない。芝2000Mは(1.2.0.0)と得意。デビュー戦でサトノダイヤモンドとの5億円対決で話題を集めた良血馬が待望の重賞初制覇を決める。

○……4カ月の休み明けで函館記念を制してルミナスウォリアーは重賞初制覇。七夕賞8着から5着に終わった昨年からひと回り成長している。57キロを背負うが、この斤量で3勝の実績。勝利すれば2個目のタイトルとボーナス4000万円を獲得できる。

▲……アストラエンブレムも能力的にはここでも楽々と通用する。前走のエプソムCで内を突いた勝ち馬に半馬身交わされたが、デビュー以来すべて4着以内と崩れていない。依然、精神面の課題は残るが、新潟の芝外回りは2戦2勝。乗り方ひとつで重賞初制覇がかなう。

△1…紅一点の牝馬ロッカフラベイビーも侮れない。前走の佐渡Sは52キロの軽量で勝利したが、約2カ月ぶりで過去最高体重なら、たたいた上積みがさらに期待できる。デビュー当初から期待していた素質馬がいよいよ軌道に乗ったか。

△2……マイネルフロストは3走前にブリンカーを着用して、2、3、2着。それまでのレースぶりとは一変した。七夕賞は早め先頭に立ってゴール前差し込まれたが、見せ場たっぷりの0秒1差2着。3走前にこの舞台の新潟大賞典でハナの差2着。その時と同斤量なら重賞2勝目を十分に狙える。

△3……春にトーセンバジルは阪神大賞典で3着に入線したが、続く前走・天皇賞(春)では最後息切れして8着だった。2400Mでも勝利しているが、馬体や瞬発力から中距離の方がよさそうだ。ハンデも前走2キロ減と侮れない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 タツゴウゲキ      
1 2 ルミナスウォリアー
2 3 シャドウウィザード        
2 4 ロッカフラベイビー    
3 5 ロイカバード      
3 6 ハッピーモーメント        
4 7 カフジプリンス        
4 8 フルーキー      
5 9 スピリッツミノル        
5 10 ソールインパクト        
6 11 アストラエンブレム  
6 12 マイネルフロスト
7 13 トーセンバジル  
7 14 ラストインパクト      
8 15 マイネルスフェーン        
8 16 トルークマクト        
8 17 ウインガナドル        

買い目

大多12=11 12=2 12-1 12-4 11=2
綾恵12=13 12=11 12-2 12-14 13=11
山田2=12 2=8 2=13 12=8 12=13 8=13
たま5=2 5=11 5=4 5=12 5=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。