2017年7月8日(土)

11R

2017年7月8日(土) | 2回福島3日 | 15:45発走

阿武隈ステークス

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | 1600万下 (混合)[指定] ハンデ | 本賞金:1820、730、460、270、182万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はワンブレスアウェイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.9

安定感のあるレース運びが魅力で、目下7戦続けて連対中。前走のスピカSでは不慣れな右回りで現級勝ちを挙げ、地力強化を印象づけた。この中間は順調に調整されており、休み明けでも力を出せそう。勝って再度の同条件なら、軸馬としての信頼度は高い。

○対抗はサトノスティング。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.48.0

前走・ジューンSは休み明けながら馬体重マイナス14キロの大幅減。それでも0秒4差(6着)と崩れなかったあたりは評価できる。この福島芝1800Mでは(3.1.1.0)と得意舞台。馬体が戻れば、巻き返しは可能だ。

▲単穴はオコレマルーナ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.5

△抑えはペンタトニック。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

距離ベスト、サトノスティング

2015年に3年ぶりに復活した準オープンのハンデ戦。ここでは13、14年に同条件で行われた「天の川S」と、ここ2年の当レースを合わせた4回のデータで傾向を見てみたい。

フルゲート16頭立てに16、14、15、12頭が出走。連対馬は13-5、3-1、1-6、6-8番人気の組み合わせで決まった。上位人気は不振で、伏兵馬の台頭が目立っている。

馬連配当は2万2190円、1440円、1930円、1万7500円。上位人気馬が連対できなかった年に、2万、1万円台の万馬券で決着している。

また、3連単配当は22万、1万、4万、61万円台。こちらも馬連が高配当となった年に、22万、61万の万馬券が飛び出す大荒れとなっている。ちなみに、3着には1、2、7、7番人気が入線した。

連対馬8頭のクラス別(着順)は、重賞(14着)組1頭、準オープン(7、10、11、3、13、8、13着)組7頭。準オープン組なら前走成績に関係なく巻き返しが可能となっている。

ステップは(尼崎S=多摩川S)、(パールS=新潟大賞典)、(多摩川S=ジューンS)(緑風S=むらさき賞)のワンツーでゴール。多摩川S組から唯一2頭が連対しているが、今年この組からの出走馬はいない。

年齢別は4〜8歳以上馬が1、5、0、2、0連対。連対率はそれぞれ17、19、0、29、0%。5歳馬が連対数でリードしているものの、率では7歳馬がトップとなっている。

関東馬VS関西馬は44頭と13頭で争い7対1で、連対率は17、8%。関東馬が関西馬を寄せ付けない強さを見せている。

性別は牡馬が40頭出走して7連対(連対率18%)、牝馬は17頭で1連対(同6%)。夏に強いといわれる牝馬は苦戦している。

連対馬のハンデは(54、53)(53、58)(55、57)(54、55)キロの組み合わせで決着。53〜55キロの軽中量馬が1着を占め、57キロ以上の重量馬は2着までとなっている。

また、ハンデ頭は57.5、58、57、56キロで3、2、(2、4)(7、8)着。トップハンデ馬の優勝はないが、2着2回なら軽視はできない。


◎……前走のサトノスティングは57キロを背負って6着。掲示板を外したが、2カ月半ぶり、マイナス14キロ減の馬体で0秒4差まで追い上げた。1800M戦は全4勝中3勝を挙げているベストの距離で、福島も(3.1.1.0)と得意。さらにたたき2戦目で、前回より斤量2キロ減。オープン入りへの条件は整った。

○……相手にザトゥルーエアーを抜擢する。前走グリーンSはレコード決着の0秒6差6着と敗れたが、休み明けを使われつつ確実に上昇している。2400Mから1800Mに縮まるが、小回り小倉の関門橋Sで3着の実績。距離短縮に戸惑わなければ逆転Vもある。

▲……芝1800Mでワンブレスアウェイは(2.1.0.0)とパーフェクト連対。2走前に東京の初音Sで2着と敗れたが、勝ったフロンテアクイーンが後の福島牝馬Sで2着なら相手が悪かった。前走準オープンを勝利し、再び同条件は大きなアドバンテージ。4カ月ぶりで評価を下げたが、力上位は明らか。

△1……3カ月半ぶりの錦Sでオコレマルーナは0秒3差の4着。8歳馬で瞬発力勝負だと苦しいが、好位でなだれ込む形になれば前走ぐらい走っても不思議はない。現級2着3回は1600M戦だが、1800Mでも最大着差は0秒5。斤量据え置きで、たたき2戦目なら、ここでも好戦可能だ。

△2……ペンタトニックは現級で9戦して掲示馬を外したのは前走の8着だけ。その前走も勝ち馬とは0秒6差だった。連対歴はすべて2000M戦以上だが、芝1800Mはデビュー2戦で4、3着と好走し、着差も0秒3、0秒1なら悪くない。距離短縮で大駆けに期待したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 オコレマルーナ  
2 2 ウインオリアート      
3 3 ザトゥルーエアー    
4 4 ワンブレスアウェイ
5 5 ヒラボクレジェンド        
6 6 ペンタトニック  
7 7 サトノスティング
8 8 サンライズタイセイ        
8 9 トミケンスラーヴァ        

買い目

大多4=7 4=1 4-6 7=1
綾恵4=3 4=7 4-1 3=7
山田7=4 7=6 7=2 4=6 4=2 6=2
たま7=3 7=4 7=1 7=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。