sportsnavi

2017年4月22日(土)

11R

2017年4月22日(土) | 1回福島5日 | 15:25発走

第14回福島牝馬ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はクインズミラーグロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.47.2

前走・中山牝馬S(G3)は軽ハンデだったとはいえ、好位のインから馬群を割って伸びて0秒1差の3着。前々走・愛知杯(G3)に続き、重賞で2戦連続3着に入り、地力強化を印象づけた。定量戦に替わる今回は斤量が2キロ増えるが、前々で運ぶ競馬が板に付いた今なら小回りの福島は合うはず。名手・武豊のエスコートで重賞初制覇へ。

○対抗はクロコスミア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・1.46.7

昨秋から逃げる競馬に脚質転換。ローズS(G2)でシンハライトの2着に入り、本番の秋華賞(G1)では6着と善戦した。スピードが生きる小回りコースに替わるのは歓迎で、芝1800Mもベスト。休み明けの前走・阪神牝馬S(G2)は強敵相手に4着止まりだったが、ローカル重賞なら十分出番がある。

▲単穴はウキヨノカゼ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.49.6

追い込み一手のタイプだが、末脚は非凡。一昨年のスプリンターズS(G1)で3着に入るなど、これまでのG1レース3戦は全て上がり3ハロン最速をマークしている(1位タイも含む)。前走・中山牝馬S(G3)は6着に敗れたものの、勝ち馬からは0秒2差。着順ほど負けておらず、懸念された1800Mへの距離延長にも対応した。先行勢が競り合う展開なら、差し切る可能性も。

△抑えはフロンテアクイーン。△穴はウインファビラス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

力量互角、ロッカフラベイビー

中央競馬の舞台は今週から中山、阪神から東京、京都に移る。G1は中休みとなるが、開催中の福島と合わせて3競馬場で、今後につながる重要なステップレースが行われる。

福島最終週の土曜メインは1着馬にヴィクトリアマイル(5月14日)への優先出走権が与えられる福島牝馬S(G3)。

過去10年の連対馬は9-4、3-4、7-11、5-4、9-5、1-4、1-3、5-2、3-9、15-1番人気の組み合わせで決着した(2011年は新潟競馬)。

上位1〜3番人気の成績は3、1、3連対とパッとせず、7番人気以下から伏兵馬が6頭連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…2回
3000円台…2回
5000円台…1回
6000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……2回

07年に9130円と荒れ、09年と16年にも1万3060円、1万1130円の高配当。波乱を視野に入れておきたい。

また、3連単配当は14万、2万、79万、4万、9万、1万、4万、23万、59万、73万円台。10回中5回で10万超の万馬券が飛び出す難解な一戦となっている。ちなみに、3着は2、1、13、3、3、2、10、16、13、13番人気馬。2けた人気の台頭も珍しくなく、一筋縄では収まらない傾向を見せている。

クラス別は重賞組16連対、オープン特別組1連対、準オープン組1連対、1000万下組2連対。重賞組が連対馬の大半を占めているが、オープン特別組以下も4連対と健闘している。

路線別(着順)は13連対の中山牝馬S(2、5、6、5、6、2、3、2、6、3、1、2、2着)組がトップ。次いで、愛知杯(13、3、18着)組が3連対で続いている。なお、中山牝馬S組は他路線を圧倒しているが、1番人気で連を外した7頭中3頭はこの組からの臨戦馬。強さともろさが同居していることも知っておきたい。

年齢別は4〜7歳馬が7、11、1、1連対。4、5歳馬が連対馬の9割を占め、ここまで6歳以上馬は苦戦中。

東西対決は関東馬9連対に対して、関西馬が11連対。1、2着馬の内訳を見ると、前者が4勝2着5回で、後者は6勝2着5回。関西馬が関東馬を一歩リードしている。


◎……ロッカフラベイビーは1000万下を勝ち上がったばかりの身だが、その前走が実に強い勝ちっぷり。4カ月の休養明けで後続を3馬身半差突き放し、先頭で通過した1800Mのタイムは前週の中山牝馬Sを0秒1上回っていた。一度使われた上積みは半端でなく、斤量も1キロ減。重賞奪取のチャンスは十分ある。

○……愛知杯、中山牝馬SとクインズミラーグロはG3戦で連続3着。53、52キロの軽量の恩恵もあったが、3歳時に紫苑Sを制した力量馬が本来の走りを取り戻してきた。課題だったスタートが安定し、好位で立ち回れる先行力も魅力だ。

▲……フロンテアクイーンは準オープン勝ちの勢いで臨んだ前走の中山牝馬Sで0秒3差の8着。ゲート入り前から少しテンションが高く、道中でも力んだ分、直線で伸び切れなかった。3歳時に牝馬同士の重賞で好勝負を繰り返した力量馬。ここでも互角以上に戦える。

△1……前走の阪神牝馬Sでクロコスミアは逃げて4着。4カ月ぶりの実戦でラスト1ハロンで脚が上がったが、前半に出入りのある流れだったことを思えば上々の内容だった。1800Mは守備範囲で、今回メンバーが楽になるのも好材料だ。

△2……ウキヨノカゼは前走10番人気と低評価だった中山牝馬Sで6着。初の1800M、スローペースの後方から上がり33秒5の末脚で0秒2差まで迫った。追い込み一手で展開に左右されるが、はまれば一発が決まる。

△3……距離が2ハロン延びた前走・六甲Sでペイシャフェリスはクビ差の2着。マイペースで逃げられたとはいえ、あとひと粘りの惜しいレースだった。さらに距離が1ハロン延び、同型馬との兼ね合いもカギとなるが、デキは今がピークだ。

Yahoo! toto
Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ギモーヴ        
1 2 ハピネスダンサー      
2 3 デンコウアンジュ      
2 4 ウエスタンレベッカ        
3 5 ウインファビラス      
3 6 ウキヨノカゼ
4 7 トウカイシェーン        
4 8 フロンテアクイーン    
5 9 クインズミラーグロ
5 10 エテルナミノル      
6 11 ブリガアルタ        
6 12 ペイシャフェリス      
7 13 クロコスミア
7 14 ロッカフラベイビー      
8 15 リーサルウェポン        
8 16 タマノブリュネット        

買い目

大多9=13 9=6 9-5 9-8 13=6
綾恵9=6 9=2 9-10 9-13 6=2
山田6=13 6=9 6=3 13=9 13=3 9=3
たま14=9 14=8 14=6 14=12 14=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。