sportsnavi

2017年7月16日(日)

11R

2017年7月16日(日) | 2回函館4日 | 15:25発走

第53回農林水産省賞典 函館記念(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はサトノアレス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.4

朝日杯FS(G1)を制した昨年の2歳王者。前走・巴賞(オープン)は休み明けだったが、古馬を一蹴し改めて能力の高さを示した。小回りを苦にしないタイプで、力の要る洋芝も歓迎。今回と同じ中1週で2戦2連対と詰まったローテーションも気にならない。ひと叩きされて順当に良化しており、再び格の違いを見せつける公算大とみる。

○対抗はサクラアンプルール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.0

5歳暮れにオープン入りした晩成タイプ。重賞初挑戦の前々走・中山記念(G2)ではネオリアリズムら強敵相手に2着と善戦するなど、キャリアを重ね着実に力をつけてきた。前走・大阪杯(G1)は輸送の影響か13着と振るわなかったが、滞在競馬なら力を発揮できそうだ。

▲単穴はステイインシアトル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.9

前走・鳴尾記念(G3)を逃げ切って重賞初制覇。粘り強く脚を伸ばしてスマートレイアー(重賞3勝)らの追撃を封じ、本格化をアピールした。今年で6歳ながらキャリア10戦と消耗度は低く、まだ奥がありそう。スピードタイプで同型の出方は気になるが、馬券からは外せない。

△抑えはツクバアズマオー。△穴はマイネルミラノ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

2歳王者復活、サトノアレス

過去10年、連対馬は7-9、4-1、4-10、2-1、4-12、4-8、3-7、2-8、3-10、3-13番人気で決まった(2009年は札幌競馬)。

馬連配当は
1000円台…2回
3000円台…1回
5000円台…1回
6000円台…1回
8000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……3回

上位1〜3番人気は2、2、3連対とアテにならず、代わりに7番人気以下から9頭の伏兵馬が連対し、万馬券が3回も出る難解な一戦となっている。

一方、3着に2、2、8、5、7、7、8、7、7、9番人気が入った3連単配当は38万、1万、12万、2万、40万、15万、10万、8万、12万、23万円台。11年の40万馬券を筆頭に、10万超の万馬券が7回も飛び出す大荒れとなっている。

連対馬20頭のクラス別は重賞組9頭、オープン特別組11頭。オープン特別組が実績上位の重賞組を上回る成績を残している。

ステップ(着順)は巴賞(11、8、4、1、3、6、5、8、6着)組が9連対でトップ。3連対で目黒記念(1、2、6着)組が続き、2連対で新潟大賞典(4、10着)組とエプソムC(3、3着)組が並んでいる。

年齢別は3〜8歳以上馬が0、5、5、2、4、4連対。連対率は0、31、13、5、15、16%。7歳馬以上の高齢馬が大健闘している。

連対馬20頭のハンデは(57、52)(56、57)(56、55)(56、56)(54、53)(54、52)(57.5、55)(56、58)(54、56)(56、52)キロで決着。1着馬はすべて54キロ以上で、2着馬も6頭が該当。53キロ以下の軽量馬の出番は少ない。

また、函館は小回りコースで枠順も気になるところ。そこで、10年以降フルゲート16頭で行われた7回の枠番別成績を見てみると、
1枠(0.1.2.11)
2枠(3.2.1.8)
3枠(3.0.0.11)
4枠(1.2.1.10)
5枠(0.1.1.12)
6枠(0.1.0.13)
7枠(0.0.1.13)
8枠(0.0.1.13)
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠が12連対しているのに対して、外の5〜8枠はわずか2連対。内枠が外枠を大きくリードし、勝利数でも7対0。データは「内枠が断然有利」といっている。


◎……サトノアレスは賞金的に出走可能だったダービーを見送り、初の古馬相手の前走・巴賞を快勝。着差はクビでも完勝といえる内容だった。2カ月半ぶりをたたいた上積みが見込め、洋芝適性も前走で証明済み。2歳王者が復活の重賞制覇を決める。

○……相手筆頭はアングライフェン。巴賞で◎とクビ差の2着。勝ち馬をマークする形で追い上げてきたレースぶりが良かった。準オープンの2000Mで2勝し、前走2キロあった斤量差が今回は1キロ。逆転Vも十分ある。

▲……マイネルミラノは昨年エプソムC3着から2馬身差の逃げ切り勝ち。今年も同じステップでに参戦する。夏に強いタイプで7月に出走時は4戦3勝。7歳馬でも衰えは全くなく、2走前に57.5キロでオープン勝ちなら当然V争いになる。

△1……前走の鳴尾記念をステイインシアトルは好スタートから逃げ切って初重賞制覇を飾った。最後はクビ差まで詰め寄られたものの、G1でも上位争いしていた2着馬の追撃をきっちり封じた。同型馬をどうさばくかがカギだが、速力はここでも見劣らない。

△2……サクラアンプルールは2走前に強豪がそろった中山記念で2着。中団追走からかレースナンバーワンの上がりで0秒1差まで迫った。前走は今年からG1に昇格した大阪杯。流れが厳しく凡走したが、G3戦なら変身が期待できる。

△3……前走の巴賞でダンツプリウスは4着。少頭数、ペースに恵まれたとしても、◎サトノアレスと0秒3差は立派だった。滞在競馬が合うということだろうが、斤量据え置きの56キロ。再度の大駆けに警戒したい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 サトノアレス
1 2 ダンツプリウス      
2 3 ナリタハリケーン        
2 4 ケイティープライド        
3 5 レッドソロモン        
3 6 アングライフェン    
4 7 マイネルミラノ
4 8 カムフィー        
5 9 スーパームーン        
5 10 ステイインシアトル  
6 11 ツクバアズマオー    
6 12 ルミナスウォリアー      
7 13 パリカラノテガミ        
7 14 タマモベストプレイ        
8 15 ヤマカツライデン        
8 16 サクラアンプルール  

買い目

大多1=16 1=10 1-7 1-11 16=10
綾恵1=7 1=16 1-6 1-10 7=16
山田1=7 1=12 1=11 7=12 7=11 12=11
たま1=6 1=7 1=2 1=10 1=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。