2016年2月21日(日)

11R

2016年2月21日(日) | 1回小倉4日 | 15:20発走

第50回小倉大賞典(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダコール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.45.6

キャリアを重ねて着実に力をつけ、7歳の高齢で昨夏の新潟大賞典(G3)を制覇。今年初戦の日経新春杯(G2)はトップハンデ58キロながら4着に粘っており、明け8歳でも能力の衰えはなさそうだ。引き続き58キロのハンデ頭だが、当レースでは13年2着、15年3着の好実績。プラス22キロだった馬体が絞れてくるようなら、勝機までありそうだ。

○対抗はマイネルフロスト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.46.7

前々走・中山金杯(G3)はハンデ57キロを背負って0秒1差の2着を確保。勝ち馬よりハンデが1キロ重かったことを考慮すれば、負けて強しと言える内容だった。今回の1800Mは毎日杯(G3)勝ちを含め、全4勝中3勝をマーク。距離短縮も追い風となる公算が大きい。

▲単穴はコスモソーンパーク。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.46.1

小倉コースは3戦3連対と好相性。昨年の当レースではG1覇者カレンブラックヒルに半馬身差まで詰め寄り、連対を確保した。近走は掲示板止まりだったが、前走・ニューイヤーSで58キロを背負ってハナ差2着するなど、調子は上向き。昨年と同じハンデ56キロなら、好勝負に持ち込めるはず。

△抑えはアルバートドック。△穴はベルーフ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇小倉11R・小倉大賞典

過去10年の連対馬は(11)(1)、(10)(2)、(6)(1)、(7)(1)、(7)(2)、(6)(9)、(5)(10)、(6)(2)、(1)(8)、(3)(6)番人気で決着した(10年は中京競馬)。

馬連配当は
2000円台…5回
3000円台…1回
4000円台…1回
9000円台…1回
万馬券…………2回

上位1〜3番人気は4、3、1連対と不振で、毎年6番人気以下から伏兵馬が必ず連対。2けた人気馬の激走も珍しくない。

路線別は中山金杯組が5連対で、京都金杯組3連対、日経新春杯組2連対の順。

連対馬のハンデは(54、54)(57.5、56)(57.5、57)(57、57)(54、54)(55、57)(56、56)(57、55)(55、57)(58、56)キロで決着。53キロ以下の軽ハンデ馬は連対していない。

年齢別は4〜8歳以上馬が4、6、2、6、2連対。連対率はそれぞれ14、15、6、21、8%。7歳以上の高齢馬の好走が目を引く。


前走の日経新春杯でベルーフは2馬身3/4差の5着。スローの展開に折り合いを欠いたのが、直線の伸びに影響したようだ。昨年夏の小倉記念で中団から追い込んで2着。相性のいい小倉で巻き返す。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダコール
1 2 アルバートドック  
2 3 メイショウヤタロウ        
2 4 マイネルフロスト
3 5 レッドアリオン        
3 6 ハピネスダンサー      
4 7 デウスウルト        
4 8 ケイティープライド        
5 9 スマートオリオン        
5 10 メドウラーク      
6 11 ネオリアリズム    
6 12 タマモベストプレイ        
7 13 メイショウカンパク        
7 14 テイエムタイホー      
8 15 コスモソーンパーク      
8 16 ベルーフ  

買い目

大多1=4 1=15 1-2 1-16 4=15
綾恵1=4 1=16 1-2 1-10 4=16
山田4=1 4=14 4=11 1=14 1=11 14=11
たま16=1 16=4 16=2 16=6 16=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。