sportsnavi

2016年12月18日(日)

11R

2016年12月18日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第68回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

予想

◎本命はミスエルテ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.37.2

新馬戦を持ったままで楽勝し、ファンタジーS(G3)では出遅れながらも直線一気で差し切りV。名馬フランケルの娘が鮮烈な連勝を飾り、牡馬相手の朝日杯に参戦してきた。先週は同じフランケル産駒のソウルスターリングが阪神JF(G1)を制しており、血統的な評価も高まるばかり。まだ折り合い面に課題を残すが、新馬戦と同じ阪神マイルなら距離は問題ない。無傷の3連勝で36年ぶりの牝馬V達成を狙う。

○対抗はダンビュライト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.34.7

前走・サウジアラビアRC(G3)は直線で内にモタれて若さを見せながらもブレスジャーニー(重賞2勝)に0秒2差の2着。3着馬には3馬身差をつけたようにポテンシャルは相当に高い。今週の追い切りではチークピーシズを着用してハミも変え、モタれる面は改善傾向。スムーズな競馬なら戴冠の場面まであっていい。

▲単穴はモンドキャンノ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・京王杯2歳S(G2)は東京への長距離輸送を苦にせず、鮮やかな差し切りV。道中では行きたがる素振りを見せたが、残り100Mでレーヌミノル(小倉2歳S覇者)をきっちり捕らえ、素質の違いを示した。気性面やスピード色の強い血統からマイルへの距離延長には不安があるが、折り合い次第で勝機も。

△抑えはレッドアンシェル。△穴はサトノアレス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚堅実、ダンビュライト

一昨年から中山→阪神に開催が変更されたが、ここではその分を含める過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は2-7、3-10、2-5、1-2、5-4、1-4、7-1、4-6、1-14、2-1番人気の組み合わせで決まった。5、4、1連対の1〜3番人気はアテにならず、代わりに6番人気以下から5頭の伏兵馬が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…1回
7000円台…1回
8000円台…1回
万 馬 券……1回

半数の5回が2000円未満の堅い配当で決着したが、7000円以上の高配当も3回。波乱含みとなっている。

一方、3連単配当は1万、13万、1万、6720円、6万、3万、5万、16万、13万、3万円台。4けた配当で決まった年もあるが、10万円台の高配当も3回。こちらも一筋縄では収まらない傾向を見せている。ちなみに3着は1、4、1、5、2、8、3、5、3、11番人気だった。

1〜3着馬の前走着順は
【8.0.1.1】(1着)
【4.3.1.2】(2着)
【8.1.1.0】(3着)
30頭中28頭が3着以内で、該当しない2頭はともに2着馬で、4、9着からの臨戦。前哨戦で馬券圏外だった馬の巻き返しは厳しい。

連対馬のクラス別は重賞組14頭、500万下組5頭、新馬組1頭。重賞組が7割を占めているが、下級条件からの6連対はここ5年でマークしたもの。現在5年連続で連対中と軽視できない存在となっている。

路線別(着順)は、東京スポーツ杯2歳S組と京王杯2歳S組が5連対で、デイリー杯2歳S組3連対、2連対でベゴニア賞組が続いている。

連対馬の20頭中19頭は芝からの参戦で、距離別は1400M6頭、1600M7頭、1800M5頭、2000M1頭。1400〜1800Mが狙い目となっている。残る1頭のアジアエクスプレスはダート1600Mからの出走だった。

キャリアは1〜6戦以上馬が1、6、6、4、3、0連対。昨年、リオンディーズが新馬から直行して勝利を飾ったが、キャリア1戦馬や逆に豊富な6戦以上馬は狙いづらい。

関東馬57頭、関西馬103頭、地方馬1頭で争い、10、10、0連対。連対率は18、10、0%。東西間格差はない。

また、性別は牡馬が157頭出走して20連対、牝馬4頭で連対なし。牝馬の出走は少ないものの、ここまで6、9、10、10着。今年参戦のミスエルテとビーカーリーには気になるデータとなっている。


◎……前走のサウジアラビヤロイヤルCでダンビュライトは0秒2差の2着。勝ち馬の決め手に屈したが、スローペースに折り合いレース2番目の上がりで追い上げた。不良馬場の新馬戦を圧勝したようにパワーがあり、末脚も堅実。阪神外回りコースならG1制覇も十分に可能だ。

○……サトノアレスはデビュー2戦で連続2着。出遅れと内で窮屈になり力を出し切れなかった。ここ2戦の未勝利、ベゴニア賞は抜群の瞬発力を発揮して連勝。ここまで(2.2.0.0)とパーフェクト連対を果たしている。末脚を生かせる阪神外回りは歓迎で、たたき2戦目の上積みも魅力だ。

▲……ミスエルテはデビュー戦を持ったままで抜け出し、出遅れた前走のファンタジーSでも外から豪快に差し切った。先週阪神ジュベナイルFを制したソウルスターリングと同じ怪物フランケル産駒。強烈な決め手が光り、牡馬相手でもヒケを取らない。

△1……札幌の稍重でレッドアンシェルはデビュー戦を4馬身差で楽勝。前走は京都の軽い馬場に対応し、後方から差し切って2連勝を飾った。道中折り合いがつき、追われてからの反応も抜群。力強い走法から直線坂のあるコースにも問題なく、仕掛けどころひとつでV戦線に浮上する。

△2……モンドキャンノは前走の京王杯2歳Sで重賞初制覇。休み明け、大外枠で前に壁を作れない厳しい競馬だったが、直線追い出すとアッという間にレーヌミノル(阪神ジュベナイルF3着)に追いつき差し切った。2勝はいずれもレース最速の上がり。マイルへの距離延長で掛からなければ差はない。

△3……3戦目で未勝利を勝ち上がって挑んだ前走のデイリー杯2歳Sで、ボンセルヴィーソはクビ差の2着。好スタートからハナを奪い、直線でもしぶとい粘りを見せた。この舞台はデビュー2戦目で経験済みで、一戦ごとにレースぶりが良化している。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 レヴァンテライオン        
1 2 アシャカリアン        
2 3 リンクスゼロ        
2 4 ボンセルヴィーソ      
3 5 タガノアシュラ        
3 6 クリアザトラック      
4 7 ビーカーリー        
4 8 ダンビュライト
5 9 ダイイチターミナル        
5 10 モンドキャンノ  
6 11 トリリオネア        
6 12 トーホウドミンゴ        
7 13 ミスエルテ
7 14 ブルベアバブーン        
7 15 レッドアンシェル    
8 16 アメリカズカップ        
8 17 サトノアレス
8 18 トラスト      

買い目

大多13=8 13=10 13-15 13-17 8=10
綾恵13=8 13=18 13-6 13-17 8=18
山田10=17 10=13 10=8 17=13 17=8 13=8
たま8=17 8=13 8=4 8=10 8=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。