IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年12月11日(日)

11R

2016年12月11日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

予想

◎本命はソウルスターリング。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

父母合わせてG1レース16勝。日欧で好調なフランケルの初年度産駒の中でも屈指の良血馬だ。今夏デビューから牡馬相手に堂々2連勝を飾り、評判に違わぬ走りを披露。前走・アイビーS(オープン)はラスト2ハロン11秒2-11秒5を力強く差し切り、非凡な瞬発力を示した。気性の勝ったタイプでマイルへの距離短縮は好材料。阪神への輸送が課題だが、素質の違いであっさり戴冠を果たしても不思議はない。

○対抗はジューヌエコール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.6

デビューから一気の3連勝。前走・デイリー杯2歳S(G2)は好位のインからセンス良く差し切り、牡馬相手に重賞初制覇を飾った。これまで3戦すべてメンバー最速の上がりを発揮しており、決め手は抜群。懸念されていたマイルへの距離延長も難なく対応した。今回も折り合いさえつけば、無敗のまま戴冠の可能性も。

▲単穴はリスグラシュー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.5

前走・アルテミスS(G3)は東京への長距離輸送をものともせずに快勝。外枠から道中は外々を回りながらも、直線に入るとグイグイ伸びて他馬を差し切った。小柄な牝馬だが、阪神では未勝利戦をレコードで勝ち上がっており、急坂に不安なし。引き続き中間の動きも好調で、要注意の1頭だ。

△抑えはヴゼットジョリー。△穴はレーヌミノル。


今週のワンポイントアドバイス

女王奪取、ソウルスターリング

ミスエルテ(ファンタジーS勝ち)こそ18日の朝日杯フューチュリティSに回ったが、それ以外の有力馬が顔をそろえ、見どころたっぷりの2歳女王決定戦となった。過去10年のデータを参考に傾向を探ってみたい。

レースはすべてフルゲート18頭立て。連対馬は4-1、3-8、1-3、2-5、1-4、4-8、5-15、5-1、5-2、1-10番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は5、2、2連対と不満の残る成績で、8番人気と10、15番人気からそれぞれ2、1、1頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…3回
2000円台…2回
3000円台…1回
4000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……1回

5、15番人気で決着した2012年に3万5990円の大荒れとなったが、9回は6000円未満。多頭数戦でも波乱度は低い。

連対馬のクラス別は重賞組11頭、500万下組6頭、新馬組2頭、未勝利組1頭。重賞組が半数以上を占めているが、500万下以下からも9頭が連対。格は気にしなくてもよさそうだ。

ステップはファンタジーS組が4連対でトップ。次いで、アルテミスS組3連対、2連対で黄菊賞組と赤松賞組が続いている。

連対馬20頭の前走成績は【12.6.1.1】(1、2、3着、着外)。19頭までが3着以内に好走している。ちなみに、3着馬を見てみても【6.2.1.1】。前哨戦で馬券対象外だった馬の巻き返しは厳しくなっている。

東西対決は関東馬が58頭出走して8連対、関西馬は122頭で12連対。連対率はそれぞれ14、10%。関西馬が連対数でリードしているものの、率で関東馬が上回っている。

枠別の成績(1、2、3着、着外)は
1枠【3.1.0.16】(連対率20%)
2枠【0.1.2.17】(同5%)
3枠【0.1.1.18】(同5%)
4枠【1.1.0.18】(同10%)
5枠【0.3.3.14】(同15%)
6枠【1.2.1.16】(同15%)
7枠【3.1.1.25】(同13%)
8枠【2.0.2.26】(同7%)

勝利数は1、7枠がそれぞれ3勝で、次いで8枠が2勝。連対率では1枠がトップだが、2位が5枠と6枠。フルゲート18頭立てで内枠が有利と思いがちだが、外枠も見劣りしない数字を残している。


◎……新馬、アイビーSとソウルスターリングは芝1800Mで2戦2勝。いずれも上がりがレース最速で、着差以上の強さを見せている。父フランケルは14戦全勝で、G1レース10勝中7勝がマイル戦。距離短縮は好材料で、3連勝で2歳女王の座を射止めると見た。

○……リスグラシューのデビュー戦はクビ差2着の惜敗だったが、続く、未勝利、アルテミスSと連勝した。特に2走前はレコードのおまけ付きで2着を4馬身ちぎる圧勝。道中やや行きたがるところをクリアできれば逆転Vも十分ある。

▲……3連勝を狙った前走の京王杯2歳Sでレーヌミノルは半馬身差の2着。2番手追走から直線ぎりぎりまで追い出しを我慢したが、ゴール前で勝ち馬に差し込まれた。ただ、小倉2歳Sを6馬身差で圧勝したスピードは侮れず、初のマイルで通用しても不思議はない。

△1……ジューヌエコールはデビューから3連勝でデイリー杯2歳Sを制覇した。初戦と前走は好位3番手から差し切り、2走前は最後方から一気にごぼう抜きにした。着差はわずかだが、3戦すべてレース最速の上がり。底を見せてない魅力は大きい。

△2……ヴゼットジョリーも目下2連勝中。前走の新潟2歳Sは好スタートからいったん下げ、直線馬群を割って余裕残しで差し切った。3カ月半ぶりの実戦でやや評価を下げたが、競馬センスは抜群。大崩れはなさそうだ。

△3……ゴールドケープは前走白菊賞を2馬身差で快勝。勝ちタイムは重馬場で地味だったが、終始外々を回るコースロス。直線も馬場の悪い内を嫌って外に出して差し切った。ファンタジーSでミスエルテに離されたが、2着とは0秒1差。ここで通用するスピードを備えている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ディーパワンサ        
1 2 ソウルスターリング
2 3 エムオービーナス        
2 4 レーヌミノル  
3 5 ポンポン        
3 6 ショーウェイ        
4 7 ブラックオニキス        
4 8 サトノアリシア        
5 9 ジャストザマリン        
5 10 クインズサリナ        
6 11 ジューヌエコール
6 12 アリンナ      
7 13 ゴールドケープ      
7 14 スズカゼ        
7 15 フェルトベルク        
8 16 シグルーン        
8 17 ヴゼットジョリー  
8 18 リスグラシュー

買い目

大多2=11 2=18 2-4 2-17 11=18
綾恵2=17 2=11 2-12 2-18 17=11
山田18=4 18=11 18=2 4=11 4=2 11=2
たま2=18 2=4 2=11 2=13 2=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。