IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年2月27日(土)

11R

2016年2月27日(土) | 1回阪神1日 | 15:35発走

第25回アーリントンカップ(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

予想

◎本命はボールライトニング。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.8

デビューから連勝で京王杯2歳S(G2)を制覇。フルゲートの大外枠から楽に好位へ取り付き、11秒4-10秒8-11秒3の上がり勝負を堂々と抜け出した。極めて高いレースセンスを見せていただけに前走・朝日杯FS(G1)11着は案外だったが、1度の敗戦で見限るのは早計。ひと息入れて立て直し、今週は栗東坂路で4ハロン50秒9の自己ベストをマーク。改めて素質の高さに期待したい。

○対抗はヒルノマゼラン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.7

デビュー戦を逃げ切りV。前走・こぶし賞は好位から差し切って2勝目を挙げ、自在性を披露した。芝1600Mの前々走・白梅賞が唯一の敗戦だが、勝ち馬と同じ1分33秒7の好時計をマークしてクビ差の2着。このメンバーでは持ち時計トップで、開幕週のスピード馬場にも対応できる。重賞初挑戦でも楽しみは大きい。

▲単穴はシゲルノコギリザメ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.2

前々走・シンザン記念(G3)はハナを切って見せ場十分の3着。11番人気の低評価ながら1000M通過58秒1のハイペースでけん引してクビ+クビの僅差に粘り込んだ。前走・クロッカスSは渋った馬場でスピードを削がれて失速したが、開幕週の馬場なら反撃を期待できる。

△抑えはレオナルド。△穴はダンツプリウス。


今週のワンポイントアドバイス

末脚さく裂、アーバンキッド

今週から中央競馬は本格的な春競馬がスタート。開催中の小倉競馬に加えて、中山、阪神競馬が開幕する。

阪神の土曜メーンは春クラシックを目指す3歳馬によるマイル重賞。翌週に弥生賞が組まれているため、超一線級の参戦はみられないが、東西から精鋭15頭が仁川のターフに集結した。

過去10年、連対馬は3-5、2-1、5-9、6-12、5-1、4-11、2-3、1-2、1-3、9-5番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は4、3、3連対と不振で、6番人気以下からも5頭の伏兵馬が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
万 馬 券……4回

10回中4回で万馬券が出ているが、2000未満の配当も6回。堅いか荒れるかの両極端の結果となっている。

一方、3連単配当は、4万円台、2800円、89万円台、25万円台、6万台円、57万円台、1万円台、1740円、5340円、32万円台。こちらも4けた配当などの人気サイド決着と25〜89万円台の高配当で決まる2極化傾向を見せている。ちなみに、3着は6、3、10、3、8、5、6、4、6、7番人気だった。

連対馬20頭の距離別は、1200M1頭、1400M6頭、1600M12頭、1800M1頭。1400〜1600Mからの参戦馬が連対馬の9割を占めている。

クラス別は重賞9頭、オープン特別4頭、500万下7頭。オープンが計13連対と優勢だが、500万下にもチャンスは十分にある。ただ、連対した7頭中6頭は1着で、残る1頭も3着。前走で馬券対象となっていることが連対への条件となっている。

ステップはシンザン記念が5連対でトップ。2連対で朝日杯フューチュリティSとクロッカスSが続いている。

キャリアは1〜7戦以上馬が0、3、3、4、3、7、0連対。連対率は0、20、21、13、15、29、0%。キャリアの浅い1戦馬や逆に豊富な7戦以上馬は苦戦中で、戦歴2〜6戦が理想となっている。

脚質は、逃げ4頭、先行10頭、差し4頭、追い込み2頭。開幕週の高速馬場ということで逃げ、先行馬が優勢となっている。

また、所属別は関東馬20頭、関西馬107頭、地方馬3頭で争い、それぞれ2、18、0連対(連対率10、17、0%)。出走頭数が少ないこともあるが、関東馬は苦戦している。


◎……今年は関西馬に抜けた存在がなく、関東馬のアーバンキッドで勝負する。新馬戦を完勝した後に中山のマイルで連続2着。いずれも出負けしながらレース最速の上がりで追い込んでハナ差まで迫った。勝ち運に恵まれないが、末脚は確実。阪神の外回りは歓迎で、今度こそ差し切る。

○……ヒルノマゼランは3戦して2勝、2着1回。前々で立ち回れる脚質を武器に好成績を挙げている。マイルの持ちタイム1分33秒7はメンバー中最速。開幕週の高速馬場なら重賞Vも可能だ。

▲……前走のレオナルドは出遅れて後方に置かれたが、直線内から鋭く伸び小差の5着。初距離、初重賞でもきっちりと掲示板を確保した。阪神の芝で初勝利からコース適性は高く、スタートが互角なら首位争いに持ち込める。

△1……前走の朝日杯フューチュリティSでボールライトニングは思わぬ11着大敗。ただ、あれが実力でないことは、新馬、京王杯2歳Sの連勝が証明している。父ダイワメジャー譲りの先行力があり、巻き返しを警戒したい。

△2……ロワアブソリューは阪神の芝1800M(やや重)で後続を2馬身半突き放して新馬勝ち。マイペースの逃げとはいえ、馬場状態を考えると上がり33秒8は優秀だ。道中力んでいた前走は度外視して良く、好発進を決めれば差はない。

△3……2走前のシンザン記念でシゲルノコギリザメはクビ+クビ差の3着。途中からハナに立ち、あわや逃げ切りかの好走を見せた。開幕週は先行有利。ハナをたたけば一気に押し切るスピードを秘めている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マディディ        
2 2 パールフューチャー        
2 3 ウェーブヒーロー        
3 4 メイショウカネサダ        
3 5 ボールライトニング
4 6 レインボーライン      
4 7 シゲルノコギリザメ  
5 8 ロードブレイド        
5 9 レオナルド  
6 10 アーバンキッド    
6 11 ヒルノマゼラン
7 12 ダンツプリウス      
7 13 ビップライブリー        
8 14 オデュッセウス        
8 15 ロワアブソリュー    

買い目

大多5=11 5=7 5-9 5-12 11=7
綾恵11=5 11=15 11-6 11-7 5=15
山田11=5 11=9 11=10 5=9 5=10 9=10
たま10=11 10=9 10=5 10=7 10=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。