2016年11月20日(日)

11R

2016年11月20日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第33回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はサトノアラジン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.7

5歳を迎えて本格化。京王杯スプリングC(G2)で待望の重賞初Vを挙げ、前哨戦・スワンS(G2)では不利な斤量を克服して豪快に差し切った。全姉のラキシス(エリザベス女王杯勝ち馬)も比較的晩成タイプで、まだ奥がありそうな血統。昨年の当レースと今年の安田記念(G1)はともに0秒2差の小差で、1600Mにも不安はない。目下の充実ぶりならG1制覇も可能だろう。

○対抗はミッキーアイル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.3

通算7勝全てが逃げ切りのスピード馬。休み明けの前走・スプリンターズS(G1)は2着に敗れたが、二枚腰の粘りでアタマ差に粘っており、負けて強しの内容だった。今回も引き続き単騎逃げ可能なメンバー構成。1600Mは久々だが、同距離ではNHKマイルC(G1)を含めて5勝をマークしており、押し切っても驚けない。

▲単穴はフィエロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.31.5

前走・スワンS(G2)は出遅れが響いて9着敗退。1番人気を裏切る結果となったが、敗因ははっきりしており、評価を下げるのは早計だろう。芝1600Mで全5戦中4勝を挙げ、過去2年の当レースではいずれも2着で戴冠にあと一歩まで迫った。勝ち味に遅い面はあるが、相手には加えておきたい。

△抑えはイスラボニータ。△穴はヤングマンパワー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

マイル王奪取、ミッキーアイル

過去10年、連対馬は1-3、1-4、4-1、1-14、13-1、5-11、4-1、2-3、8-3、4-2番人気の組み合わせで決まった。

上位1〜3番人気は6、2、3連対とパッとしない成績だが、伏兵馬の連対は8、11、13、14番人気のそれぞれ1頭と少ない。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…3回
2000円台…1回
3000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……2回

人気薄の13、11番人気が2010、11年に連対して、1万4240円、1万2800円の万馬券決着となったが、残る8回の最高配当は09年の6690円。全体として平穏に収まる傾向を見せている。

一方、3着に8、5、10、2、6、4、5、1、9、1番人気が入線した3連単配当は、1万、2万、5万、10万、47万、27万、5万、1万、19万、1万円台。4けた配当で収まったことはなく、10年の47万馬券を含め10万超の高配当が4回も飛び出している。

路線別はスワンS組が6連対、5連対で天皇賞(秋)組が続き、4連対の富士S組の順。上記3組が連対馬の75%を占めている。なお、そこで2けた着順でなければ巻き返しが可能となっている。

また、出走間隔は中2週組11頭、中3週組4頭、中4週組2頭、中6週組2頭、5カ月半組1頭。昨年、勝利したモーリス以外は秋競馬に1回以上出走の中6週以内。休養明けで参戦のネオリアリズムやダコールにとっては嫌なデータといえる。

年齢別は3〜7歳以上馬が0、8、8、3、1連対。連対率は0、22、15、9、6%。8連対で4、5歳馬が並んでいるが、率で4歳馬がトップに立っている。

性別は牡馬142頭と牝馬32頭で争い、18対2。連対率は13、6%。牝馬は出走数も少ないが、ここまで苦戦している。

東西対決は関東馬59頭と関西馬112頭で争い6対14。連対率はそれぞれ10、13%。関西馬が関東馬をリードしている。なお、今年外国馬の参戦はないが、ここまで8頭出走して3着が最高成績だった。

毎年フルゲート(14年は17頭)で気になる枠別の成績(上から1、2、3着、着外)は
1枠(1.1.1.17)
2枠(1.1.1.17)
3枠(2.0.1.17)
4枠(2.5.0.13)
5枠(1.1.0.18)
6枠(1.0.1.18)
7枠(1.1.4.23)
8枠(1.1.2.26)

7連対の4枠が好成績を残しているが、全枠から勝ち馬が出ており、枠の内外による有利不利は気にしなくてもよさそうだ。


◎……6カ月ぶりの前走スプリンターズSでミッキーアイルはアタマ差の2着。久々を感じさせない軽快なスピードで逃げたが、ゴール寸前で勝ち馬の強襲にあった。マイルは昨年の安田記念以来となるが、振り返れば5連勝でNHKマイルCを制した3歳のマイル王。スタートを決めて再びマイルの頂点に立つ。

○……イスラボニータは安田記念5着以来、4カ月半ぶりの富士Sで0秒1差の2着。2連勝と勢いに乗るヤングマンパワーはとらえ切れなかったが、休み明けで58キロを背負ってG1馬の意地を見せつけた。もともと使ったほうがいいタイプ。昨年3着のうっ憤を晴らして2個目のビックタイトルをもぎ取る能力を備えている。

▲……前走の富士Sでガリバルディは5着と敗れたが、先行有利の流れの中、4コーナー最後方からメンバー最速の上がりで0秒3差まで追い上げた。2走前にマイル重賞の中京記念を制し、京都コースも(2.1.2.1)と得意。G1初挑戦でもポテンシャルはここでも通用する。

△1……フィエロはこのレースで2年連続2着で、今春の安田記念でも0秒2の3着。7歳馬とはいえマイルG1で抜群の実績を残している。前走のスワンSで珍しく9着と崩れたが、休み明け、出遅れ、さらに距離も向かなかった。今回は条件が一気に好転。巻き返しがあっても驚けない。

△2……5カ月ぶりの前走スワンSをサトノアラジンは鮮やかな追い込みで快勝。3走前の京王杯スプリングCでも、出遅れを挽回して直線あっさりと差し切った。たたき2戦目で前進は確実だが、芝1600Mは昨年のマイルチャンピオンS、今年の安田記念とも4着。距離延長を克服できるかどうかがカギとなる。

△3……ヤングマンパワーは前走富士Sを3番手から抜け出して完勝。全5勝すべてをマイルで挙げている距離巧者で、目下、3連勝中と充実一途。ペースの違いはあるものの、3走前の多摩川Sで1週前の安田記念の勝ちタイムを0秒2上回った。相手は一気に強化するが、連下には抑えておきたい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ディサイファ        
1 2 サトノアラジン
2 3 スノードラゴン        
2 4 ロードクエスト        
3 5 ヤングマンパワー    
3 6 ダノンシャーク        
4 7 フィエロ  
4 8 イスラボニータ    
5 9 サトノルパン    
5 10 マジックタイム        
6 11 テイエムタイホー        
6 12 ウインプリメーラ        
7 13 ダコール        
7 14 クラレント        
7 15 ネオリアリズム        
8 16 ミッキーアイル
8 17 ガリバルディ    
8 18 サンライズメジャー      

買い目

大多2=16 2=7 2-5 2-8 16=7
綾恵16=2 16=7 16-9 16-17 2=7
山田2=9 2=16 2=18 9=16 9=18 16=18
たま16=8 16=17 16=2 16=5 16=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。