sportsnavi

2016年10月23日(日)

11R

2016年10月23日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第77回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11500、4600、2900、1700、1150万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はディーマジェスティ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

春の2冠で1、3着の強豪。皐月賞(G1)はレコードで戴冠を果たし、日本ダービー(G1)では直線で寄られる場面から僅か0秒1差まで盛り返した。ダービー馬のマカヒキが不在であれば、実績最右翼の存在。トライアルの前走・セントライト記念(G2)では3角からのロングスパートで他馬をねじ伏せ、格の違いをアピールした。初めてとなる京都への輸送は未知数だが、3000Mの長丁場なら持ち前の持久力を存分に発揮できるはず。2冠達成の公算大だ。

○対抗はサトノダイヤモンド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

日本ダービー(G1)でマカヒキの2着に惜敗。長い写真判定となるハナ差の名勝負を演じ、世代の頂点にあと一歩まで迫った。トライアルの前走・神戸新聞杯(G2)は休み明けで掛かった分、クビ差の辛勝だったが、きっちりと結果を出すあたりは地力の高さゆえ。これまで(4.1.1.0)と崩れたことがなく、京都では2月のきさらぎ賞(G3)をレコード勝ちしている。ラスト1冠を制し、ダービーの無念を晴らしたい。

▲単穴はミッキーロケット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

夏場以降(2.2.0.0)の上がり馬。前走・神戸新聞杯(G2)ではサトノダイヤモンドとマッチレースを演じるなど、地力強化をアピールした。堅実な末脚が武器で、距離延長は望むところ。引き続き好調を維持しており、本番でも侮れない。

△抑えはレッドエルディスト。△穴はエアスピネル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚爆発、ミッキーロケット

3歳牡馬の3強の一角マカヒキは参戦しないが、東西のトライアルを勝ち上がった皐月賞馬ディーマジェスティ、ダービー2着馬サトノダイヤモンドなど、春のクラシックで上位を占めた馬が顔をそろえた。

これに夏場に力を付けた新興勢力が加わり、フルゲート18頭で激戦が繰り広げられる。

「春の既成勢力」と「夏の上がり馬」。3冠最終戦を勝ち取るのはどの馬か。過去10年のレースで傾向を探ってみたい。

過去10年の連対馬は8-2、4-6、1-15、8-7、7-1、1-2、1-5、1-5、3-4、5-2番人気の組み合わせで決まった。1番人気は5連対と振るわず、2、3番人気も3、1連対と不振。上位人気はアテにならず、6番人気以下から6頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
2000円台…3回
3000円台…1回
6000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

10回中6回は3000円未満で収まっているが、15番人気が2着に健闘した08年に1万7820円と荒れ、翌年にも9410円の高配当が出ている。

また、3着に3、1、9、6、13、3、7、3、7、1番人気が入った3連単配当は、14万、2万、52万、31万、33万円台、2190円、1万、1万、5万、3万円台。10回中4回で10万超の万馬券が出る難解なレースとなっている。

連対馬20頭のクラス別は重賞組19頭、1000万下組1頭。条件馬の連対は09年の野分特別から参戦したスリーロールス1頭のみ。また、3着を見てみても3頭と少なく、条件組は分が悪い。

また、前走成績は(7.5.7.1)(左から1、2、3着、着外)。08年に12着から2着に巻き返したフローテーション以外は、馬券対象の3着以内に好走している。

ステップは神戸新聞杯組が15連対でトップ。次いで、セントライト記念組が3連対で続き、残る2頭は京都大賞典と野分特別から連対。東西のトライアルから臨戦した馬が9割を占めている。

出走間隔は全馬中4週以内で、内訳は中1週組1頭、中3週組16頭、中4週組3頭。有力ステップがトライアルのため、レース間隔も中3、4週に集中している。

重賞実績も見逃せないファクターとなっている。連対馬20頭に重賞出走経験があり、最高成績は、1着馬9頭、2着馬4頭、3着馬6頭、8着1頭。3着以内に好走していることが連対への理想となっている。

しかし、3着馬を見てみると、10頭中5頭は4着以下(重賞未経験1頭を含む)。重賞経験さえあれば、成績に関係なく巻き返しが可能となっている。


◎……ミッキーロケットは前走の神戸新聞杯で2着。クビ差届かなかったが、直線勝ち馬の内から差し切りかという脚を見せた。10戦中7戦で上がり最速と、決め手は鋭い。夏の北海道で2勝の上がり馬。道中折り合えば末脚が爆発する。

○……デビューから3戦無敗で挑んだ皐月賞でサトノダイヤモンドは3着。ダービーでもハナ差及ばず2着に敗れた。秋初戦の神戸新聞杯は久々で行きたがったが、それでも勝ち切った。ラスト1冠を奪取して春2冠のうっ憤を晴らしたい。

▲……プロディガルサンはセントライト記念でディーマジェスティの3着。勝ち馬より外々を回り、直線でも寄られる不利を受けながら0秒2差まで迫った。デビューから2連勝し、東京スポーツ杯2歳S2着の実力馬。力を出し切れば差はないはずだ。

△1……皐月賞馬ディーマジェスティの全成績は(4.2.1.0)。連を外したのはダービーの3着だけとG1馬にふさわしい戦績を残している。ただ不安材料もある。初めての関西遠征に加え、関東馬は02年から14連敗中で、2着もここ10年なし。データー重視から狙いを下げた。

△2……エアスピネルは朝日杯フューチュリティS2着で、春の2冠で4、4着。G1で勝ち切れずにいるが、最大着差は皐月賞の0秒5差と離されていない。夏を越して折り合いに面に進境が見られ、落ち着きも出た。流れひとつでV奪取できる能力を秘めている。

△3……穴を出せばレッドエルディストか。芝2200Mの未勝利、大寒桜賞と連勝して、青葉賞2着。ダービーは9着と敗れたが、秋初戦の神戸新聞杯で3着と菊への出走権を確保した。距離が延びていいタイプで、この舞台も合う。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 カフジプリンス      
1 2 ジョルジュサンク        
2 3 サトノダイヤモンド
2 4 シュペルミエール      
3 5 ミライヘノツバサ      
3 6 ディーマジェスティ
4 7 レッドエルディスト    
4 8 ミッキーロケット    
5 9 イモータル        
5 10 ウムブルフ        
6 11 レインボーライン        
6 12 コスモジャーベ        
7 13 エアスピネル  
7 14 アグネスフォルテ        
7 15 サトノエトワール        
8 16 プロディガルサン      
8 17 ジュンヴァルカン      
8 18 マウントロブソン        

買い目

大多6=3 6=8 6-7 6-13 3=8
綾恵6=3 6=1 6-4 6-5 3=1
山田3=6 3=17 3=13 6=17 6=13 17=13
たま8=3 8=16 8=6 8=7 8=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。