sportsnavi

2016年10月16日(日)

11R

2016年10月16日(日) | 4回京都5日 | 15:40発走

第21回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はビッシュ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.59.7

トライアルの紫苑S(G3)を完勝して好発進。3角外から一気のまくりで他馬をねじ伏せ、力の違いを見せつけた。春のオークス(G1)では3着に敗れているが、これも早めに動く積極策で0秒1差に粘っており、ポテンシャルは3歳牝馬トップクラス。当時の1、2着馬が不在となれば当然有望な存在だ。京都は初めてだが、内回りコースでは自ら動ける機動力が大きなアドバンテージになる。立ち回りの上手さ生かし、最後の1冠を奪取する。

○対抗はジュエラー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

復活を期す桜花賞馬。前走・ローズS(G2)は骨折明けで11着に大敗し、デビュー以来初めて連対を外す結果となった。追い切り本数が少なかったことが響いた印象だが、ひと叩きされたことで状態は型通りの良化を見せている。オークス馬シンハライトの戦線離脱により、実績では最右翼。以前は追い込み一手だったが、前走では本番の内回りコースを見据え、好位からの競馬も経験している。本来の走りが蘇れば2冠達成も。

▲単穴はヴィブロス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.1

トライアルの前走・紫苑S(G3)でビッシュの2着。3コーナーでの不利が痛かったが、そこから挽回して3着馬には3馬身半差をつけており、見どころは十分にあった。姉兄にヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル連覇)やシュヴァルグラン(阪神大賞典覇者)がおり、血統的にもまだ奥があるはず。スムーズな競馬なら大仕事をやってのける可能性も十分ある。

△抑えはカイザーバル。△穴はパールコード。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力非凡、デンコウアンジュ

桜の女王ジュエラーと樫の女王シンハライトの頂上決戦に注目が集まったが、シンハライトが直前に戦線離脱。さらに、2歳女王メジャーエンブレムも不出走となり、レースは一転大混戦となった。

牝馬3冠目の最終戦を制するのは、「春の既成勢力」か、それとも「夏の上がり馬」か。過去10年のレースで傾向を見てみたい。

連対馬は2-5、2-7、11-8、2-3、1-6、2-7、1-2、3-2、3-1、1-5番人気の組み合わせで決まった。

1〜3番人気は4、6、3連対とまずまずの成績だが、6番人気以下からも5頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…2回
2000円台…2回
3000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……1回

2008年に2万3080円と荒れたものの、残る9回は6000円未満で決着。フルゲート18頭立て(一昨年は17頭)でも意外に平穏に収まっている。

また、3着に4、1、16、1、2、1、6、15、4、8番人気が入線した3連単配当を見てみると、2万、3万、1098万、4640円、1万、1万、3660円、23万円、1万、8万円台。こちらは08年に1098万馬券が出て、13年にも23万馬券となる波乱含みの傾向を見せている。

クラス別は重賞組が18頭、オープン特別組1頭、1000万下組1頭。20頭中18頭は重賞からの参戦で、オープン特別組以下の出番は少ない。

ステップは、ローズS組が15連対と他路線を圧倒。現在、9年連続連対中で、連を外した06年も3着を確保し、この組が馬券圏から消えたことはない。

なお、残る5頭はオークス、アメリカンオークス(米国)、クイーンS、夕月特別(1000万下)、紫苑Sからの連対馬だった。

前走成績は1〜5着馬の8、6、2、2、1連対と15着1連対。ブラックエンブレム(08年)を除く19頭は、前哨戦で掲示板を確保している。


◎……デンコウアンジュは前走のローズSで0秒4差の4着。スローの展開、不得手の重馬場の中で、レース2番目の上がりで追い上げた。ここまでのG1レース3戦は不完全燃焼に終わったが、潜在能力は非凡。ラスト1冠取りに全力投球する。

○……前走のヴィブロスは勝負どころでゴチャついてブレーキをかけるアクシデント。福永騎手が「落ちるかと思った」と話すほどの不利があった。2走前の勝ちっぷりが大物感を感じさせる余裕のV。流れに乗ればG1奪取も十分にある。

▲……ビッシュはオークス3着、休養明けの前走では紫苑Sを2馬身半差で快勝した。420キロ台の小型馬で春はローテーションや調整に気を使いながらの参戦となったが、夏を境にさらに一皮向けたようだ。長距離輸送がどうかだが、克服すれば上位争いに絡める。

△1……前走ローズSでジュエラーは11着に敗退。骨折でオークスを回避して5カ月ぶり、馬体も10キロ増だったとはいえ、2けた着順は少し負けすぎか。ただ、実績で最上位の存在で、一度使った上積みは大きい。G1馬の反撃に警戒したい。

△2……ダイワドレッサーは1月のフェアリーSで小差の2着。前走のラジオNIKKEI賞では牡馬相手に2着と健闘した。1勝馬で狙いづらい面もあるが、ここ10年で牡馬相手に連対したダイワスカーレットとジェンティルドンナが優勝。データからは抑えておきたい。

△3……穴を開ければ夏を越して2連勝中の上がり馬ミエノサクシードか。前走の夕月特別では3〜4コーナーから持ったままで先行勢に並びかけ、直線内にモタれながらも楽々と差し切った。まだ荒削りな面も目立つが、大駆けがあっても驚けない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エンジェルフェイス        
1 2 ジュエラー
2 3 パールコード      
2 4 パーシーズベスト        
3 5 レッドアヴァンセ        
3 6 ゲッカコウ        
4 7 ヴィブロス  
4 8 デンコウアンジュ    
5 9 クロコスミア      
5 10 ビッシュ
6 11 フロンテアクイーン        
6 12 ウインファビラス        
7 13 ワンダーピルエット        
7 14 ミエノサクシード    
7 15 カイザーバル    
8 16 ダイワドレッサー      
8 17 ネオヴェルザンディ        
8 18 キンショーユキヒメ        

買い目

大多10=2 10=7 10-3 10-15 2=7
綾恵7=10 7=14 7-2 7-8 10=14
山田10=15 10=2 10=9 15=2 15=9 2=9
たま8=7 8=10 8=2 8=14 8=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。