2016年10月10日(月)

11R

2016年10月10日(月) | 4回京都3日 | 15:35発走

第51回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はキタサンブラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.25.5

通算(6.1.3.1)の好成績。京都では菊花賞(G1)、天皇賞・春(G1)を制しており、実績は折り紙付きだ。前走・宝塚記念(G1)は3着に敗れたものの、クビ+ハナ差の惜敗。渋った馬場でハイペースの逃げを打って粘り込み、負けて強しを印象づけた。休養を挟んで秋初戦となるが、久々は苦にしないタイプ。得意コースで好発進を決めたいところ。

○対抗はサウンズオブアース。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.23.8

これまで重賞で2着6回。勝ち味に遅い面はあるものの、昨年の有馬記念(G1)でクビ差の接戦を演じるなど、第一線で好勝負を演じてきた。前走・天皇賞・春(G1)は15着に敗れたが、やはり3200Mが長かった印象。昨年の当レースでは2着に好走しており、距離短縮で巻き返しが期待できる。

▲単穴はラブリーデイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.23.6

G1レース2勝(重賞6勝)の強豪。今年は一時の勢いこそないが、香港遠征を含め3戦連続4着と大崩れなく実績馬の意地を見せている。京都では昨年の当レースを斤量58キロで快勝するなど、G2レース2勝をマーク。昨年と同斤、同ローテで連覇を目指す。

△抑えはラストインパクト。△穴はヤマカツライデン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

良馬場で反撃、ラブリーデイ

1着馬に天皇賞(秋)への優先出走権が与えられるトライアル。

過去10年、連対馬は2-7、2-1、4-6、3-4、2-1、1-4、5-7、11-7、3-6、1-2番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は4、4、2連対ではほめられた成績とはいえず、6番人気以下から6頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…1回
2000円台…1回
4000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……2回

11、7番人気でワンツーした2013年に9万240円と荒れ、12年にも1万5750円の万馬券が出ているが、8回は6000円未満に収まっている。

また、3着に5、6、7、7、4、3、2、2、1、5番人気が入った3連単配当は4万、2870円、11万、4万、3880円、4360円、12万、361万、1万円、6540円。こちらも11番人気が勝利した年に361万円の大型万馬券が飛び出し、その前年にも12万馬券となる波乱。こちらも堅い馬券と穴馬券が入り混じる難解な結果となっている。

路線別(着順)は5連対で宝塚記念(3、4、11、11、1着)組がトップ。次いで、2連対で天皇賞・春(6、9着)組、札幌記念(6、3着)組、阪神大賞典(7、8着)組、朝日チャレンジC(1、2着)組、新潟記念(4、3着)組が続いている。

年齢別は3〜8歳以上馬が1、25、35、29、12、9頭出走して、0、8、8、1、3、0連対。連対率は0、32、23、3、25、0%。8連対で4、5歳馬が首位を争っているが、率を見ると高齢7歳馬も2位と健闘している。


◎……昨年のラブリーデイはG1レース2勝を含めて10戦6勝と大活躍した。今年は3戦連続で4着と敗れているが、2戦は不得手なやや重馬場で、前走の宝塚記念も勝ち馬とは0秒2差だった。京都の2400M以下では2戦2勝。良馬場なら連覇も可能だ。

○……相手はキタサンブラック。菊花賞でG1を奪取すると、その後もハイレベルの重賞戦で馬券対象を続け、春の天皇賞で2個目のビックタイトルをゲットした。自分でレースを組み立てられるのは大きな強みで、ここでも大崩れは考えられない。

▲……サウンズオブアースは前走の天皇賞(春)で珍しく崩れたが、外枠15番で、3200Mの距離も長かったようだ。今回は昨年2着に好走したレースで、休み明けも苦にしないタイプ。G2戦なら力量上位は明らかで、鞍上がM.デムーロ騎手にスイッチするのも見逃せない。

△1……ラストインパクトは京都で全7勝中3勝を挙げているコース巧者。一昨年の金鯱賞以来勝利の女神に見放されているが、2走前の海外遠征ではポストポンド、ドゥラメンテの3着に健闘した。この馬も良馬場なら末脚がさく裂する。

△2……現在、ヤマカツライデンは2連勝中。その前走丹頂Sは格上挑戦だったが、マイペースの逃げで後続の追撃を完封。軽量53キロが味方したとはいえ、夏の上がり馬をアピールした。重賞初挑戦のここは試金石となりそうだが、中、長距離戦ではまだ底を見せていない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 キタサンブラック
2 2 ファタモルガーナ      
3 3 アドマイヤデウス      
4 4 ラストインパクト  
5 5 タマモベストプレイ        
6 6 ヤマカツライデン    
7 7 アクションスター        
7 8 サウンズオブアース
8 9 ヒットザターゲット        
8 10 ラブリーデイ

買い目

大多1=8 1=10 1-4 1-6 8=10
綾恵1=10 1=8 1-3 1-4 10=8
山田1=10 1=8 1=2 10=8 10=2 8=2
たま10=1 10=8 10=4 10=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。