IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年5月1日(日)

11R

2016年5月1日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第153回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 |

予想

◎本命はゴールドアクター。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

吉田隼とコンビ結成以来、昨年の有馬記念(G1)Vを含め(7.0.1.0)の好成績。前哨戦の日経賞(G2)は1頭だけ斤量58キロを背負ってサウンズオブアースらをねじ伏せ、格の違いを見せつけた。抜群の操縦性を誇り、好位からの安定した取り口はまさに盤石。気性的に距離延長にも不安がなく、本格化した今では崩れることは考えづらい。堂々の横綱相撲で盾獲りを果たす。

○対抗はキタサンブラック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

優れたレースセンスを誇り、通算(5.1.2.1)。前走・大阪杯(G2)はG1ホース5頭がそろった豪華メンバーで積極的に先手を奪い、クビ差2着に粘り込んだ。勝ち馬のアンビシャスとは2キロの斤量差があったことを考えれば負けて強し。休み明けの競馬としては上々の内容だった。前走から一気に1200M距離延長されるが、京都の長丁場なら菊花賞馬のプライドが黙っていない。スタミナと自在性を武器に好勝負に持ち込む。

▲単穴はシュヴァルグラン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

3歳夏からメキメキと頭角を現し、目下6戦続けて連対中。前哨戦の阪神大賞典(G2)は勝負どころで外々を回りながらも豪快な差し切りで重賞初Vを飾り、充実ぶりを印象付けた。ハーツクライ産駒らしく、成長力に富み、スタミナも十分。今の勢いならG1でも楽しみの方が大きい。

△抑えはサウンズオブアース。△穴はトーホウジャッカル。


今週のワンポイントアドバイス

G1レース2勝目に王手、キタサンブラック

今週から6週連続でG1が行われる。第1弾は芝3200Mで争われる古馬の長距離王決定戦。過去10年のレースから傾向を探ってみたい。

連対馬は1-2、2-11、3-2、12-4、2-4、7-3、14-3、2-3、4-3、2-7番人気の組み合わせで決まった。

1番人気は2006年のディープインパクトの優勝だけと不調だが、これを6、5連対の2、3番人気がカバーし、上位人気としてはまずまずの成績を挙げている。

馬連配当は
3 け た……1回
2000円台…3回
3000円台…1回
6000円台…2回
万 馬 券……3回

2けた人気馬が連に絡んだ年に2万円台、1万円台、6万円台の万馬券が出る波乱となっている。

また、3連単配当は4320円、30万円台、1万円台、22万円台、91万円台、18万円台、145万円台、11万円台、21万円台、23万円台。こちらも12年に145万馬券が飛び出し、10万超の万馬券も7回と大荒れ。一筋縄では収まらないレースとなっているる。ちなみに、3着は8、4、1、5、16、5、2、6、12、10番人気だった。

路線別(着順)は8連対の日経賞(1、10、2、1、1、1、5、1着)がトップ。次いで、大阪杯(1、6、1、3、3着)5連対、阪神大賞典(1、1、10、1着)4連対、京都記念(2、1着)2連対、ダイヤモンドS(1着)1連対の順。

連対馬の80%は前走3着以内。馬券圏外から巻き返しは厳しくなっている。なお、3着を見てみても10頭中8頭がこの条件を満たしている。

関東馬VS関西馬は41頭と127頭で争い、6対14。連対率は15%、11%。連対数で関西馬がリードしているが、率で関東馬が有利となっている。

今年参戦していないが、4頭出走の地方・外国馬は3着が最高成績となっている。

年齢別は4〜8歳上馬が6、7、6、1、0連対。連対率はそれぞれ14、16、18、4、0%。4〜6歳馬の争いとなっている。

また、枠別の成績を見てみると
1枠(4.1.2.12)
2枠(0.1.2.16)
3枠(2.0.1.17)
4枠(2.0.0.18)
5枠(0.1.0.19)
6枠(1.2.3.14)
7枠(0.2.1.23)
8枠(1.3.1.23)
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠と外の5〜8枠に2分すると、1着は8対2、2着が2対8、3着は5対5。1着馬は内枠が有利だが、2着馬は逆に外枠が良く、3着は全くの互角。WIN5なら内枠狙いで、枠連、馬連はどこからでも攻められるという数字が出ている。


◎……キタサンブラックは2カ月ぶり、古馬と初対戦の有馬記念で0秒1差の3着。斤量差があったとはいえ、G1馬5頭がそろった中で菊花賞馬の底力をアピールした。ハイペースで前崩れとなったダービーを除くと(5.1.2.0)。強い4歳世代でもまれてきた経験は大きく、2個目のビックタイトルを奪取する好機だ。

○……サウンズオブアースの2勝は未勝利とはなみずき賞。勝利数では見劣るが、重賞で2着が6回あり、うち2回が菊花賞と有馬記念という実力。ここ2戦でゴールドアクターにクビ、0秒1の遅れを取っているが、14年の菊花賞では3馬身半先着して2着を確保。逆転Vを決める末脚を秘めている。

▲……前走の日経賞をゴールドアクターは2番手から抜け出して快勝。本番を見据えての仕上げで、他馬よりも重い58キロを思えば、着差以上に強い競馬だった。首位争いの一角を形成するのは間違いないが、今回は全馬からマークされる厳しい立場。リズムを崩されると馬群に沈むシーンもある。

△1……穴を出せばアドマイヤデウス。今年2戦は連続3着に敗れたが、京都記念は道悪、阪神大賞典は内で窮屈になったのが痛かった。有馬記念は7着といっても勝ち馬とはわずか0秒3差。スムーズな競馬で力を出し切れば差はない。

△2……シュヴァルグランは阪神大賞典で長距離適性の高さを見せて完勝。3連勝で臨んだ日経新春杯でこそ2着に敗れたが、前走で堂々の重賞初勝利を挙げた。強敵相手のG1で初の58キロを背負うが、今の充実度なら不安より期待の方が大きい。

△3……フェイムゲームは3連覇を狙った前走ダイヤモンドSで2着。豪州遠征帰り初戦で、3カ月半ぶり、トップハンデ58.5キロと不利な条件が重なった。長距離戦での安定感は抜群で、体調面の上積みも大きく、連下にはおさえたい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 キタサンブラック
1 2 トゥインクル      
2 3 カレンミロティック        
2 4 トーセンレーヴ        
3 5 フェイムゲーム      
3 6 アドマイヤデウス      
4 7 ファタモルガーナ        
4 8 シュヴァルグラン
5 9 トーホウジャッカル      
5 10 アルバート        
6 11 タンタアレグリア        
6 12 ヤマニンボワラクテ        
7 13 マイネルメダリスト        
7 14 サトノノブレス        
7 15 サウンズオブアース  
8 16 ファントムライト        
8 17 ゴールドアクター
8 18 レーヴミストラル      

買い目

大多17=1 17=8 17-9 17-15 1=8
綾恵17=8 17=1 17-2 17-15 8=1
山田8=1 8=17 8=18 1=17 1=18 17=18
たま1=15 1=17 1=5 1=6 1=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。