競馬 - 京都記念 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年2月14日(日)

11R

2016年2月14日(日) | 2回京都6日 | 15:35発走

第109回京都記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 |

予想

◎本命はレーヴミストラル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

最大の武器は卓越した瞬発力。前走・日経新春杯(G2)は自己最速の上がり3F33秒1を繰り出して直線一気を決め、本格化の気配を見せた。直線の長い舞台に良績が集中しており、引き続き京都・外回りコースなら勝機十分。このメンバーなら今回もスローペースになる公算が大きく、再び豪脚炸裂のシーンを期待できる。

○対抗はサトノクラウン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新馬→東スポ杯2歳S→弥生賞と3連勝した逸材。レースレコードが飛び出す激戦となった日本ダービー(G1)ではドゥラメンテ(牡馬2冠)の3着まで追い上げ、世代トップ級の実力を証明した。前走・天皇賞・秋は案外な敗戦だったが、中間の調教過程が冴えず本来のデキになかった印象。立て直された今回は一変しても不思議ない。

▲単穴はヤマカツエース。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

年をまたいで重賞2連勝。特に前走・中山金杯は福島記念からハンデ2キロ増、さらに相手も強化された中、好位からの横綱相撲で堂々と押し切った。課題の折り合いにも進境を見せ、地力強化が顕著。目下の充実ぶりなら、2200Mへの距離延長にも対応できるはずだ。

△抑えはタッチングスピーチ。△穴はトーセンレーヴ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇京都11R・京都記念

過去10年、連対馬は1-2、2-1、1-4、3-1、1-3、1-5、5-1、6-3、6-2、3-4番人気の組み合わせで決まった。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…3回
2000円台…1回
3000円台…1回
4000円台…1回

1番人気は4勝2着3回と人気に応えて、2、3番人気も3、4連対とまずまずの成績。上位人気馬の活躍で波乱度は低く、一昨年の4270円が最高配当となっている。

また、3連単配当は6370円、4070円、7万円台、5万円台、3980円、5390円、1万円台、2万円台、8万円台、2万円台。こちらも4けた配当が4回出ており、一昨年の8万馬券が最高配当と大荒れにはなっていない。ちなみに、3着には7、3、11、9、2、2、3、2、4、2番人気馬が入線している。

連対馬のクラス別はG1組12頭、G2組2頭、G3組6頭、オープン特別組1頭。前哨戦が重賞でなかった馬の巻き返しは厳しい。

ステップ(着順)は有馬記念(2、14、2、3、12、7着)が6連対でトップ。3連対で香港ヴァーズ(2、4、6着)、2連対のステイヤーズS(3、4着)の順。

年齢別は4〜7歳上馬が7、5、8、0連対。連対率は24、16、24、0%。7歳以上馬は苦戦中で、4〜6歳馬から軸を選びたい。

性別は牡馬104頭と牝馬16頭で争い18対2。連対率は17、13%。牝馬に厳しいデータが出ている。


◎……ワンアンドオンリーはジャパンC7着(0秒3差)、有馬記念9着(0秒5差)の成績。いずれも掲示板を外したが、2走前は直線で他馬に寄られ、前走はゴール手前で進路が狭まる不利があった。ここ2走は復調をうかがわせるに十分な内容。瞬発力勝負では辛いが、時計がかかればダービー馬の復活シーンが見られる。

○……前走の日経新春杯でレーヴミストラルは重賞2勝目。直線最後方から強襲して後続を2馬身突き放す強い競馬だった。京都外回りは末脚を爆発させるのに絶好の舞台だが、馬場が渋ると不発の恐れもある。

▲……サトノクラウンは前走の天皇賞(秋)で17着と惨敗。ダービー以来5カ月ぶりの実戦で本来の力を出し切れなかったか。もともとは無傷の3連勝で弥生賞を制した素質馬。叩き2戦目のここは警戒が必要だ。

△1……ヤマカツエースは福島記念、中山金杯と重賞2連勝。道中じっくりと脚をため、直線で末脚をさく裂させる競馬が完全に定着した。相手は強化したが、今がピークのデキ。良馬場なら首位争いに加われる。

△2……11番人気の前走有馬記念でアドマイヤデウスは0秒3差の7着。道中でいったん後退して直線盛り返す内容のある競馬を見せた。京都コースは(1.1.2.1)と相性がよく、相手も楽。大駆けがあっても驚けない。

△3……タッチングスピーチはローズSでミッキークイーンとの叩き合いを制しG2勝ち。前走のエリザベス女王杯でも直線猛追してクビ+ハナ差の3着と健闘した。久々と牝馬苦戦のデータで狙いを下げたが、潜在能力はここでもヒケを取らない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ヤマカツエース  
2 2 アドマイヤデウス    
2 3 トーセンレーヴ      
3 4 ショウナンバッハ        
3 5 トウシンモンステラ        
4 6 タッチングスピーチ  
4 7 サトノクラウン
5 8 マイネルディーン        
5 9 レーヴミストラル
6 10 ワンアンドオンリー    
6 11 トラストワン        
7 12 ヒストリカル        
7 13 ミュゼゴースト        
8 14 スズカデヴィアス      
8 15 コスモロビン        

買い目

大多9=7 9=1 9-3 9-6 7=1
綾恵9=1 9=6 9-7 9-10 1=6
山田9=7 9=2 9=14 7=2 7=14 2=14
たま10=9 10=7 10=1 10=2 10=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。