2016年12月4日(日)

11R

2016年12月4日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第17回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

予想

◎本命はアウォーディー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.49.9

ダート転向後、無傷の6連勝。前走・JBCクラシック(交流G1)では歴戦の強豪たちをまとめて破り、新旧交代を宣言した。ダートでは6戦すべて上がり3ハロン最速と抜群の決め手を誇り、自在性のある脚質も魅力。まだ全く底を見せておらず、ポテンシャルは計り知れない。さらに連勝を伸ばし、ダート現役最強を改めてアピールする。

○対抗はゴールドドリーム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.52.3

デビューからダートで(4.2.1.0)の好実績。夏のユニコーンS(G3)を制するなど、3歳屈指の実力を誇る。秋初戦の前走・武蔵野S(G3)は直線でスムーズさを欠きながらも0秒2差2着まで追い上げ、古馬相手に善戦。ひと叩きされて状態は上向いており、今週の追い切りでは栗東坂路で4ハロン50秒8の自己ベストを叩き出した。伸びしろ十分で、一線級相手でも期待は大きい。

▲単穴はノンコノユメ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.50.6

3歳時に破竹の4連勝(重賞3勝)をマーク。昨年の武蔵野S(G3)では斤量58キロで古馬相手に直線一気を決め、鮮烈な勝利を飾った。その後は勝ち鞍がなく伸び悩んでいるが、去勢明けの前走・JBCクラシック(交流G1)では気性面に進境を見せて4着と復調の手応えをつかんだ。昨年の当レースで0秒2差2着と舞台適性は証明済み。叩き2戦目で自慢の末脚が爆発すれば、好勝負に持ち込める。

△抑えはコパノリッキー。△穴はサウンドトゥルー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

春秋G1連覇、モーニン

2008年に東京から阪神に変わり、一昨年から中京で「チャンピオンズC」として行われている。ここでは「ジャパンCダート」時代の2008〜13年の分を含める計8回のレースで傾向を探ってみたい。

過去8年、連対馬は4-7、1-5、1-8、1-5、6-3、3-6、2-8、12-3番人気の組み合わせで決着。上位1〜3番人気は3、1、3連対と不振で、6番人気以下からも6頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
1000円台…2回
4000円台…3回
5000円台…1回
万 馬 券……2回

08年と昨年に1万1710円、1万1040円の万馬券が飛び出し、中穴配当も4回。伏兵馬の台頭を計算した馬券が必要となってぃる。

また、3着に1、12、11、2、9、1、3、5番人気が入線した3連単配当は、6万、13万、9万台、6180円、16万、2万、7万、31万円台。こちらも10万円超の万馬券が3回も出ており、一筋縄では収まらない傾向を見せている。

関東馬17頭、関西馬103頭、外国馬7頭で争い、1、15、0連対。外国馬の参戦はなく、今年も関西馬が中心となる。

路線別は5連対でJBCクラシック組がトップ。4連対で武蔵野S、みやこS組が続いている。連対馬の16頭中13頭を上記3組が占め、8回中5回で1〜3着を独占。この組を外した馬券は考えられない。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、3、6、4、1連対。連対率はそれぞれ11、12、19、15、4%。5歳馬が世代を一歩リードしているが、3歳馬や7歳以上馬などからも連対馬が出ており、世代間格差はない。


◎……モーニンは今春、根岸S→フェブラリーSと連勝して春のダート王に輝いた。前走の武蔵野Sで7着と1番人気に応えられなかったが、酷量の59キロに加え、もまれる展開が応えた。2走前にアウォーディーより2キロも重い58キロでアタマ差の2着。春秋ダートG1連覇のチャンスだ。

○……ダートに転じてアウォーディーは堂々の6戦連勝。どんなレースにも対応でき、コース、馬場状態にも注文がつかずと死角は少ない。ただ、ここ2戦のアタマ、3/4馬身差の競馬を見ると、ピークのデキは過ぎたか。すんなり7連勝を挙げても不思議のないポテンシャルを秘めているが、今回は2番手評価とした。

▲……4カ月の休養明け、初の古馬相手となった前走武蔵野Sでゴールドドリームは0秒2差の2着。道中馬群に包まれ、直線でも前をカットされる不利を受けながらも連を確保した。高額賞金キラーのM.デムーロ騎手がG1で巻き返すシーンも十分に考えておきたい。

△1……ノンコノユメは昨年武蔵野S勝ちから臨んだこのレースで、後方15番手から追い込んで1馬身半差の2着。成長途上の3歳が3番人気に応えた。今年はJBCクラシック4着からの臨戦となるが、4カ月ぶり、輸送減15キロを思えば悪くない。たたき2戦目。末脚勝負にかければ上位争いに絡める。

△2……昨年このレース3着のあとサウンドトゥルーは、東京大賞典でG1初制覇を果たした。その後2、5、3、3、3着と勝ち星はないが、左回りコースに限れば好位につける競馬で十分見せ場を作っている。中京は(1.0.1.0)と好相性。仕掛けどころひとつで差し切れる。

△3……コパノリッキーは前走のJBCクラシックで5着と崩れたが、その前3戦のかしわ記念、帝王賞、南部杯とG1で3連勝を飾った。中でも前々走の南部杯はレースレコードで、後続を0秒3差突き放す完勝だった。ホッコータルマエに次ぐG1レース8勝馬。スピード決着になれば侮れない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 カフジテイク        
2 2 アウォーディー
2 3 ブライトライン        
3 4 アスカノロマン        
3 5 ロワジャルダン        
4 6 モンドクラッセ      
4 7 ラニ      
5 8 サウンドトゥルー  
5 9 ノンコノユメ    
6 10 メイショウスミトモ        
6 11 コパノリッキー  
7 12 ゴールドドリーム  
7 13 ブライトアイディア        
8 14 アポロケンタッキー      
8 15 モーニン    

買い目

大多2=12 2=9 2-8 2-11 12=9
綾恵2=11 2=7 2-12 2-14 11=7
山田2=8 2=15 2=6 8=15 8=6 15=6
たま15=2 15=12 15=8 15=9 15=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。