競馬 - 中日新聞杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年3月12日(土)

11R

2016年3月12日(土) | 2回中京1日 | 15:25発走

第52回中日新聞杯(GIII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

予想

◎本命はアルバートドック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.7

前走・小倉大賞典(G3)で待望の重賞初制覇。鮮やかなイン強襲で接戦に競り勝ち、ひと皮むけた走りを見せた。昨年は菊花賞(G1)にも出走するなど、以前から光る素質を見せていたディープインパクト産駒。課題の折り合い面にも進境を見せており、ハンデ2キロ増となる今回でも楽しみは大きい。前走から中2週だが、このローテで2戦2連対とタフさも兼備。重賞連勝を期待できる。

○対抗はバウンスシャッセ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.7

重賞3勝の実績馬。特に前走・愛知杯(G3)は7カ月の休み明けで直線一気を決める強い内容だった。今回は紅一点の参戦だが、全5勝中4勝を急坂コースで挙げており、牡馬相手でもパワーは引けを取らない。前走で今回と同じハンデ55.5キロもあっさりと克服している。気性的にムラな一面もあるが、鞍上の田辺は本馬とコンビを組んだ2戦で重賞2勝を挙げ、手の内に入れている。引き続き同舞台で牡馬撃破を狙う。

▲単穴はファントムライト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.2

休み明けの前走・白富士Sはクビ差2着に惜敗したが、昨秋以降の近4戦は全て3着以内。重賞でも崩れておらず、安定感は高く評価できる。左回りコースで(2.3.3.1)と相性が良く、ハンデも手頃な55キロ。今回も馬券には加えておきたい。

△抑えはクルーガー。△穴はヒストリカル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

実績一番、バウンスシャッセ

馬場リニューアル後に行われた過去4回の連対馬は6-9、5-1、10-3、5-2番人気の組み合わせで決まった。上位人気同士の決着はなく、勝ち馬はすべて5番人気以下から出ている。

馬連配当は5510円、1470円、6010円、1810円。2けたの人気薄馬の連対も見られるが、万馬券となるような波乱は起こっていない。

また、3連単配当は5万円台、1万円台、14万円台、5万円台。2014年に10、3、4番人気で14万馬券が飛び出したが、3回は6万円以下で決着。大荒れはあまり期待できない。ちなみに3着は1、3、4、6番人気だった。

連対馬8頭のクラス別(着順)は、重賞(2、4、4、2、4、5、3着)7頭と準オープン(1着)1頭。重賞が好成績を挙げ、そこで5着以内が連対へのメドとなっている。

ステップはアメリカJCC(2200M)、中山金杯(2000M)、小倉大賞典(1800M)からそれぞれ2頭が連対。中距離重賞から臨戦した馬が好走している。

年齢別は4〜8歳以上馬が1、2、2、3、0連対。連対率は7、15、11、18、0%。8歳以上馬は連に絡んでいない。

関東馬は21頭出走して2連対(連対率10%)、関西馬が50頭で6連対(同12%)。関西馬が関東馬をリードしている。

性別は牡馬65頭と牝馬6頭で争い、7対1。連対率は11、17%。牝馬は出走数が少ないが、連対率で牡馬を上回っている。

連対馬のハンデは(56、56)(55、55)(54、54)(57、55)キロで1、2着。53キロ以下の軽量馬の連対はなく、トップハンデ馬も15、(5、8、17)、10、(5、9)着とすべて馬券圏外に敗退。54〜56キロの斤量が理想となっている。


◎……紅一点のバウンスシャッセで勝負する。前走の愛知杯は7カ月ぶりで22キロ増。トップハンデ55.5キロを背負ってレース最速の上がりで鮮やかに差し切った。重賞3勝は威張れる実績。前走と同舞台で斤量も据え置きなら牡馬相手でも好勝負になる。

○……ブライトエンブレムは中山金杯で0秒4差の6着。スローの展開に差し切れなかったが、ラストは次走につながる脚を使っていた。昨年の弥生賞2着、皐月賞4着。2000M実績はここでも上位。57キロのハンデでも首位争いに食い込める。

▲……ここ2戦のヒストリカルはチャレンジC2着、京都記念4着。いずれも後方から追い込んだものの、スローの流れに差し切りはかなわなかった。脚をためればラストは確実。仕掛けどころひとつでV奪取できる。

△1……ヤマニンボワラクテは初重賞挑戦の前走アメリカJCCで5着。勝ち馬を別にすれば2着とはわずか0秒1差だった。中山からのコース替わりは好材料で、中京は(2.1.1.0)と得意。立ち回りひとつで差し切れる。

△2……現在クルーガーは1000万下、準オープンを連勝中。デビュー前から栗東の坂路で50秒台をマークするなど素質の片鱗を見せていたが、ここにきてようやく本格化した。2000M戦は(1.1.2.0)とすべて3着以内。初の左回りに対応できれば上位争いに浮上する。

△3……ケツァルテナンゴは前走の富士Sで古馬オープン初勝利。クビ差の勝利だったとはいえ、芝のやや重で上がり33秒8は評価していい。前走より1キロ増の56キロは見込まれたが、左回りは4戦して2勝2着1回の実績。重賞挑戦でも警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ライズトゥフェイム        
1 2 サトノアポロ        
2 3 メドウラーク        
2 4 バウンスシャッセ
3 5 サトノノブレス    
3 6 アングライフェン      
4 7 デウスウルト        
4 8 ブライトエンブレム      
5 9 ショウナンバッハ        
5 10 アルバートドック  
6 11 ケツァルテナンゴ      
6 12 メイショウカンパク        
7 13 レコンダイト        
7 14 ヒストリカル    
7 15 ファントムライト  
8 16 ヤマニンボワラクテ      
8 17 ロンギングダンサー        
8 18 クルーガー    

買い目

大多10=4 10=15 10-14 10-18 4=15
綾恵10=15 10=5 10-4 10-6 15=5
山田4=10 4=15 4=5 10=15 10=5 15=5
たま4=8 4=14 4=11 4=16 4=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。