2016年12月25日(日)

10R

2016年12月25日(日) | 5回中山9日 | 15:25発走

第61回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はキタサンブラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.33.1

前走・ジャパンC(G1)を制してG1レース3勝目。文句なしの逃げ切りでゴールドアクターらを突き放し、卓越した先行力を見せつけた。3歳で参戦した昨年の当レースは僅差3着に敗れたが、当時より格段に力をつけた今なら堂々と主役を張れる。今回も前走同様に絶好の1枠1番(過去4戦4勝)をゲット。同型馬マルターズアポジーの出方は気になるが、番手からでも競馬は可能でハナにはこだわらない。ファン投票1位に応える勝利で現役最強を証明する。

○対抗はゴールドアクター。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.33.0

昨年の当レースを制したグランプリホース。中山では日経賞(G2)、オールカマー(G2)も含めて通算(4.1.0.1)と抜群のコース実績を誇る。前走・ジャパンC(G1)は太め残りが響いて4着に敗れたが、この中間は攻め強化できっちりと調整されて万全の状態。得意の中山で連覇に挑む。

▲単穴はサトノダイヤモンド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

今秋の菊花賞(G1)を制するなど、デビューから7戦5勝。敗れた2戦はレコード決着の皐月賞(G1)3着と落鉄した日本ダービー(G1)2着で、紛れもなく3歳世代トップクラスの1頭だ。古馬とは初対戦だが、舞台不問で常に高いパフォーマンスを発揮できるレース巧者。斤量差を生かせば台頭の可能性は十分にある。

△抑えはサウンズオブアース。△穴はシュヴァルグラン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

今度こそG1奪取、サウンズオブアース

2016年の中央競馬を締めくくる「グランプリ有馬記念」は25日、15時25分に中山競馬場でゲートインする。

キタサンブラックは前走ジャパンCで後続に影をも踏ませぬ逃げで後続を2馬身半差突き離した。公開枠順抽選会で過去4戦4勝(G1レース2勝)の最強1番枠をゲット。今年最後の大一番で再び「キタサンまつり」の大合唱を沸き起こせるか。2億4000万円馬サトノダイヤモンドはデビュー戦からエリート馬として3歳世代を席巻。12年のゴールドシップに続き、古馬の牙城を突破するか。無名の牝馬から生まれたゴールドアクターがグランプリを連覇を飾るか。それとも未勝利、500万下しか勝利していない無冠のサウンズオブアースが大逆転で悲願のG1をもぎ取り、申年の幕を下ろすのか。

過去10年のデータを参考にレース傾向を見てみたい。

過去10年、連対馬は1-6、9-5、1-14、2-1、2-1、1-7、1-10、1-4、4-9、8-5番人気の組み合わせで決まった。1番人気は5勝2着2回と期待に応えているが、2、3番人気は2、0連対と大ブレーキを起こしている。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…1回
3000円台…2回
6000円台…1回
万 馬 券……3回

上位1〜3番人気が連を外した07、14年と、14番人気が2着に健闘した08年に万馬券決着となっている。しかし、1〜4番人気のワンツーで決まった3けた配当も3回。堅いか、荒れるかの両極端の結果が出ている。

一方、3着に3、6、10、11、14、9、2、2、1、4番人気馬が入線した3連単配当は、9680円、80万、98万、1万、6万、7万、2万、5240円、10万、12万円台。4けた配当も2度あるが、10〜90万円台の高配当が4回も飛び出す波乱含みとなっている。

連対馬20頭はすべて重賞からの臨戦で、内訳はG1組17頭、G2組3頭。G1組が断然の強さを見せているが、G2組の3連対はここ4年で記録したもの。格下というだけで切り捨てるのは危険か。

路線別は7連対でジャパンC組がトップ。天皇賞(秋)組と菊花賞組が3連対で並び、エリザベス女王杯組と金鯱賞組2連対の順となっている。

ただ、2走前を見てみると、天皇賞(秋)組から4頭が連対。この4頭を天皇賞(秋)組に加えると計7頭となり、最多連対のジャパンC組と同じ7連対。秋の古馬王道のG1を経由してきた馬が連対馬の70%を占めていることを知っておきたい。

所属別は関東馬が2連対(連対率6%)、関西馬は18連対(同16%)、地方馬は連対なし。関西馬が関東馬を圧倒している。

また、年齢別は3〜7歳上馬が6、8、5、0、1連対。連対率はそれぞれ17、21、12、0、6%。6歳以上馬は苦戦している。

3頭の牝馬参戦で気になる性別は、牡馬が133頭で15連対(連対率11%)、牝馬は18頭で5連対(同28%)。牝馬は連対数で見劣るものの、率で牡馬を上回っている。


◎……サウンズオブアースはいまだ2勝馬だが重賞で2着7回。G1は菊花賞(14年)、昨年の有馬記念、今年のジャパンCと2着に入線している。前走ジャパンCも勝ちに行く競馬で早めに動いたが、直線寄られる不利を受けて0秒4差届かなかった。中山に勝ち星はないが、G1、G2で2着とむしろ得意なコース。仕掛けどころひとつで悲願のG1タイトルを奪取できる。

○……サトノダイヤモンドは菊花賞から直行。やや間隔は空いたが、ここ10年で3頭が連対し、うち2頭は菊花賞馬だった。皐月賞は2カ月半ぶりの競馬で3着、ダービーは落鉄のアクシデントがありながらもハナ差の2着。古馬との2キロ差を生かし切れば戴冠も十分ある。

▲……前走のゴールドアクターは馬体重8キロ増。勝ち馬にプレッシャーをかけるべき筆頭だったが、勝負どころで行きっぷりが鈍く並ぶことさえできなかった。馬体が絞れていることが条件となるが、中山は6戦5連対の舞台。グランプリ連覇も夢ではない。

△1……キタサンブラックは究極の仕上げでジャパンCを勝利。京都、東京に続き「キタサンまつり」の大合唱を狙っているが、秋3戦目でどれだけお釣りがあるか。さらに今回はすんなりとハナに立てない展開。ライバルの厳しいマークは必至と見て押さえの筆頭とした。

△2……前走のG2金鯱賞を勝って勢いに乗るヤマカツエース。天皇賞(秋)組やジャパンC組の王道組に比べると、戦歴がパンチ不足なのは否めない。ただ、昨年2月のアーリントンCから15戦連続で重賞に参戦して4勝をマーク。強敵相手に地力を付けてきた。モマれてひるまない勝負根性があり、今の充実度なら大駆けもある。

△3……3頭出走の牝馬の中では春にG1宝塚記念を制したマリアライトを最上位視したい。大外16番枠はマイナス材料(優勝馬は13番まで)だが、牝馬連対の条件となる牡馬相手のG1を勝利しているのは大きな魅力。春秋グランプリ連覇につながる大駆けを警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 キタサンブラック
1 2 ゴールドアクター  
2 3 ムスカテール        
2 4 ヤマカツエース      
3 5 サムソンズプライド        
3 6 サウンズオブアース  
4 7 マルターズアポジー        
4 8 ミッキークイーン      
5 9 ヒットザターゲット        
5 10 アドマイヤデウス        
6 11 サトノダイヤモンド  
6 12 サトノノブレス        
7 13 デニムアンドルビー        
7 14 シュヴァルグラン    
8 15 アルバート        
8 16 マリアライト  

買い目

大多1=2 1=11 1-6 1-14 2=11
綾恵11=1 11=2 11-6 11-16 1=2
山田1=8 1=16 1=14 8=16 8=14 16=14
たま6=11 6=2 6=1 6=4 6=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。