IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年3月21日(月)

11R

2016年3月21日(月) | 2回中山8日 | 15:45発走

第30回フラワーカップ(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はゲッカコウ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.48.6

前走は向正面から自ら動いて先頭へ。そのまま長く良い脚を使って後続を完封し、レース巧者ぶりを見せつけた。重賞は初めてだが、このメンバーで2勝を挙げているのは本馬とペルソナリテの僅か2頭のみ。牡馬を相手に善戦してきた実績からも、牝馬同士なら期待は大きい。器用さが生きる中山コースで連勝を狙う。

○対抗はエンジェルフェイス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.47.0

芝1800Mの前走を淀みないペースで逃げ切って好時計V。昇級初戦から重賞に挑むが、このメンバーでも持ち時計はダントツに速い。姉に中山牝馬S(G3)を逃げ切ったレディアルバローザや、クイーンS(G3)勝ち馬キャトルフィーユがおり、血統も良質。マイペースで先行できれば押し切りの場面まで。

▲単穴はラブリーアモン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.50.1

レースレコードが飛び出した前走・クイーンC(G3)で4着(同着)に健闘。ペースが速く後方に置かれたが、終いの脚には見どころがあった。今回はメジャーエンブレムのような快速馬はおらず、前走より追走は楽になるはず。最内枠を利して、前々から抜け出しを図りたい。

△抑えはペルソナリテ。△穴はルフォール。


今週のワンポイントアドバイス

混戦に断、ゲッカコウ

過去10年、連対馬は6-1、1-6、1-8、11-1、3-4、5-1、6-1、2-3、3-4=3-6、1-12番人気の組み合わせで決まった(2011年は阪神競馬で、一昨年は2着同着)。

1番人気は7連対と人気に応えているが、2、3番人気が1、3連対と不振。代わりに6番人気以下から7頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は
1000円台…5回
2000円台…5回
万 馬 券……1回

昨年12番人気のアースライズが2着に健闘して1万2520円と荒れたが、ほかはすべて3000円未満で決着。基本的には平穏に収まる傾向を見せている。

一方、3着に8、12、2、2、1、7、10、6、4=6(2着同着)、2番人気が入線した3連単配当は、6万円台、4万円台、1万円台、7万円台、1万円台、3万円台、11万円台、2万円台、2万円台=2万円台、8万円台。12年に11万馬券が飛び出したものの、そのほかは1〜8万円台で決着。全体としての波乱度は低い。

連対馬のクラス別(着順)は、重賞5頭(1、4、1、9、5着)、オープン特別1頭(2着)、500万下10頭(1、1、1、4、13、1、4、1、1、1着)、新馬1頭(1着)、未勝利4頭(1、1、1、1着)。

オープンの6連対に対して、500万下以下が15連対。重賞が優勢というデータはなく、格は気にしなくてもよさそう。また、前走成績も500万下で13着から巻き返した例もあり、前哨戦の着順も気にしなくてもいいようだ。

◎……16頭中14頭が1勝馬で混戦必至の牝馬G3戦。本命に2勝馬のゲッカコウを指名する。3コーナー先頭から新馬戦を勝ち、前走中山の500万下も向こう正面からハナに立ってそのまま押し切った。舞台経験があり、自在性を生かしきれば重賞制覇のチャンスだ。

○……ルフォールは中団に控えたデビュー戦を1馬身半差で快勝。前走クイーンCは3カ月半ぶりで8着に敗れたが、レース最速の34秒3の上がりで迫った内容は悲観するものではない。初戦の勝ちっぷりから距離延長に問題はなく、たたき2戦目の変わり身が期待できる。

▲……新馬、オープン特別をペルソナリテは連勝。その後重賞で3連敗しているが、休養明けで6着となった阪神ジュベナイルFはここで胸を張れる。初の1800M戦となるがレースぶりから距離はOK。戦ってきた相手からV争いは間違いない。

△1……前走阪神の芝1800Mをエンジェルフェイスは1分47秒0の好タイムで逃げ切った。脚質から目標になる不利はあるものの、全姉レディアルバローザが中山牝馬S勝ちの良血馬。コース適性の高さから連勝も狙える。

△2……ラブリーアモンは5戦目での未勝利勝ちだったが、時計が優秀だった。その後フェアリーS6着、クイーンC4着。ベストは直線の長い東京コースだろうが、仕掛けどころひとつで勝ち負けに持ち込める。

△3……前走の東京芝1800Mでフェイズベロシティは初勝利。スタートは出していけなかったが中団でじっくりと構え、直線鮮やかに差し切った。相手は強くなるが、一戦ごとに力を付けていることは確か。要警戒だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ラブリーアモン  
1 2 フェイズベロシティ      
2 3 ゲッカコウ
2 4 アオイサンシャイン        
3 5 ギモーヴ        
3 6 ヴィブロス    
4 7 ラルク      
4 8 ルフォール  
5 9 エンジェルフェイス
5 10 ウインクルサルーテ        
6 11 エテルナミノル        
6 12 ペルソナリテ    
7 13 アオイプリンセス        
7 14 カジノクイーン        
8 15 ゴッドカリビアン        
8 16 フジマサアクトレス        

買い目

大多3=9 3=1 3-8 3-12 9=1
綾恵3=9 3=6 3-7 3-8 9=6
山田9=3 9=1 9=6 3=1 3=6 1=6
たま3=8 3=12 3=1 3=2 3=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。