2016年3月6日(日)

11R

2016年3月6日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第53回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はリオンディーズ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.02.2

特筆すべき特徴は母シーザリオ(日米オークス制覇)から受け継いだケタ外れの瞬発力。デビュー戦はラスト2ハロン11秒1→11秒0という極限の上がり勝負を末脚一閃。続く朝日杯FS(G1)では驚愕の大外一気でエアスピネルを並ぶ間もなく抜き去り、わずかキャリア1戦で2歳王者に輝いた。阪神で急坂も難なくクリアしており、潜在能力は計り知れない。無傷の3連勝で本番の皐月賞に王手をかける。

○対抗はエアスピネル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

新馬→デイリー杯2歳S(G2)を連勝。それぞれ好位からの正攻法で楽々と抜け出し、レースセンスの高さを示した。前走・朝日杯FSはリオンディーズの決め手に屈したが、持ち前の器用さを生かせる中山・内回りコースなら見直しが必要。折り合い面の不安もなく、母エアメサイアが2000Mの秋華賞(G1)勝ち馬という血統背景からも距離延長は好材料だろう。この舞台ならリオンディーズと比較しても差はないはずだ。

▲単穴はマカヒキ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.4

前走・若駒Sを休み明けで楽勝。1000M通過63秒4のスローペースにしっかりと折り合い、上がり3F32秒6の豪脚で他馬を蹴散らした。小柄なタイプが多いディープインパクト産駒の中で本馬は馬格に恵まれ、スケールは全姉のウリウリ(重賞2勝)をはるかに上回る。再度、決め手勝負なら互角に渡り合えるはずだ。

△抑えはタイセイサミット。△穴はアドマイヤエイカン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力互角、タイセイサミット

本番と同じ芝2000Mで行われる皐月賞トライアル。上位3頭に優先出走権が与えられる。

過去10年、連対馬は1-6、1-6、2-1、1-5、1-2、1-7、9-3、6-10、1-4、2-4番人気の組み合わせで決まった。1番人気馬は7連対と上々の成績だが、2、3番人気が3、1連対と不振。代わりに6番人気以下から6頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…2回
7000円台…1回
万 馬 券……1回

2012年に7830円の中波乱となり、13年には5万2300円が飛び出したが、8回は4000円未満で決着。基本的には平穏に収まる傾向を見せている。

一方、3連単配当は6万円台、6650円、2万円台、2万台円、5050円、1万円台、12万円台、46万円台、3850円、18万円台。11年までは比較的堅い配当だったが、ここ4年間で12万、46万、18万円の馬券が3回も飛び出す波乱となっている。ちなみに3着は5、2、7、7、7、5、5、2、2、10番人気だった。

連対馬の距離別は1600M5頭、1800M8頭、2000M7頭。マイルから中距離2000Mをステップにした馬が好成績を残している。

前走成績は1〜5着馬の11、2、0、4、1頭と7着2頭。前哨戦で掲示板を外した馬の巻き返しは厳しくなっている。

クラス別は重賞14頭、オープン特別2頭、500万下2頭、新馬と未勝利がそれぞれ1頭。オープンが連対馬の80%を占めている。

路線別は4連対でラジオNIKKEI杯2歳S(今年出走馬なし)がトップ。次いで3連対の朝日杯フューチュリティS、2連対できさらぎ賞、若駒Sなどが続いている。

キャリア別は、1〜8戦馬が1、1、6、3、4、4、1、0連対。連対率は25、9、19、12、18、36、11、0%。8戦以上でなければ連対可能だが、良績はキャリア3〜6戦に集中している。

関東馬57頭、関西馬65頭、地方馬3頭で争い、8、12、0連対。長距離輸送をものともせずに関西馬が好成績を残している。


◎……タイセイサミットは東京スポーツ杯2歳S、朝日杯フューチュリティSで6、7着。2戦とも出遅れて、直線でも前が壁になる不利があった。不満の残る競馬が続いたが、前走の寒竹賞を後方から鮮やかに差し切りV。勝ちタイムも同週の中山金杯を0秒5も上回った。コース経験の強みがあり、関東への長距離輸送も3度目。重賞戦でも互角の能力を秘めている。

○……新馬、若駒Sとマカヒキはムチを使わず連勝。しかも前走はラスト3ハロン32秒6の驚異的な末脚で差し切った。キャリア2戦でも底知れぬ決め手を秘めていることは間違いなく、3連勝で皐月賞に名乗りを上げても不思議はない。

▲……前走の朝日杯フューチュリティSでリオンディーズは出遅れて最後方に置かれたが、レース最速の上がり33秒3で快勝。母が日米オークス馬シーザリオで、兄にエピファネイアを持つ良血馬。デビュー戦で2000Mを勝利しており、こちらも無傷での皐月賞進出が視野に入る。

△1……エアスピネルは前走の朝日杯フューチュリティSで0秒1差の2着。中団でじっくりと脚をため、直線抜け出すセオリー通りの競馬を見せたが、ゴール寸前で勝ち馬に交わされた。血統から2000M戦は望むところ。勝って主役の座を取り戻したい。

△2……デビュー戦を快勝した後にモーゼスは凡走が続いたが、積極策に転じた前走で0秒1差の3着。正攻法の競馬では厳しいが、好スタートからマイペースの競馬ができればアッといわせるシーンがあっても驚けない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アドマイヤエイカン      
2 2 シャララ        
3 3 タイセイサミット  
4 4 エアスピネル
5 5 ヴィガーエッジ        
5 6 モウカッテル        
6 7 ケンホファヴァルト        
6 8 イマジンザット      
7 9 モーゼス    
7 10 リオンディーズ
8 11 マカヒキ
8 12 エディクト        

買い目

大多10=4 10=11 10-1 10-3 4=11
綾恵10=11 10=4 10-8 10-9 11=4
山田10=4 10=11 10=3 4=11 4=3 11=3
たま3=11 3=10 3=4 3=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。