2016年2月28日(日)

11R

2016年2月28日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第90回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はドゥラメンテ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.9

昨春のクラシック2冠馬がいよいよ復帰。皐月賞(G1)はインから大外へ斜行しながら豪快な差し切りV、日本ダービー(G1)はレースレコードを叩き出して他馬を一蹴。いずれもケタ外れの強さで世代の頂点を極めた。その後、骨折が判明したが、幸い症状は軽度。最終追い切りの動きは軽快で、態勢は整ったと見てよさそうだ。初めて古馬を相手にするが、同期のサトノクラウンが先々週の京都記念(G2)を圧勝しており、世代間の壁も気にならない。復帰初戦でどんなパフォーマンスを見せるのか注目の1戦だ。

○対抗はリアルスティール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.47.1

昨年のクラシックで2、4、2着。惜しくも無冠に終わったが、骨折や折り合いの課題を乗り越え、世代の最前線で上位争いを続けてきた。芝1800Mで(2.1.0.0)と相性が良く、共同通信杯(G3)では僅かキャリア1戦でドゥラメンテを撃破。今回はドゥラメンテが故障明けの上に、斤量面でも2キロのアドバンテージがあり、再びチャンスが巡ってきた。しっかりと存在感を示したいところだ。

▲単穴はイスラボニータ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.8

一昨年の皐月賞(G1)を含めて通算14戦で(6.2.4.2)。日本ダービー(G1)2着、天皇賞・秋(G1)2年連続3着など、現役トップクラスの能力を示してきた。前走・マイルCS(G1)は出遅れが響き0秒2差の3着。一昨年秋のセントライト記念(G2)V以降、かつての勝負強さは影を潜めているが、実績的に軽視できない。休み明けでも鉄砲は利くタイプだけに、クラシックホースの意地に期待したい。

△抑えはアンビシャス。△穴はロゴタイプ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚互角、フルーキー

過去10年、連対馬は6-1、6-3、2-7、1-4、13-12、1-4、3-7、2-3、2-4、3-2番人気でワンツーした。上位1〜4番人気は3、4、4、3連対とまずまずの成績を残しているが、6番人気以下からも6頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…3回
2000円台…1回
3000円台…1回
4000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……1回

2010年に13、12番人気の1、2着で1万8080円と荒れたが、9回は7000円未満。全体としては平穏に収まる傾向を見せている。

また、3着に4、5、1、2、5、3、4、8、3、4番人気が入線した3連単配当は、3万円台、5万円台、2万円台、1万円台、53万円台、4210円、9万円台、2万円台、3万円台、7520円。こちらも馬連万馬券の出た10年に53万馬券が飛び出す波乱となったが、ほかはすべて9万円台以内に収まっている。

ステップ別(着順)は3連対で有馬記念(1、7、10着)がトップ。2連対で天皇賞・秋(13、1着)、マイルCS(2、4着)、東京新聞杯(2、4着)などが続いている。

東西対決は関東馬74頭と関西馬60頭で争い、10対10。連対率は14%と17%。連対数は互角だが、率で関西馬が一歩リードしている。

年齢別は4〜8歳以上馬が2、7、6、3、2連対。5歳馬と6歳馬が世代争いを繰り広げている。


◎……2冠馬ドゥラメンテの強さは周知の通りだが、骨折明けで9カ月ぶりでは絶好調時のデキは期待できない。本命にフルーキーを抜擢する。2走前のチャレンジCで待望の重賞初制覇を果たし、前走の中山金杯で57.5トップハンデを背負って3着。他馬との斤量差で勝利は逃したが、上がり32秒7の豪脚で0秒2差まで迫った。芝1800Mは(3.1.0.1)と得意。実績馬相手でも互角以上の決め手を秘めている。

○……昨秋のイスラボニータは毎日王冠、天皇賞(秋)、マイルCSと3戦連続で3着。勝ち切れないもどかしさはあったが、G1馬の地力を見せた。3カ月ぶりとなるが、鉄砲は2、1、1、5、3着。皐月賞を制した舞台で巻き返しがあっても不思議はない。

▲……ラストインパクトは昨秋、古馬の王道、天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念に出走して12、2、12着。ジャパンCの2着が光り、前走の有馬記念も敗れたとはいえ、0秒6差と着順ほど大きく負けていない。末脚を生かせる展開になれば出番は十分ある。

△1……昨春のパフォーマンスからドゥラメンテの能力は疑いのないところだが、先に述べたとおり、骨折明けで9カ月ぶりの実戦。さらなる飛躍へ期待のかかる16年の初戦だが、今回は△評価に留めたい。

△2……アンビシャスは昨年の共同通信杯でリアルスティール、ドゥラメンテに続く3着。中山は初コースとなるが芝1800Mは(1.0.2.1)と悪くない。4カ月ぶりでもラジオNIKKEI賞を勝利したルメール騎手へのスイッチだけに軽視できない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 サトノギャラント        
2 2 リアルスティール  
3 3 ロゴタイプ  
4 4 マイネルラクリマ        
5 5 フルーキー      
6 6 イスラボニータ
6 7 ラストインパクト    
7 8 レッドレイヴン        
7 9 ドゥラメンテ
8 10 アンビシャス    
8 11 カオスモス        

買い目

大多9=2 9=6 9-3 9-10 2=6
綾恵6=9 6=3 6-2 6-7 9=3
山田2=9 2=3 2=6 9=3 9=6 3=6
たま5=6 5=7 5=9 5=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。