IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年11月6日(日)

11R

2016年11月6日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第54回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

予想

◎本命はシュヴァルグラン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

芝2400M以上で(4.1.1.0)のステイヤー。阪神大賞典(G2)で重賞初制覇を飾り、天皇賞・春(G1)では0秒2差3着に入るなど、優れたスタミナを誇る。前走・宝塚記念(G1)は9着に敗れたが、これは直線での不利が響いた結果。このメンバー構成なら、ハンデ頭でも格好はつけてくれるはず。

○対抗はヴォルシェーブ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

近5走が3、2、1、2、1着と全て馬券圏内。屈腱炎による長期休養を挟んだが、非凡な決め手とスタミナを武器にオープンまで駆け上がってきた。左回りで(3.2.0.0)と相性が良く、東京で2勝。相手は強化されるが、ハンデ差を生かして上位を狙いたい。

▲単穴はクリールカイザー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.30.4

優れた先行力があり、昨年の当レースでは2着を確保。続くアメリカJCC(G2)では逃げ切り勝ちを飾り、重賞ウイナーの仲間入りを果たした。その後は結果ひと息だが、今回の単騎逃げ可能なメンバー構成はプラスになりそう。他の有力馬は休み明けが多く、粘り込みを警戒したい。

△抑えはアルバート。△穴はモンドインテロ。


今週のワンポイントアドバイス

G1馬復活、ワンアンドオンリー

過去10年、連対馬は1-2、2-10、3-2、11-4、1-2、3-1、2-3、7-4、2-4、1-4番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は4、6、3連対とまずまずの成績で、人気薄からの連対は7、10、11番人気の3頭だけとなっている。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…5回
5000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……1回

2000円未満の堅い配当7回に対して、上位人気が連から消えた2009年に1万3520円と荒れ、5000円以上配当も3回。伏兵馬の台頭も視野に入れておきたい。

また、3連単配当は1万、17万、1万、92万、4万、4万、1万、7万、1万、1万円台。4けた配当の決着はないが、07年に17万馬券が出て、09年にも92万馬券が飛び出す波乱となっている。ちなみに、3着は6、9、1、10、9、8、6、3、3、3番人気だった。

クラス別(着順)は、重賞(3、6、9、14、5、3、4、4、6、3、7着)組11頭、オープン特別(1、4着)組2頭、準オープン(2、1、1、2、1、1着)組6頭、1000万下(1着)組1頭。オープン組が半数を超える13連対と格上の存在感を見せている。なお、重賞組は前走着順に関係なく巻き返しが可能となっているが、条件組は1、2着に好走していることが連対条件となっている。

路線別はオールカマー組が5連対でトップ。次いで、4連対で京都大賞典組とオクトーバーS組が並び、2連対のアイルランドT組の順。

また、年齢別は3〜7歳以上馬が0、11、4、5、0連対。連対率は0、26、9、12、0%。4歳馬が他世代を大きくリードしている。

トップハンデ馬は2、14、(3、9)、(1、4、9)、(1、8)、2、4、(2、3、8)、9、4着の成績。10回中6回で馬券対象となっているハンデ頭は軽視できない。

関東馬は92頭出走して7連対(連対率8%)、関西馬が79頭で13連対(同17%)。関西馬が関東馬を圧倒している。


◎……一昨年のダービー馬ワンアンドオンリーの復活Vにかけたい。神戸新聞杯の勝利以降連に絡んでいないが、昨秋はジャパンCで0秒3差、有馬記念も0秒5差。前走のオールカマーも3カ月ぶりを思えば0秒4差は悲観するものではない。父ハーツクライの成長力を振り返るとこのまま終わることはないはず。G1馬の底力を見せてほしい。

○……前走の宝塚記念でシュヴァルグランは9着。昨年夏以来続けていた馬券対象を外したが、直線で前がふさがる不利があったことを思えば、そんなに気にしなくてもよさそうだ。ここまで14戦して3着以内が11回と安定感は抜群。3走前に福永騎手とのコンビで阪神大賞典Vと相性もいい。

▲……昨年冬にアルバートは4連勝でステイヤーズSを快勝。2着を5馬身ちぎって重賞初制覇を飾った。その後勝ち切れずにいるが、G1、G2戦で相手も強かった。東京コースで3勝の良績。半年ぶりの実戦でも背負い慣れた57キロなら軽視はできない。

△1……モンドインテロは2400M前後の長距離を狙い済まして地力アップを続けてきた。前走の札幌日経オープンも長くいい脚を使って抜け出し、着差以上に強い競馬を見せた。3カ月ぶりとなるが、ルメール騎手とは3戦2勝と好相性だ。

△2……前走の日本海Sをヴォルシェーブは快勝。着差はクビだったが、新潟の芝2200M(内回り)でレース最速の上がり33秒4をマークした。脚元の不安で長欠があり、5歳馬でもまだキャリア13戦。馬は若く、血統的にも上を狙える能力を秘めている。

△3……フェイムゲームは一昨年のアルゼンチン共和国杯を勝ち、昨年はダイヤモンドSを勝利。続く、天皇賞(春)でも2着と長距離戦で好走した。ここ2戦のG1では8、17着と凡走しているが、一息入れての参戦。立ち直っていれば上位争いに浮上する。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 モンドインテロ  
2 2 トレジャーマップ      
2 3 ワンアンドオンリー    
3 4 ショウナンバッハ        
3 5 アルバート  
4 6 クリールカイザー      
4 7 コスモロビン        
5 8 フェイムゲーム    
5 9 マイネルメダリスト        
6 10 プレストウィック        
6 11 シュヴァルグラン
7 12 レコンダイト        
7 13 ヴォルシェーブ  
8 14 フェスティヴイェル        
8 15 ムスカテール      

買い目

大多11=13 11=6 11-1 11-5 13=6
綾恵11=1 11=8 11-3 11-13 1=8
山田11=5 11=15 11=2 5=15 5=2 15=2
たま3=11 3=5 3=1 3=8 3=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。