sportsnavi

2016年10月30日(日)

11R

2016年10月30日(日) | 4回東京9日 | 15:40発走

第154回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はルージュバック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.8

休養を挟んで牡馬相手に重賞2連勝。前哨戦の毎日王冠(G2)では同レース23年ぶりとなる牝馬Vの快挙を成し遂げ、完全に本格化した。もともと昨年の春2冠でいずれも1番人気に推されたほどの素質馬。相手は更に強化されるが、ひと叩きされて再び得意の東京(3.1.0.1)なら期待は大きい。目下の勢いのまま秋の盾を制し、名牝の仲間入りを果たす。

○対抗はモーリス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.02.0

春のチャンピオンズマイル(国際G1)まで破竹の7連勝。春秋マイルG1制覇を達成し、香港でもG1連勝を挙げるなど国内外で大活躍した。近2走はともにマイペースで逃げた勝ち馬を捕らえ切れなかったが、連対を外さないあたりは地力の高さゆえ。課題の折り合いをクリアして2000Mの距離にもメド。世界の名手・ムーアとのタッグで「2階級制覇」に挑む。

▲単穴はエイシンヒカリ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.3

通算13戦10勝。フランス遠征のイスパーン賞(国際G1)では後続を10馬身ちぎる圧勝を飾り、ワールドベストレースホースランキングで堂々1位となる129ポンドの評価を受けた(現在2位タイ)。卓越した先行力を誇る半面、気性的なモロさも同居するタイプだが、このメンバーで最内枠ならマイペースの単騎逃げ可能。休み明けで4戦4勝と鉄砲も利くだけに、簡単に止まることはないだろう。

△抑えはアンビシャス。△穴はステファノス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

距離歓迎、ラブリーデイ

フルゲートに満たない15頭立てでも、多士済々なメンバーが集結した。昨年の年度代表馬モーリス、連覇を狙うラブリーデイ、エイシンヒカリとリアルスティールは春に海外G1を制覇しての参戦。さらに紅一点のルージュバックと大激戦になった。

紅葉広まる府中のターフで盾を手にするのはどの馬か。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は4-7、1-7、1-2、5-7、1-4、7-2、5-1、5-1、5-2、1-10番人気の組み合わせで決まった。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…2回
3000円台…2回
4000円台…2回
7000円台…2回
万 馬 券……1回

1番人気は6連対(4勝2着2回)とまずまずの成績を上げているものの、2、3番人気が3、0連対と不調。万馬券は2009年の1万6490円だけで、全体としては平穏に収まる傾向を見せている。

しかし、3着に2、6、3、1、2、6、2、3、1、6番人気が入線した3連単配当を見てみると、6万、18万、3250円、10万、7480円、21万、3万、1万、2万、10万円台。10万超の高配当が4回も飛び出す難解なレースとなっている。

連対馬20頭はすべて重賞からの臨戦で、内訳はG1組5頭、G2組15頭。その時の成績は、1〜5着の7、5、2、1、2頭と、7着1頭、9着2頭。前走5着以内に好走していることが、連対への理想となっている。

ステップは毎日王冠組が10年連続で10連対と好相性を見せて、次いで宝塚記念組が5連対。ほかの5頭はばらばらで、オールカマー、大阪杯、札幌記念、セントライト記念、京都大賞典からの参戦だった。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、9、8、0、1連対し、連対率は13、23、16、0、2%。4、5歳馬が強く、6歳以上馬は苦戦している。

また、性別は牡馬が161頭出走して15連対(連対率9%)、牝馬は13頭で5連対(同39%)。牝馬は連対数で見劣るものの、率で牡馬を大きく上回っている。


◎……ラブリーデイは今年4戦して前走の京都大賞典の3着が最高成績。重賞4連勝を含む重賞6勝を挙げた昨年の勢いはないが、距離が長いと見られていた前走でキタサンブラックと0秒1差の3着なら悲観することはない。6歳馬不振のデータは気になるものの、全9勝中7勝を1800〜2200M戦で挙げている中距離巧者。距離短縮は歓迎で、連覇も十分に期待できる。

○……前走の毎日王冠でアンビシャスはクビ差の2着。ルージュバックの決め手に屈したが、57キロと54キロの斤量差が響いた。2月の中山記念でドゥラメンテとクビ差、続く大阪杯では逃げるキタサンブラックを差し切るパフォーマンス。能力G1級は明らかで、ツボにはまればディープインパクト譲りの末脚がさく裂する。

▲……前走の毎日王冠でステファノスは5着。直線で前が壁になり、しっかりと追えたのはラスト1ハロンだけの不完全燃焼に終わった。昨年、香港クイーンエリザベス2世C、天皇賞(秋)とG1で2着。使っていいタイプで、昨年も7着から本番で2着と一変して見せた。一度使われた上積みは大きくG1奪取も夢ではない。

△1……モーリスは昨年、6戦全勝で年度代表馬&最優秀短距離馬に輝き、今年初戦のチャンピオンズマイル(香港)も制覇して「最強マイラー」を証明した。しかし、ここ2戦は逃げた馬をとらえ切れずに末脚不発の2着。特に前走の札幌記念では2000Mへの距離不安を見せた。人気を集めるだろうが、今回は連下の筆頭とした。

△2……王道ステップの毎日王冠を制してルージュバックは堂々と盾の舞台へ駒を進めてきた。東京コースは3勝と得意だが、ここ2戦はいずれも1800M戦。1ハロン距離延長がカギで、さらに前走より2キロ増の56キロも牝馬にとっては酷量となる。牡馬一線級を相手に2戦続けての末脚爆発は厳しいと見た。

△3……リアルスティールは3月のドバイターフ(1800M)で海外G1を制して凱旋帰国。前走の安田記念で2番人気に推されたが、11着と期待を裏切った。調整遅れで毎日王冠をパスしたが、目標をここに切り替えての参戦。マイルでは完敗したが、2000Mなら巻き返しがあっても不思議はない。

Yahoo! toto
Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エイシンヒカリ    
2 2 クラレント        
2 3 アンビシャス  
3 4 サトノクラウン        
3 5 ロゴタイプ      
4 6 アドマイヤデウス        
4 7 サトノノブレス      
5 8 モーリス  
5 9 ルージュバック
6 10 カムフィー        
6 11 ヒストリカル        
7 12 リアルスティール  
7 13 ヤマカツエース        
8 14 ステファノス    
8 15 ラブリーデイ      

買い目

大多9=8 9=1 9-3 9-14 8=1
綾恵8=1 8=12 8-7 8-9 1=12
山田3=9 3=12 3=5 9=12 9=5 12=5
たま15=3 15=14 15=8 15=9 15=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。