2016年5月29日(日)

10R

2016年5月29日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第83回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

予想

◎本命はディーマジェスティ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞(G1)を豪快な差し切りで制して1冠奪取。展開が向いたとはいえ、4角大外からサトノダイヤモンドら「3強」を飲み込んでのレースレコードVは圧巻の一言だった。デビューから(3.2.0.0)のパーフェクト連対で、東京コースでは共同通信杯(G3)を含め2戦2勝。折り合いに不安がなく、2400Mに距離が延びても問題ない。当レース過去10年で6勝、2着2回と絶好の1枠から2冠達成に挑む。

○対抗はサトノダイヤモンド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから3連勝できさらぎ賞(G3)V。余力十分にレースレコードをマークし、並外れた素質を見せつけた。前走・皐月賞で初めて敗れたが、きさらぎ賞からの「直行ローテ」で間隔が空いていた上に、直線で不利を受けたことを考えれば3着確保は及第点。もともとダービーを主眼に置いて調整されており、デキは陣営の思惑通りに上昇の一途をたどっている。鞍上のルメールは先週だけで計10勝の固め打ち。目下、絶好調のリーディングジョッキーの手綱で逆転戴冠を狙う。

▲単穴はリオンディーズ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

巻き返しを狙う昨年の2歳王者。前走・皐月賞(G1)は折り合いを欠いて5着(降着)に敗れたが、1000M通過58秒4のハイペースを先行して大崩れしなかったのだから、やはり地力は高い。昨年の朝日杯FS(G1)では最後方からの直線一気で他馬を飲み込んだように、瞬発力は特筆もの。距離延長は歓迎できないが、道中で脚がたまれば反撃を期待できる。

△抑えはマカヒキ。△穴はスマートオーディン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚さく裂、スマートオーディン

2013年に誕生したサラブレッドは6913頭。し烈な戦いを勝ち抜いてきた精鋭18頭が府中の杜に集結した。

3強対決といわれた皐月賞は8番人気のディーマジェスティの勝利で波乱となったが、第2冠「日本ダービー」を勝ち取るのはどの馬か。過去10年のレースから傾向を見てみたい。

連対馬は1-4、3-14、1-12、2-5、7-5、1-10、3-5、1-3、3-1、1-5番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は6、1、4連対とほめられた成績ではないが、7番人気のエイシンフラッシュが優勝した2010年を除くと、勝ち馬9頭は3番人気以内から出ている。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…2回
3000円台…2回
5000円台…1回
万 馬 券……3回

牝馬のウオッカが優勝した07年に5万4470円と荒れ、08、10年も万馬券が出ているが、ここ3年は2000円未満でほぼ順当な結果となっている。

一方、3連単配当は1万円台、215万円台、20万円台、20万円台、15万円台、10万円台、8万円台、5万円台、10万円台、1万円台。馬連5万馬券の年に215万馬券が飛び出し、10万超の高配当も5回。一筋縄では収まらない難解なレースとなっている。ちなみに、3着は7、4、6、8、1、8、7、8、12、3番人気だった。

ステップは皐月賞が12連対と他路線を圧倒。3連対で青葉賞、2連対でNHKマイルCと京都新聞杯が並び、桜花賞1連対の順。G1から臨戦した馬が連対の8割を占めている。

勝利数別は2〜5勝馬が3、11、4、2連対。1勝馬が連に絡んだことはなく、2勝馬も3連対と物足りない。ただ、ここ4年に限ると2勝馬はディープブリランテとワンアンドオンリーが1着となる大活躍。近年は軽視できない存在となっている。

キャリア別は4〜10戦馬が0、6、7、1、2、2、2連対。戦歴の浅い4戦以下と逆にキャリア過多の11戦以上の馬は苦戦中。マカヒキ、リオンディーズには気になるデータとなっている。

東西対決は関東馬51頭と関西馬127頭で争い5対15。連対率は10、12%。関西馬が関東馬をリードしている。

また、枠番別成績は内の1〜4枠と外の5〜8枠で2分すると、1〜4枠は8、1、2、2連対で、5〜8枠が2、2、2、1連対(10年と14年は18、7番が取り消し17頭立て)。内枠の13連対(8勝2着5回)に対して、外枠は7連対(2勝2着5回)。スタート後1コーナーまで約350Mあり、枠順の内外による有利不利は少ないように思えるが、データからは内枠が有利。中でも1着馬は内の1〜4番枠が8勝と外枠の2勝を大きく上回っている。


◎……6戦4勝のスマートオーディンが2冠目を制する。メンバー中最多の4勝馬で、現3歳世代では唯一の重賞3勝馬。共同通信杯で6着と掲示馬を外したが、休み明けで12キロ増が影響したか、いつもの決め手が発揮できなかった。毎日杯→京都新聞杯連勝は13年のキズナと同じローテーション。良馬場なら自慢の末脚がさく裂する。

○……相手にエアスピネルを抜擢する。前走・皐月賞はトップギアに入ったところで内から寄られる不利。それでも盛り返して0秒5差の4着と大きくは崩れなかった。クラシック戦線の王道を歩んだ経験は大きく、鞍上もフランスG1を制して帰国した武豊騎手。ビックタイトル奪取も夢ではない。

▲……デビュー2戦目でリオンディーズは朝日杯フューチュリティSを制して2歳王者に輝いた。前走の皐月賞は掛かり気味に追走して3コーナーで早々と先頭。大敗してもおかしくない内容だったが、5着(降着)と掲示板を確保した。世代トップ級の力量馬であることは疑いなく、能力を出し切れば差はない。

△1……サトノダイヤモンドも前走の皐月賞で直線他馬に寄られる不利。いったん減速せざるを得なかったが、そこからもう一度伸びた。2走前のきさらぎ賞をレースレコードで快勝。楽な手応えで直線先頭に立ち2着を3馬身半突き放す強い競馬だった。力通りなら巻き返しがあってもおかしくない。

△2……前走のマカヒキは勝ち馬を上回るメンバー最速の上がり33秒9で追い上げた。直線の短い中山で、4コーナー13番手の絶望的な位置取りから発揮した末脚を高く評価した。東京替わりはプラス。連対馬の出ていないキャリア4戦は気になるが、3連勝で弥生賞を制した実力は軽視できない。

△3……2走前にディーマジェスティはこの東京で共同通信杯を勝ち、前走は中山の大外18番枠を克服してG1を制覇した。父ディープインパクトに母の父ブライアンズタイムから距離2400Mに問題はない。ただ、1冠制覇は伏兵の気楽な立場だったが、今度はマークが厳しくなる。さらに皐月賞の消耗も気になり、ここでの評価を下げた。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ディーマジェスティ
1 2 マイネルハニー        
2 3 マカヒキ
2 4 レインボーライン        
3 5 エアスピネル    
3 6 アグネスフォルテ        
4 7 ロードクエスト        
4 8 サトノダイヤモンド
5 9 マウントロブソン        
5 10 スマートオーディン    
6 11 アジュールローズ        
6 12 リオンディーズ  
7 13 レッドエルディスト        
7 14 ヴァンキッシュラン      
7 15 イモータル        
8 16 ブレイブスマッシュ        
8 17 プロフェット        
8 18 プロディガルサン        

買い目

大多1=8 1=12 1-3 1-10 8=12
綾恵8=1 8=3 8-12 8-14 1=3
山田1=3 1=5 1=8 3=5 3=8 5=8
たま10=5 10=12 10=1 10=3 10=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。