IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年4月24日(日)

11R

2016年4月24日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第51回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はパールコード。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.3

前走・ミモザ賞は3角過ぎから一気のマクりで快勝。課題の折り合いに進境を見せ、最後までしっかり伸びて後続を完封した。前々走・つばき賞が唯一の黒星だが、これは道中で掛かった分の3着。牡馬のナムラシングン(若葉S2着)と0秒2差なら、むしろ評価していい。すでに関東への長距離輸送も克服済み。オークスへの出走権獲得に向け、全力で挑む。

○対抗はフロンテアクイーン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

レースレコード決着のクイーンC(G3)でメジャーエンブレムの2着に健闘。3着馬のロッテンマイヤーが次走の忘れな草賞(オープン)を制したことからもレースレベルは極めて高く、高評価できる結果だった。前走から距離が400M延長されるが、全兄が芝2000M以上で3勝を挙げており、対応できる下地は十分。鞍上は先週の皐月賞Vで勢いに乗る蛯名。本馬とのコンビで4戦4連対と相性も良く、マークは外せない。

▲単穴はクィーンズベスト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.01.8

優れた先行力がセールスポイント。デビュー戦で牡馬相手に逃げ切り、4走前にはサトノダイヤモンド(きさらぎ賞V、皐月賞3着)の2着に粘るなど中距離戦で好走を続けてきた。前走・チューリップ賞(G3)は初めての1600Mでレースレコード決着の厳しい競馬となり4着に敗れたが、実績のある2000Mなら反撃可能。開幕週の馬場を見方に前々から粘り込みたい。

△抑えはチェッキーノ。△穴はビッシュ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

Vでオークスへ、パールコード

上位3頭にオークス(5月22日)への優先出走権が与えられるトライアル。

過去10年の連対馬は10-8、1-4、1-6、2-3、1-4、9-15、1-2、1-2、4-6、2-1番人気の組み合わせで決まった。1番人気の5勝、2着1回はもの足りないが、勝率、連対率でトップに立っている。ただ、2、3番人気が4、1連対と元気がなく、6番人気以下の伏兵馬が6頭連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
2000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……2回

2011年に10万3540円の万馬券が飛び出し、06年にも2万7340円と荒れたが、3000円未満の配当も7回。堅いか、荒れるかの見極めが必要となっている。

一方、3連単は68万円台、5470円台、7万円台、1万円台、6830円、113万円台、16万円台、2万円台、108万円台、1万円台。11、14年に1、2番人気が共倒れとなり、100万円超の万馬券が飛び出す波乱となっている。

クラス別(着順)は重賞(2、6、2、7、3、2、3着)7頭、オープン特別(5着)1頭、500万下(1、3、1、9、1、2、4、1、1着)9頭、未勝利(1、1、1着)3頭。オープン組VS条件組は8対12。特にオープン組が有利というデータはなく、前走着順が2けたでなければ500万下も反撃可能となっている。

ステップはフラワーCが6連対と好相性で、3連対で君子蘭賞、ミモザ賞が2連対となっている。

距離別は1600M1頭、1800M14頭、2000M5頭。中距離からの参戦馬が好成績を残している。


◎……パールコードは2勝3着1回。2走前に先着された2頭は後の皐月賞に出走だから内容的には上々といえる。前走で長距離輸送を経験済み。姉が阪神ジュベナイルF2着で血筋の良さを感じさせる馬体。勝ってオークスへ名乗りを上げる。

○……新馬2着の後チェッキーノは中山のマイルを連勝。特に前走のアネモネSは出遅れ、先行有利の流れを中団からレース最速の上がりで堂々と差し切った。血統から距離延長に問題はなく、初の2000Mで弾けても不思議はない。

▲……ビッシュは芝の1800Mの新馬、500万下を連勝。重馬場の東京、良の中山で差し切ったところに価値がある。408キロの小型馬だけに馬体維持が条件となるが、牝馬同士なら決め手は重賞でも通用する。

△1……500万下勝ちに続いてゲッカコウは前走のフラワーCで2着。内枠で包まれる厳しいレースだったが、直線馬群をさばいて連を確保した。切れる脚はないが長くいい脚が使え、キャリアも8戦と豊富。仕掛けどころひとつでV争いに浮上する。

△2……ファイアクリスタルは2走前の共同通信杯でディーマジェスティ(後の皐月賞馬)の5着。後方待機から直線いい脚でしぶとく詰め寄った。前走のマイルは距離不足。牡馬相手にもまれた経験を生かせれば上位に食い込める。

△3……フロンテアクイーンは前走のクイーンCで5馬身差の2着。スタートを決められなかったが、中団の内で折り合いラストしっかりと伸びてきた。メジャーエンブレムの強さが際立ったが、3着馬が忘れな草賞を快勝。混戦になれば出番は十分ある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 バレエダンサー        
1 2 ゲッカコウ    
2 3 ビッシュ  
2 4 アグレアーブル      
3 5 ショコラーチ        
3 6 アウェイク        
4 7 ファイアクリスタル      
4 8 シャララ        
5 9 フロンテアクイーン
5 10 ブルーオリエント        
6 11 パールコード
6 12 トウカイシェーン        
7 13 エマノン        
7 14 クィーンズベスト    
7 15 シークザフューチャ        
8 16 クロコスミア      
8 17 エルビッシュ        
8 18 チェッキーノ    

買い目

大多11=9 11=14 11-3 11-18 9=14
綾恵9=3 9=11 9-2 9-4 3=11
山田14=11 14=16 14=9 11=16 11=9 16=9
たま11=18 11=3 11=2 11=7 11=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。