IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年7月31日(日)

11R

2016年7月31日(日) | 2回新潟2日 | 15:45発走

第16回アイビスサマーダッシュ(GIII)

芝・直線 1000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はベルカント。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・0.54.1

重賞4勝を挙げている快足牝馬。昨夏に当レースを制し、続く北九州記念(G3)ではビッグアーサー(高松宮記念覇者)を破ってサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝いた。その後は結果ひと息だったが、得意の夏場に入って復調ムード。前走・CBC賞(G3)は休み明けでハンデ55.5キロながら、僅差の3着に粘り込んでいる。開幕週の馬場でスピード勝負なら連覇も可能だ。

○対抗はネロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・0.54.5

前走・韋駄天S(オープン)はトップハンデ57.5キロを背負って0秒2差2着。勝ち馬プリンセスムーン(牝馬)とは4.5キロのハンデ差があったことを考えれば、負けて強しの内容だった。直線競馬で(2.2.0.0)と舞台適性は証明済み。この中間も栗東坂路で好時計を連発しており、状態はすこぶる良好だ。重賞でも別定戦なら楽しみは大きい。

▲単穴はアースソニック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・0.54.4

直線競馬では勝ち鞍こそないが、(0.0.4.0)とまずまずの成績。当レースでも2年連続で3着と好走しており、同じローテで臨む今回も警戒が必要だろう。ゲートの課題は気になるものの、発馬五分なら出番がありそうだ。

△抑えはプリンセスムーン。△穴はアットウィル。


今週のワンポイントアドバイス

スピード上位、ネロ

全6戦で争われる「サマースプリントシリーズ」(9月11日セントウルSまで)の第3戦。第1戦の函館スプリントSはソルヴェイグが勝ち、2戦目のCBC賞はレッドファルクスが制した。優勝馬2頭はそれぞれ10ポイントを獲得している。

新潟名物の芝直線1000M重賞を制するのはどの馬か。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は7-3、13-1、2-10、3-6、8-3、1-5、7-5、1-3、1-5、1-9番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気の5、1、4連対はパッとせず、代わりに6番人気以下から7頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…1回
4000円台…3回
5000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……1回

13番人気が勝利した2007年に2万2990円と荒れたが、残る9回は7000円未満に収まっている。

一方、3着に6、5、6、2、16、11、4、6、3、4番人気が入線した3連単配当は、5万円台、40万円台、12万円台、6万円台、84万円台、4万円台、8万円台、1万円台、2万円台、4万円台。4けた配当で決着したことはなく、84万馬券を含め10万超の高配当が3回も出ている。

連対馬20頭の前走は芝18頭とダート2頭。距離別は1000M組1頭、1200M組18頭、1400M組1頭。昨年こそベルカントがコーラルS(ダート1400M)から1着となったが、芝の短距離戦から臨戦した馬が好成績を挙げている。

ステップ(着順)は、CBC賞(2、5、11、7、2着)組とバーデンバーデンC(4、8、5、2、5着)組が5連対でトップ。次いで、4連対の函館スプリントS(7、4、3、4着)組、2連対でテレビユー福島賞(3、3着)組と続いている。

年齢別は3〜7歳以上馬が17、17、48、38、45頭出走して、3、6、7、3、1連対。連対率は18、35、15、8、2%。一昨年に7歳馬が1着となったが、高齢馬は苦戦傾向にある。

牡馬VS牝馬は100頭と65頭で争い、10対10。連対率は10、15%。連対数は互角でも、この時期走るといわれる牝馬が率で牡馬を一歩リードしている。

直線競馬は「外枠有利」が定説。そこで枠順を調べてみると、
1枠(0.0.1.17)
2枠(2.1.3.12)
3枠(0.1.0.17)
4枠(0.0.0.20)
5枠(1.1.0.18)
6枠(0.3.1.16)
7枠(3.1.5.17)
8枠(4.3.0.18)
(1.2.3着.着外)

内の1〜4枠が4連対(2勝2着2回)で、外の5〜8枠が16連対(8勝2着8回)。なるほど外枠が断然に有利となっている。


◎……ネロは直線競馬で(2.2.0.0)と底を見せていない。前走の韋駄天S2着は、2カ月半ぶりとトップハンデ57.5キロが響いたようだ。開幕週の高速馬場は歓迎で、別定戦に変わるのも有利。絶好の13番枠からスピードの違いを見せ付ける。

○……前走のバーデンバーデンCでアットウィルは0秒2差の4着。手応え良く直線を向いたが、休み明けの影響か、ラストひと伸びが利かなかった。直線競馬は初めても能力はオープン級。スタートを決めれば好勝負に持ち込める。

▲……ベルカントは海外遠征帰り初戦のCBC賞で3着と上々の内容。取り消し後だった昨年のV当時よりも順調な仕上がり。内の4番枠に入ったが、ダッシュ力があるだけに気にならず、連覇へ向けて視界は良好だ。

△1……アースソニックは昨年◎をしのぐ上がりで3着。スタートを決めれず善戦止まりが多いが、しまいは確実に伸びている。前走の函館スプリントSも大外から0秒6差。仕掛けどころひとつで上位争いに浮上する。

△2……直線競馬でプリンセスムーンは5戦して、3勝、2着2回とパーフェクト連対。スタートはうまくないが、前が壁になった前走韋駄天Sの勝ちっぷりは強かった。多頭数をさばければ怖い1頭だ。

△3……ローズミラクルは前走の韋駄天Sで0秒2差の3着。3番手に控えてラスト力強く伸びた末脚は重賞でも十分に通用する。内の3番枠、前走より2キロ増の斤量と克服しなければならない課題もあるが、大崩はしないはずだ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ヤマニンプチガトー        
2 2 ヤサカオディール        
3 3 ローズミラクル      
4 4 ベルカント
4 5 マイネルエテルネル        
5 6 プリンセスムーン
5 7 ファンデルワールス        
6 8 フレイムヘイロー        
6 9 サトノデプロマット        
7 10 ブライトチェリー      
7 11 アットウィル
8 12 アースソニック    
8 13 ネロ

買い目

大多4=13 4=12 4-6 4-11 13=12
綾恵13=4 13=11 13-6 13-10 4=11
山田4=6 4=13 4=11 6=13 6=11 13=11
たま13=11 13=4 13=3 13=6 13=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。