sportsnavi

2015年8月9日(日)

11R

2015年8月9日(日) | 2回小倉4日 | 15:35発走

第51回農林水産省賞典 小倉記念(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

予想

◎本命はウインプリメーラ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.7

2000Mが不安視された前走・マーメイドSだったが、早め先頭の積極策で0秒2差。差し・追い込み勢が上位を占める中で、しぶとい勝負根性を発揮。以前のひ弱さが影を潜め、上位3頭より重いハンデを背負いながら、外が伸びる馬場でも果敢に荒れたインを突き、着差以上に強い内容だった。現在の充実度でハンデ53キロなら牡馬が相手でも勝機十分。2枠3番から立ち回りの上手さを生かして重賞初制覇を狙う。

○対抗はベルーフ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.59.8

エリカ賞→京成杯を連勝し、今季のクラシック戦線で主力を形成。本番の皐月賞は落鉄で消化不良に終わったが、秋には菊花賞での活躍が期待される素質馬。まずは上半期の鬱憤を晴らすべく、夏のローカル重賞に狙いを絞ってきた。まだ気難しい面が残るが、豪州の名手パートンなら心配無用。先週、小倉で一気に4勝を挙げ、コースは手の内に入れている。楽しみの大きな一戦だ。

▲単穴はメイショウナルト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.57.1

6〜8月に5勝(重賞2勝)と夏場に良績が集中。今季も7月の前走・七夕賞で0秒3差の4着に入り、得意の季節に向けて例年通り調子を上げてきた。先手争いにこだわらず、番手で我慢して抜け出すレースも対応可能。昨年(3着)より0.5キロ軽くなったハンデも追い風だ。一昨年の覇者が復活を期す。

△抑えはマローブルー。△穴はアズマシャトル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力互角、アズマシャトル

9月6日・新潟記念まで、全5戦で争われる「サマー2000シリーズ」の第3戦。現在、七夕賞を制したグランデッツァと函館記念を勝ったダービーフィズが、それぞれ10点を獲得してトップとなっている。

過去10年、連対馬は1-2、4-7、6-7、2-1、16-1、9-4、4-15、3-1、3-5、3-6番人気の組み合わせで決着。1〜3番人気は4、2、3連対。2ケタ人気馬2頭を含む7頭が6番人気以下から連に絡んでいる。

馬連配当は
3けた……2回
1000円台…1回
2000円台…2回
4000円台…1回
8000円台…1回
9000円台…1回
万馬券……2回

16番人気が連対した09年に2万3030円、15番人気が連対した11年に3万360円が飛び出している。

3着には3、9、10、11、9、1、8、9、1、2番人気が入線
して、3連単配当は3170円、101万円台、22万円台、6万円台、97万円台、12万円台、87万円台、6万円台、2万円台、2万円台。06年に101万馬券が出るなど、ハンデ戦らしい難解なレースとなっている。

連対馬の前走クラスは、G1組3頭、G2組2頭、G3組12頭、1600万下組2頭、1000万下1頭。20頭中17頭を重賞組が占めている。

ステップ別(着順)は、6連対で七夕賞(5、3、3、1、8、2着)組がトップ。次いで、新潟大賞典(12、3、8着)組が3連対となっている。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、19、48、39、42頭出走して、1、4、8、4、3連対。連対率は50、21、17、10、7%。連対数では5歳馬が他世代をリードしているが、率では3、4歳馬が上回っている。

牡・セン馬133頭と牝馬17頭で争い、連対数は18対2。連対率は14、12%。牝馬は出走数こそ少ないが、連対率はほぼ互角。牝馬も軽視できない。

トップハンデ馬の成績は1、6、11、1、5、(2、3)、(6、14)、3、(3、12)、3着。ハンデ頭は10回中6回で3着以内を確保している。


◎……アズマシャトルは前走・マレーシアCで0秒5差の4着。中団で脚をためながらも、スローの流れと道悪に末脚を封じられた。2走前の鳴尾記念で0秒4差3着の実績なら、格上挑戦でも十分勝ち負けに持ち込める。

○……3歳馬ベルーフは京成杯勝ち馬。4戦3勝でクラシック戦線へ駒を進め、スプリングS4着。皐月賞は12着と敗れたが、間隔をあけて立て直してきた。初の古馬相手でも斤量54キロなら好勝負が期待できる。

▲……ウインプリメーラは前走のマーメイドSで4着。1600万下勝ちの勢いで臨んだが、外差しの利く馬場を2番手追走で後方の餌食となった。それでも0秒2差なら悲観する内容ではない。小倉の軽い芝に変わり53キロの軽ハンデも魅力だ。

△1……メイショウナルトは前走・七夕賞で好スタートから2番手に付け、直線でもしぶとく粘って0秒3差の4着。休養明け2戦目できっちり変わり身を見せた。一昨年の小倉記念覇者で、昨年も3着。小倉コースは(3.1.1.4)と得意にしている。

△2……マローブルーはクラシックの舞台こそ叶わなかったが、今年は3勝、2着1回とパーフェクト連対。デビュー当初から期待されていた素質馬がようやく開花した。軽量51キロなら初重賞Vも十分に狙える。

△3……オーシャンブルーは前走の宝塚記念で14着。好位3番手を追走していたが、直線でバタッと止まった。2ケタ着順の続く現状だが、振り返れば、金鯱賞を制して有馬記念2着の実力馬。ローカルG�Vなら大駆けがあっても驚けない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 パッションダンス      
1 2 オーシャンブルー      
2 3 ウインプリメーラ
2 4 ナリタスーパーワン        
3 5 ベルーフ
3 6 マローブルー    
4 7 ゲシュタルト        
4 8 ノボリディアーナ        
5 9 フレージャパン        
5 10 クランモンタナ        
6 11 バッドボーイ        
6 12 マデイラ        
7 13 メイショウナルト
7 14 タガノグランパ      
8 15 アズマシャトル  
8 16 ジャイアントリープ        
8 17 ゼンノルジェロ        

買い目

大多3=5 3=13 3-6 3-15 5=13
綾恵5=13 5=3 5-1 5-15 13=3
山田13=5 13=14 13=3 5=14 5=3 14=3
たま15=5 15=3 15=2 15=6 15=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。