2015年12月13日(日)

11R

2015年12月13日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第67回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はデンコウアンジュ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.1

前走・アルテミスSを驚愕の末脚で快勝。12番人気の伏兵ながらラスト2ハロン11秒1-11秒2の高速上がりで豪快な大外一気を決め、周囲の評価を一変させた。3着に破ったクロコスミアは直後にオープン入りしたようにレースレベルも高く、この勝利で世代トップクラスに躍り出た。父メイショウサムソンは抜群の勝負根性でG1レース4勝(牡馬クラシック2冠)を挙げた名馬。産駒も本命不在の混戦でこそ真価を発揮するはず。一気の3連勝で2歳女王の座をつかみ取る。

○対抗はメジャーエンブレム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.1

新馬→アスター賞と牡馬相手に楽々と2連勝。負かした相手がのちにオープンで次々と好走したことで前走・アルテミスSでは堂々の1番人気に支持された。結果的に◎デンコウアンジュの鬼脚に屈したが、敗因は大外枠から前に馬を置けず折り合いを欠いたため。初めて逃げる形でも失速せずクビ差2着に粘ったように、素質はデンコウに勝るとも劣らない。 内枠(1枠2番)から馬群の中で上手く折り合えば、逆転まであっていい。

▲単穴はブランボヌール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新馬戦は好位のインから巧みに馬群をさばいて快勝。対照的に函館2歳Sでは道中控えて4角外から豪快に突き抜け、異なる戦法で2連勝を飾った。若駒離れしたレースセンスがあり、完成度は世代屈指の存在。前走・ファンタジーSは休み明けの分、ラスト伸び切れなかったが、アタマ+クビ差3着の大接戦。小柄だった馬体は夏場から10キロ増と成長し、前哨戦としては上々の内容だ。ひと叩きされて順当に良化すれば反撃必至。

△抑えはアドマイヤリード。△穴はキャンディバローズ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

頂点奪取、デンコウアンジュ

馬場が改修された2006年以降、過去9回の連対馬は4-1、3-8、1-3、2-5、1-4、4-8、5-15、5-1、5-2番人気の組み合わせで決着した。1番人気は4連対。2〜3番人気は2、2連対と少々不満の残る成績だが、1〜5番人気以内で18頭中15頭を占める。伏兵馬の連対は8番人気2頭と15番人気1頭だけ。

馬連配当は
3けた……1回
1000円台…3回
2000円台…2回
4000円台…1回
5000円台…1回
万馬券……1回

12年に5、15番人気の1、2着で3万5990円の波乱となったが、他では07年の5440円が最高配当。旧コース時代は万馬券が頻繁に飛び交っていたが、外回りの新コースでは平穏な配当が多くなっている。

連対馬の前走クラスは重賞9頭、500万下6頭、新馬2頭、未勝利1頭。重賞が半数の9頭を占めているが、非重賞からも互角の9頭が連対。格はあまり気にしなくてよさそうだ。

連対馬の前走成績は(12.5.1.0)。18頭全馬が複勝対象の3着以内、うち17頭が前走で連対していた。また、3着馬を見てみても9頭中8頭が2着以内で、残る1頭が4着。前哨戦で2着以内が馬券対象への条件となっている。

ステップはファンタジーSが4連対でトップ。2連対で赤松賞と黄菊賞が続いている。

関東馬VS関西馬は52頭と110頭で争い連対数6対12。連対率はそれぞれ12、11%。連対率では関東馬が一歩リードしている。さらに、馬券圏の3着で見ると、関東馬は目下7年連続で3着以内を確保している。ちなみに、2、(1、2)、(2、3)、(2、3)、3、3、(1、3)着の成績だった。

また、枠別の1〜3着馬の成績(複勝率)は
1枠(2.1.0)17%
2枠(0.1.2)17%
3枠(0.1.1)11%
4枠(1.1.0)11%
5枠(0.3.3)33%
6枠(1.2.0)17%
7枠(3.0.1)15%
8枠(2.0.2)15%

5枠が6頭でトップとなっているが、残る枠からも2〜4頭とほぼ均等に連対馬が出ている。多頭数戦で内枠が有利と思いがちだが、このレースでは外枠の健闘が目立っている。


◎……キャリアの浅い2歳牝馬戦。しかも傑出馬不在で混戦模様。本命にはデンコウアンジュを指名する。前走アルテミスSは前に行けなかったが、直線外から上がり33秒3の鬼脚で先団を一気に差し切った。不利を受けたデビュー戦は5着止まりだったが、これで未勝利、G3と2連勝。若さを見せながらのレースぶりからまだまだ伸びシロは十分。2歳牝馬の頂点に立って来春のクラシック戦線へ向かいたい。

○……メジャーエンブレムは1番人気に推された前走でクビ差の2着。前に壁を作れず途中からハナに立ったが、(2.1.0.0)の成績が示す通り、基本的な性能は高い。初の長距離輸送さえクリアできれば重賞Vも十分ある。

▲……アドマイヤリードは前走・白菊賞を快勝。出遅れて最後方に置かれたが、直線馬群を割ってレース最速の上がり33秒9で先行勢をあっさりと抜き去った。末脚は堅実でマイル戦も2戦2勝と底を見せていない。

△1……アットザシーサイドは出遅れた前走の秋明菊賞を快勝。後方で脚をタメて直線で馬群をさばきながら後続を2馬身突き放す強い競馬だった。2勝はともに1400Mだが、余裕のレースぶりから距離延長にも対応できそうだ。

△2……キャンディバローズは休み明けの前走でファンタジーSを勝利。久々を感じさせない力強い内容でG3制覇を果たした。距離経験は1500Mまでだが、好位で立ち回れるレース巧者。展開に左右されないのも強みだ。

△3……クロコスミアは札幌2歳S、アルテミスSとG3で連続3着。あとひと押しが利かずに勝ち切れなかったが、前走の赤松賞を余裕で勝ち、2勝目をマークした。牝馬同士なら実績上位。豊富な経験を生かせれば差はない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アドマイヤリード    
1 2 メジャーエンブレム
2 3 マシェリガール        
2 4 クードラパン      
3 5 ペルソナリテ        
3 6 メイショウスイヅキ        
4 7 クロコスミア      
4 8 メジャータイフーン        
5 9 アットザシーサイド      
5 10 ペプチドサプル        
6 11 ブランボヌール  
6 12 ウインミレーユ        
7 13 ウインファビラス        
7 14 ジェントルハート        
7 15 キャンディバローズ  
8 16 キリシマオジョウ        
8 17 デンコウアンジュ
8 18 メジェルダ      

買い目

大多17=2 17=11 17-1 17-15 2=11
綾恵2=17 2=18 2-4 2-11 17=18
山田17=11 17=15 17=2 11=15 11=2 15=2
たま17=2 17=1 17=7 17=9 17=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。