2015年9月20日(日)

11R

2015年9月20日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第33回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5000、2000、1300、750、500万円 |

予想

◎本命はミッキークイーン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

ジェンティルドンナに次ぐ歴代2位のVタイムで駆け抜けたオークス。1番人気ルージュバック、桜花賞2着クルミナルを鮮やかな末脚でなで斬り、世代の頂点に立った。まだキャリア5戦で(3.2.0.0)。「2冠」制覇はもちろん、さらなる飛躍を目指せる器だろう。仕上がり早のタイプで、休み明けでも臨戦態勢OK。樫の女王が秋初戦から存在感を見せつける。

○対抗はトーセンビクトリー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.47.1

休み明けのカーネーションCを除けば通算6戦すべて馬券圏内。先行・差し自在のレース運びに磨きをかけ、今夏は古馬相手に500万、1000万を連勝。勢いをまとって春の上位馬に挑戦する。母はエリザベス女王杯を制したトゥザヴィクトリー。トゥザグローリー、トゥザワールドを全兄に持つ超良血馬。母の主戦だった名手・武豊のエスコートで本番へのチケットをつかみ取る。

▲単穴はレッツゴードンキ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.50.2

圧巻の4馬身差で桜花賞V。ややスタートで遅れたオークスは距離延長も考慮して控える競馬を試みたが、かえって掛かってしまい、不完全燃焼の10着に終わった。ただ、折り合った時の強さは証明済み。マイペースの逃げだったにしても、阪神でライバルを一蹴した事実は大きい。鞍上の岩田も十分に特徴をつかんでいるはずだ。復帰初戦で桜花賞馬の意地を見せたい。

△抑えはアンドリエッテ。△穴はクイーンズリング。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

秋華賞へ好発進、レッツゴードンキ

上位3頭に優先出走権が与えられる秋華賞トライアル。2007年から阪神の外回り芝1800Mで定着している。その過去8回の連対馬は1-2、7-9、5-1、4-6、1-10、1-2、1-9、2-15番人気で決まった。

1番人気は4勝2着1回で連対率5割。2番人気は3連対。3番人気は1度も連対がない。6番人気以下からは6頭が連対している。

馬連配当は
3けた……2回
1000円台…1回
5000円台…1回
7000円台…2回
万馬券……2回

2008年に7-9番人気のワンツーで2万3040円と荒れ、昨年も2-15番人気の組み合わせで2万1060円の高配当が出ている。

3着には3、1、10、5、7、3、10、9番人気が入線。3連単配当は1080円、15万円台、9万円台、19万円台、13万円台、800円、26万円台、75万円台。3連単とは思えない堅い配当もあるが、8回中5回で10万超が飛び出しているように難解なレースとなっている。

連対馬16頭の前走クラスは重賞13頭、オープン特別1頭(白百合S)、500万下1頭、未勝利1頭。ここ2年は500万と未勝利から2着馬が出ているが、連対馬の8割以上は前走重賞組。うち11頭はオークスからの休養明けが占めている。

そのオークス組の前走着順は2、9、4、2、4、3、6、1、2、3、1着。オークス2ケタ着順からの連対例はない。なお、ワンツーを独占した3回を含め、過去8年連続で連対を果たしている。

また、優勝馬8頭中7頭がオークスからの休養明けで、残る1頭も桜花賞以来だった。春にG1戦線で揉まれてきた馬が優勝している。

今年は桜花賞馬とオークス馬が秋初戦のローズSで早くも激突するが、これは11年以来で通算7度目。対戦成績は桜花賞馬が5勝1敗とオークス馬をリードしている。


◎……本命にレッツゴードンキを推す。桜花賞は先行策が功を奏したとはいえ、後続を4馬身ちぎる圧勝。2冠を狙った前走のオークスは、ゲートで待たされた上に道中折り合いを欠いたのが大きく影響した。鞍上の岩田は7月以降、重賞で(7.1.1.1)と絶好調。勝って堂々と秋華賞へ駒を進める。

○……相手はオークス馬ミッキークイーン。馬体維持に努めながらのG1制覇は素質のなせる業。マイル勝ちの実績から1800Mは守備範囲。桜花賞非当選のうっ憤を晴らして2冠獲りに向かいたいところだ。

▲……タッチングスピーチは休み明けの前走を2分0秒3の好タイムで快勝。涼しい札幌で2勝目を挙げた。昇級戦で相手は強化するが、春にオープンでもまれた経験を生かせば差はない。

△1……トーセンビクトリーは夏に500万、1000万下と2連勝。トゥザグローリー、トゥザワールドを全兄に持つ良血が完全に開花した。順調さの強みで上位に浮上しても不思議はない。

△2……アンドリエッテはチューリップ賞で0秒2差の2着。一気に春のクラシック制覇へ期待がかかったが、結果は桜花賞6着、オークス5着と善戦止まりだった。強敵ぞろいの秋初戦となったが、夏に休養して体調万全。最後の1冠へ向け好スタートを切りたい。

△3……クイーンズリングはオークスで1秒差の9着。追い込み馬に不利な流れと距離の壁もあり、敗因ははっきりしている。デビューから無傷の3連勝で、桜花賞は3番人気4着。1度の敗戦で人気を落としているが、大駆けを警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 レッドカーラ        
1 2 テルメディカラカラ        
2 3 アンドリエッテ  
2 4 シングウィズジョイ      
3 5 プレミオテーラー        
3 6 ライトファンタジア        
4 7 ペルフィカ        
4 8 ミッキークイーン
5 9 サンクボヌール        
5 10 レッツゴードンキ
6 11 レーヌドブリエ        
6 12 ディープジュエリー      
7 13 トーセンビクトリー
7 14 ティーエスクライ        
8 15 タッチングスピーチ      
8 16 クイーンズリング    
8 17 メジャーガラメキ        

買い目

大多8=13 8=10 8-3 8-16 13=10
綾恵8=10 8=13 8-4 8-12 10=13
山田8=13 8=3 8=10 13=3 13=10 3=10
たま10=8 10=15 10=3 10=13 10=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。