2015年2月28日(土)

11R

2015年2月28日(土) | 1回阪神1日 | 15:35発走

第24回アーリントンカップ(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3700、1500、930、560、370万円 |

予想

◎本命はナヴィオン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.1

シンザン記念のゴール前は横一線の大接戦。上がり3ハロン33秒2と出色の切れ味を披露したが、アタマ+ハナ差(3着)で惜しくも届かなかった。振り返れば、新馬戦で2歳女王ショウナンアデラを撃破。稍重だった朝日杯FS(11着)を除けば、常に出走中1、2を争う上がりを計時している。身上の瞬発力が生きる良馬場なら。

○対抗はアルマワイオリ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.6

14番人気の低評価だった前走・朝日杯FS(G1)で0秒1差2着に大激走。展開が向いた感もあるが、インから馬群を割って急追した内容は高く評価できる。懸念された折り合いにも進境が見られ、初の急坂も難なく克服した。その朝日杯と同じ舞台。今回も好戦必至だろう。

▲単穴はナイトフォックス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.9

異なる戦法で価値ある2連勝。ジュニアCは好位で流れに乗って押し切り、未勝利戦は後方から差し切り勝ち。特に前々走は4角で外に膨らみながら3馬身差Vの完勝だった。父は電撃王サクラバクシンオーだが、牝系には近親に3冠馬ナリタブライアンや中距離重賞3勝のラストインパクトら。タフな重賞のマイル戦でも対応できるはずだ。関西への輸送さえこなせば上位に浮上する。

△抑えはネオルミエール。△穴はナリタスターワン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞奪取、ナヴィオン

今週から中央競馬の舞台は中山・阪神へ移り、春のクラシック、桜花賞(4月12日)・皐月賞(4月19日)に向けて激しい戦いが繰り広げられる。

過去10年、連対馬は1-6、3-5、2-1、5-9、6-12、5-1、4-11、2-3、1-2、1-3番人気の組み合わせで決着。1〜3番人気は5、3、3連対とパッとせず、6番人気以下から5頭が連対している。

馬連配当は
3けた……3回
1000円台…4回
万馬券……3回

2018、09、11年に上位人気3頭がそろって連から消え、2万1660円、1万7660円、4万1440円の高配当が飛び出す波乱に。残り7回は2000円未満で順当に収まっている。

一方、3連単配当は1万円台、4万円台、2800円、89万円台、25万円台、6万台円、57万円台、1万円台、1740円、5340円。こちらも馬連で万馬券が出た年に、89万、25万、57万円台の大荒れとなっている。

連対馬20頭の前走を距離別に見ると、1200M1頭、1400M組7頭、1600M組11頭、1800M1頭。1400〜1600Mから臨戦した馬が好成績を残している。

前走クラス別は重賞組9頭、オープン特別組3頭、500万下組7頭、新馬組1頭。重賞を含むオープン組が6割を占めているが、500万下組と新馬戦から計8連対。格を気にする必要はなさそうだ。ただ、その8頭中7頭は前走1着で、残る1頭も前走3着。条件戦から臨む場合は、前走で馬券圏に好走していることが条件となる。

ステップ別はシンザン記念組が5連対でトップ。2連対で朝日杯フューチュリティS組、クロッカスS組が続いている。

連対馬のキャリアは、1〜8戦以上馬が1、2、3、4、2、7、1、0連対。連対率はそれぞれ25、15、25、13、10、29、10、0%。幅広いキャリアから連対しているが、6戦馬が好成績を残している。ちなみに、今年キャリア6戦馬は3頭出走している。

また、脚質別は逃げ5頭、先行11頭、差し3頭、追い込み1頭。開幕週の馬場とあって、逃げ先行馬の活躍が目立っている。

所属別は関東馬20頭、関西馬108頭、地方馬2頭で争い、2、18、0連対。関東馬は苦戦している。


◎……ナヴィオンは前走シンザン記念で3着。好スタートから後方に控え直線勝負にかけたが、スローの流れにアタマ+ハナ差だけ届かなかった。昨年8月のデビュー戦でマークした上がり32秒7は2歳馬としては驚異的。開幕週の高速馬場で重賞制覇を決める。

○……ナリタスターワンは休養を挟んで新馬、白梅賞を連勝。初戦は出負けして中団から差し切り、前走は2番手追走から直線で危なげなく抜け出した。レースセンスの良さが光り、距離延長にも問題なく対応した。重賞でも即通用するスピードを秘めている。

▲……マテンロウハピネスのデビュー戦は1番枠から馬なりでハナに立ち、後続を7馬身ちぎった。勝ち時計も優秀で同日の古馬500万と同タイム。追われてからしっかり伸びたレースぶりから距離延長にも対応できる。

△1……昨年から舞台が阪神に移った朝日杯フューチュリティS。アルマワイオリは0秒1差の2着に激走。前を壁にして脚をため、決め手比べに持ち込めばG1でも通用することを証明した。同舞台でのG3戦なら、ぶざまなレースはできない。

△2……ネオルミエールは前走の朝日杯フューチュリティSで4着。出遅れて後方に置かれたが、勝負どころから動いて直線馬群をさばきながらレース2番目の上がりで0秒4差まで追い上げた。デビューから一貫してマイル戦に参戦。発馬が五分なら上位争いは必至だ。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ナヴィオン
2 2 ナイトフォックス      
3 3 ケツァルテナンゴ        
4 4 アルマワイオリ
5 5 ジャジャウマナラシ        
5 6 ヤマカツエース        
6 7 ネオスターダム        
6 8 ヤングマンパワー      
7 9 エイムハイ      
7 10 ネオルミエール
8 11 マテンロウハピネス      
8 12 ナリタスターワン  

買い目

大多1=4 1=2 1-10 1-12 4=2
綾恵4=1 4=10 4-8 4-12 1=10
山田4=10 4=1 4=9 10=1 10=9 1=9
たま1=12 1=11 1=4 1=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。