sportsnavi

2015年11月22日(日)

11R

2015年11月22日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第32回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はモーリス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.0

春秋マイルG1制覇を狙う安田記念覇者。今季は芝1600Mで破竹の4連勝。今回の出走馬のうち半数が参戦した春の頂上決戦では、好位からの正攻法でフィエロ、ヴァンセンヌらを完璧にねじ伏せ、勢いそのままにマイルシーンの頂点へ上り詰めた。毎日王冠を回避してぶっつけ本番となったが、入念な調整を重ねて臨戦態勢は整った。鞍上には世界の名手・ムーアを確保。逃げ・差し自在の脚質で、さらなる高みを目指す。

○対抗はフィエロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.5

レースレコードの激闘を演じた昨年がわずかハナ差の2着。戴冠まであと一歩と迫った。意外にもまだタイトルはないが、京都の重賞では2、3、2、3、2着とすべて馬券に絡む抜群の安定感を誇っている。秋初戦のスワンSは5カ月ぶりで0秒2差の2着。本番を意識して4角13番手から追い込み、叩き台としては上々の内容だった。昨年と同じローテで順調に調整され、仕上げにも余念がない。タッグ2戦目のM.デムーロを背に1年越しのリベンジに燃える。

▲単穴はイスラボニータ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.0

前走の天皇賞・秋は不利な外枠に加え、2角で外に弾かれるアクシデント。後方を追走する異例の厳しい展開だったが、皐月賞馬の底力で逆境を乗り越え、ラブリーデイを0秒2差まで追い詰めた。2年連続の天皇賞3着でも、復調を感じさせる中身のある3着だった。今回は2歳戦以来の芝1600M戦。気性面を考慮すればプラスに出る可能性が極めて高い。重賞4勝の実績馬が叩き3戦目で完全復活をもくろむ。

△抑えはサトノアラジン。△穴はダノンシャーク。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

新マイル王誕生、イスラボニータ

過去10年、連対馬は3-4、1-3、1-4、4-1、1-14、13-1、5-11、4-1、2-3、8-3番人気の組み合わせで決まった。

1番人気は6連対で、連対率トップの6割を記録している。ただ、2番人気がわずか1連対と不調。代わりに3、4番人気がそれぞれ4頭ずつ連対。2ケタ人気馬も11〜14番人気まで3頭が連対している。

馬連配当は
3けた……2回
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…2回
6000円台…1回
万馬券……2回

13番人気が勝利した2010年に1万4240円、11番人気が連に絡んだ翌11年に1万2800円の高配当が出たが、万馬券はその2回だけ。最近10回のうち7回は4000円未満の決着だった。堅いか荒れるかを見極めたい。

ちなみに、3着には2、8、5、10、2、6、4、5、1、9番人気が入線。3連単配当は6万円台、1万円台、2万円台、5万円台、10万円台、47万円台、27万円台、5万円台、1万円台、19万円台となっている。前述した2010年に47万円台が飛び出すなど、10万円以上の波乱が4回と荒れ模様。1番人気が連対の6割を占めている割に、3連単は高配当が多く出ている。

路線別は6連対で天皇賞・秋がトップ。次いで、スワンS5連対、富士S4連対、毎日王冠2連対と続き、上記4路線で連対馬の85%を占めている。なお、昨年、一昨年と最多連対の天皇賞・秋からの参戦がなく、軸馬探しに悩まされたが、今回はイスラボニータとヴァンセンヌの2頭が出走してきた。

出走間隔は中2週11頭、中3週4頭、中4週1頭、中5週3頭、中6週1頭。最も間隔が長い馬でも11年2着フィフスペトルの中6週(スプリンターズS)。連対馬20頭すべてが秋競馬に1回以上出走している。2カ月以上間隔を空けて連に絡んだ馬はなく、休養明けのモーリスやレッドリヴェールにとっては気になるデータとなっている。

年齢別は3〜7歳以上馬が0、9、8、2、1連対。連対率は0、25、15、6、6%。4歳馬が他世代をリードしている。

牡馬VS牝馬の連対数は18対2で、連対率はそれぞれ13、7%。牝馬は苦戦傾向にある。

関東馬は59頭出走して6連対(連対率10%)、関西馬が111頭で14連対(同13%)。ホームで迎え撃つ関西馬が好成績を残している。今年参戦のない外国馬は8頭出走して3着が最高成績となっている。


◎……イスラボニータは昨年の皐月賞馬で、天皇賞・秋で2年連続3着。その能力の高さは衆目の一致するところ。芝1600M戦は新潟2歳S(2着)以来となるが、2戦して1、2着と適性はある。マイル路線の新チャンピオン誕生に1票を投じたい。

○……サトノアラジンは昨年の菊花賞6着以降、1600〜1800Mに矛先を変更。特に今年は2勝2着3回と連対率100%を誇っている。重賞勝ちはないが、エプソムC、富士Sとクビ差で連続2着。この距離ならG1でも差はない。

▲……フィエロはマイル戦線で上位争いをしてきた実力馬。実際、昨年のマイルCS2着、今年の安田記念でも4着とG1級の走りを見せてきた。前哨戦のスワンSを叩いて本番へ向かうローテは昨年と同じ。遅咲きのディープインパクト産駒。末脚がさく裂しても驚けない。

△1……アルビアーノは休み明けの京成杯AHをひと叩きして、スワンSを快勝。これまでとは一転、差す競馬で古馬を一蹴した。過去の傾向から劣勢の3歳牝馬で重い印は付けづらいが、今年のNHKマイルC2着馬。ハマれば一発が決まる。

△2……同じ3歳牝馬のレッツゴードンキ。データ的には飛びつけないが、今春の桜花賞で2着を4馬身ちぎって逃げ切った快速馬。馬場の荒れた今の京都はぴったりだ。アッと驚く逃走劇があってもいい。

△3……ロゴタイプは2013年の皐月賞以来の勝利を目指す。現在13連敗中だが、過去にヤエノムテキ、ダイワメジャーが5歳で2年半ぶりにG1制覇を果たしている。今年は中山金杯、中山記念で2着となり、前走の富士Sで0秒2差の3着。展開ひとつで上位争いに浮上できる資質を秘めている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ヴァンセンヌ      
1 2 ケイアイエレガント        
2 3 レッツゴードンキ      
2 4 ダイワマッジョーレ        
3 5 イスラボニータ  
3 6 アルマワイオリ        
4 7 アルビアーノ    
4 8 サトノアラジン  
5 9 レッドアリオン        
5 10 フィエロ
6 11 カレンブラックヒル        
6 12 レッドリヴェール        
7 13 リアルインパクト        
7 14 トーセンスターダム        
7 15 ダノンシャーク      
8 16 モーリス  
8 17 ロゴタイプ    
8 18 クラリティスカイ        

買い目

大多16=10 16=5 16-8 16-15 10=5
綾恵10=5 10=16 10-1 10-7 5=16
山田10=16 10=8 10=17 16=8 16=17 8=17
たま5=8 5=10 5=3 5=7 5=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。