IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年10月25日(日)

11R

2015年10月25日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第76回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はリアルスティール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞2着、共同通信杯Vなど通算(2.3.0.1)。唯一の着外はレース中に骨折の不運に見舞われた日本ダービー4着のみ。紛れもなく3歳世代トップクラスの力量馬だ。前走・神戸新聞杯はリアファルに逃げ切りを許したが、課題の折り合いに専念する形で出走中最速の上がり3ハロン。骨折明けで末脚の質感を確かめつつ連対を確保した。この内容なら3000Mにもメドが立った。2冠馬不在のクラシック最終戦。主役は譲れない。

○対抗はリアファル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

ダート路線から突如現われた新星。初芝のマレーシアCでいきなり古馬を突き放し、勢いに乗って前走・神戸新聞杯も連勝。1番人気リアルスティールを相手にまんまと逃げ切り、芝2戦目で鮮烈な重賞初制覇を飾った。兄フォルトファーレン、姉マリアライトが芝の中長距離で活躍したように、血統的なスタミナの裏付けもある。底知れぬ素質で一気にラスト一冠獲りも。

▲単穴はキタサンブラック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから3戦無敗でスプリングS(G2)を制し、皐月賞ではリアルスティールに次ぐ3着。唯一馬券圏外に敗れた日本ダービーは1000M通過58秒8と過去10年で最速のハイラップを2番手で追走した結果、本来の粘り強さを発揮できなかったが、菊前哨戦のセントライト記念を早め先頭で押し切り、汚名返上のリスタートを切っている。12キロの馬体増を叩いて挑む本番。さらにパフォーマンスが上がりそうだ。

△抑えはブライトエンブレム。△穴はサトノラーゼン。


今週のワンポイントアドバイス

実績上位、ダービー2着馬サトノラーゼン

波乱ムードが漂う今年の菊花賞。2冠馬ドゥラメンテが戦線を離脱。秋の東西トライアルは6、3番人気が勝利した。しかも、セントライト記念の勝ち時計は2000年以降の良馬場で最も遅いタイム。神戸新聞杯の2分26秒7も2400Mに定着した過去9回で下から2番目に遅い。別路線組の台頭も十分に考えられる。
主役不在のラスト1冠。そのゆくえを過去10年のデータから探ってみたい。

連対馬は1-6、8-2、4-6、1-15、8-7、7-1、1-2、1-5、1-5、3-4番人気の組み合わせで決着。1番人気は5勝2着1回と上々の成績だが、2、3番人気が2、1連対であまりアテにならない。代わりに6番人気以下から7頭が連対している。

馬連配当は
3けた……3回
1000円台…1回
2000円台…3回
6000円台…1回
9000円台…1回
万馬券……1回

2008年の1万7820円が最高配当。翌09年も9410円の高配当となったが、ここ5年に限ると、すべて3000円未満で決着。大半が未体験の距離に挑んでいる割には平穏に収まっている。

3着には3、3、1、9、6、13、3、7、3、7番人気が入線。3連単配当は7090円、14万円台、2万円台、52万円台、31万円台、33万円台、2190円、1万円台、1万円台、5万円台。4ケタ配当2回に対して、10万超の高配当が4回。3連単は波乱含みの傾向となっている。

路線別は神戸新聞杯組が16連対と実績断然。連対馬の8割を占めている。以下、セントライト記念組が2連対。残る2頭は、古馬混合の京都大賞典、古馬1000万の野分特別から1連対ずつ。

クラシック最終戦で重賞実績も気になるところ。連対20頭はすべて重賞出走経験馬。各馬の重賞での最高成績は、1着馬9頭、2着馬4頭、3着馬6頭、着外1頭。20頭中19頭は重賞3着以内を経験していた。

◎……サトノラーゼンは京都新聞杯1着、日本ダービー2着。世代トップ級の力量を秘めている。日本ダービー2着馬は3歳秋以降に充実期を迎えることが多く、エピファネイア(13年=神戸新聞杯1着→菊花賞1着)、フェノーメノ(12年=セントライト記念1着→天皇賞・秋2着)、ローズキングダム(10年=神戸新聞杯1着、ジャパンC1着)らが輝かしい戦績を残している。秋初戦のセントライト記念はスローの流れ、本番の3000Mを意識したレース運びで末脚不発となったが、最後の1冠を奪取する資格は十分にある。

○……相手は共同通信杯でドゥラメンテを2着に下したリアルスティール。その後、スプリングS2着、皐月賞2着、ダービー4着、神戸新聞杯2着と勝ち星に恵まれずにいるが、能力は紛れもなくG1級。いつ惜敗にピリオドを打ってもいい。

▲……リアファルはデビューから6戦連続でダート戦に出走。交流重賞の兵庫チャンピオンシップ(G2=園田)で2着するなど、ダートでも世代トップクラスの能力を発揮してきた。初芝だった2走前は重馬場が味方した感もあったが、前走で皐月賞2着のリアルスティールを完封。芝でも適応力の高さを示した。ラスト1冠を奪取しても驚けない。

△1……キタサンブラックは休み明けの前走でセントライト記念を快勝。2番手追走から早め先頭に立ち、そのまま押し切った。関西馬ながら6戦すべてを関東で走り、春にスプリングSを制している。ただ、母の父がサクラバクシンオーでスタミナが心配。皐月賞、日本ダービーに続き追加登録料200万円を支払っての参戦に意気込みは伝わるが、△評価が妥当か。

△2……スティーグリッツは500万、1000万特別を連勝中の上がり馬。条件戦からの戴冠は厳しいが、04年にデルタブルースが同じ九十九里特別勝ちから菊花賞を制している。2走前に中京でマークした芝2200Mの勝ちタイムがセントライト記念(中山)を0秒6上回っていることも覚えておきたい。

△3……ワンダーアツレッタも500万下、1000万特別と連勝中。ひと夏を超えて大きく成長した。デビュー当時から中距離以上を意識したレース選択で、ついに菊花賞へ駒を進めてきた。人気はないが、鞍上をM.デムーロにスイッチしての参戦。一発を警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ミコラソン        
1 2 サトノラーゼン  
2 3 タンタアレグリア        
2 4 キタサンブラック  
3 5 ベルーフ        
3 6 レッドソロモン        
4 7 スティーグリッツ    
4 8 ミュゼエイリアン      
5 9 アルバートドック        
5 10 ブライトエンブレム    
6 11 リアルスティール
6 12 ワンダーアツレッタ      
7 13 マサハヤドリーム        
7 14 マッサビエル        
7 15 ジュンツバサ        
8 16 タガノエスプレッソ        
8 17 リアファル
8 18 スピリッツミノル        

買い目

大多11=17 11=4 11-2 11-10 17=4
綾恵17=11 17=7 17-4 17-8 11=7
山田11=17 11=10 11=2 17=10 17=2 10=2
たま2=11 2=17 2=4 2=7 2=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。