2015年12月6日(日)

11R

2015年12月6日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第16回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

予想

◎本命はノンコノユメ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.53.6

驚異的な末脚を武器に目下4連勝中。前走・武蔵野Sは降雨で脚抜きが良く前が止まりにくい流れだったが、1頭だけ脚色の違う末脚で豪快に伸びて鮮やかに差し切った。古馬混合のダート重賞で3歳馬が斤量58キロを背負って勝ったのはグレード制導入(84年)以降で初めての快挙。前哨戦から“満点回答 で秋初戦を飾り、本番に大きく期待をふくらませた。逃げるコパノリッキーにホッコータルマエが好位で続く展開でハイペースが予想され、おあつらえ向きの展開になる公算大。斤量2キロ減でさらに切れ味を増し、一気にダート界の頂点に立つ。

○対抗はホッコータルマエ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.49.5

地方交流を含むG1レース通算9勝。ヴァーミリアン、エスポワールシチーと並ぶ歴代最多の輝かしい実績を誇る。昨年はライバル・コパノリッキーを圧倒して堂々の戴冠。JRA最優秀ダートホースの表彰を受け、名実ともに現役最強ダート王の座へ上り詰めた。明け6歳の今季もG1を2勝。前走は休み明けでコパノリッキーに逃げ切りを許したが、もともと叩き良化型。昨年もJBCクラシック4着から巻き返しての勝利だった。G1勝利数「新記録達成」で王者復権を狙う。

▲単穴はコパノリッキー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.50.9

昨年に続く圧巻の逃亡劇でJBCクラシック連覇達成。骨折明け2戦目で格段に良化し、鬼門の大井を完璧に攻略した。鞍上の武豊とは今年からコンビ結成し、以降4戦3勝。ライバル○ホッコータルマエとの直接対決も3勝2敗と勝ち越した。昨年はまさかの出遅れで1番人気を裏切る結果となったが、逃げさえ打てれば(3.1.1.0)。多少のハイラップを刻んでも崩れることはない。自慢のスピードで1年越しのリベンジを狙う。

△抑えはローマンレジェンド。△穴はナムラビクター。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

昨年のリベンジ、ローマンレジェンド

今年も残すところ約1カ月。中央競馬の舞台は中山、阪神、中京競馬場に移る。
秋7週連続G1の第4弾は「チャンピオンズC」。香港馬ガンピットを含む16頭が集結した。2000年に創設された「ジャパンカップダート」を前身とするダートG1。創設当初は東京競馬場ダート2100Mで施行されていたが、08年から阪神競馬場ダート1800Mに変更。昨年から中京競馬場に舞台を移し、レース名が「チャンピオンズC」と改称された。
今年16回目を数えるダート頂上決戦。ここでは阪神で施行された2008年以降の6回と、中京へ移行された昨年の当レースを参考に傾向を見てみたい。

過去7回、連対馬は(4)(7)、(1)(5)、(1)(8)、(1)(5)、(6)(3)、(3)(6)、(2)(8)番人気の組み合わせで決まった。1番人気は3連対。2、3番人気がそれぞれ1、2連対で、6〜8番人気から2、1、2頭が連対している。9番人気以下は連対なし。

馬連配当は
1000円台…2回
4000円台…3回
5000円台…1回
万馬券……1回
阪神初年度の08年は上位人気が連から消えて1万1710円の万馬券となったが、以後は4000〜5000円台の中穴配当が最も多く中波乱の傾向。

一方、3着には1、12、11、2、9、1、3番人気が入り、3連単配当は6万円台、13万円台、9万円台、6180円、16万円台、2万円、7万円台。(1)→(5)→(2)番人気の順で決まった2011年は4ケタ決着だったが、09年は13万馬券、12年は16万馬券も出ている。

所属別は、関東馬12頭、関西馬93頭、外国馬5頭、地方馬1頭で争い、0、14、0、0連対。全連対馬を関西馬が占めており他所属馬を一蹴している。

路線別(前走着順)はJBCクラシック(3、2、1、2、4着)が5連対でトップ。次いで、みやこS(1、4、2、3着)4連対、武蔵野S(9、1、1、着)3連対の順。上記3路線で連対馬の14頭中12頭を占めている。該当しない2頭は09年の1、2着馬で、エスポワールシチー(南部杯1着)とシルクメビウス(トパーズS1着)だった。

年齢別は3〜7歳以上馬が1、3、6、3、1連対。連対率はそれぞれ6、13、22、13、5%。8歳以上は連対なし。レース経験の浅い3歳馬や高齢馬は出番が少ない。

性別は牡・セン馬103頭と牝馬8頭で争い14対0。牝馬は出走数が過去7回で8頭と少なく、ここまで連対馬は出ていない。


◎……ローマンレジェンドは前走のみやこSでアタマ+クビ差の3着。5カ月半ぶりに加えて斤量も58キロを背負ったが、直線でいったんは先頭に立つ力強い競馬を見せた。7歳馬だが衰えを感じさせない内容。みやこSからの臨戦馬はここ5年で4連対と心強いデータもある。大型馬の叩き2戦目を加味すれば、昨年3着のリベンジを果たせる。

○……ホッコータルマエは前走JBCクラシックで0秒6差の3着。6月の帝王賞1着以来、約4カ月ぶりの実戦で伸び切れなかった。もともとが叩き良化型で、昨年もJBCクラシック4着をステップにこのレースを完勝している。勝てば「ダート統一G1」単独トップの10勝。主役級の扱いは当然だ。

▲……ナムラビクターは前走のシリウスSで大出遅れ。1頭最後方からの競馬となったが、直線外から追い上げ、斤量58キロを背負いながら3着まで巻き返した。昨年このレースでホッコータルマエと半馬身差の2着。気性的に難しいところもあるが、互角のスタートを切れば差はない。

△1……昨年の今ごろはまだ1000万条件を走っていたサウンドトゥルーだが、今はバリバリのオープン馬。地力強化が実り、前走JBCクラシック(2着)ではコパノリッキーとホッコータルマエの間へ割って入るまでに出世した。後方一手で展開に左右される弱みはあるが、今なら好勝負に持ち込んでも不思議ない。

△2……コパノリッキーは前走JBCクラシックで昨年の覇者ホッコータルマエ以下を完封。骨折明け2戦目できっちりと結果を残した。「ダート統一G1」5勝はここでも胸を張れる実績だが、逃げる脚質から後続の目標となるのはマイナス材料。今回は評価を下げた。

△3……ノンコノユメは前走・武蔵野Sで4角11番手から一気の差し切り。斤量58キロ、初の古馬相手と厳しい条件だったが、レース最速の上がり35秒2で4連勝を飾った。ただ、ダート馬としては比較的小柄な450キロ前後の馬格。激走の疲れがないとは言えない。前残りの目立つ中京コースも不安が先立つ。勢いを考えれば5連勝も可能だが、能力は認めつつコパノリッキー同様に連下としたい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ノンコノユメ
1 2 サウンドトゥルー      
2 3 ワンダーアキュート        
2 4 サンビスタ        
3 5 ニホンピロアワーズ        
3 6 ナムラビクター  
4 7 コパノリッキー  
4 8 ダノンリバティ      
5 9 ローマンレジェンド  
5 10 グレープブランデー        
6 11 コーリンベリー        
6 12 クリノスターオー        
7 13 ホッコータルマエ
7 14 ガンピット        
8 15 グランドシチー        
8 16 ロワジャルダン      

買い目

大多1=13 1=7 1-6 1-9 13=7
綾恵13=1 13=7 13-8 13-16 1=7
山田13=1 13=6 13=9 1=6 1=9 6=9
たま9=13 9=6 9=1 9=2 9=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。