sportsnavi

2015年12月27日(日)

10R

2015年12月27日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第60回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:25000、10000、6300、3800、2500万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はラブリーデイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.31.2

5歳を迎えて完全に本格化。今年だけで重賞6勝を挙げ、宝塚記念と天皇賞・秋2つのG1を完勝し、現役トップに上り詰めた。前走ジャパンCは1番人気に応えるべく堂々と正攻法で勝ちに行く競馬。後続の目標になる展開と東京の長い直線で、最後わずかに堪えきれなかったが、それでもクビ+クビ差。改めて今季の快進撃がフロックでないことを証明できた。トリッキーなレイアウトの中山は好位から“盤石 のレース運びができるこの馬に向くはず。2枠4番からロスのない立ち回りで、年度代表馬の座を確実にしたい。

○対抗はキタサンブラック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

鮮やかなイン強襲で菊花賞を制した「サブちゃん」の愛馬。特に中山コースが大の得意で、本格化前の皐月賞で3着、スプリングS制覇。今秋もセントライト記念を制した。世代屈指のレースセンスを誇るだけに、器用さが求められる中山はこれ以上ない舞台設定といえる。主戦・北村宏の負傷で乗り替わるのは現役屈指の仕事人・横山典。テン乗りでG1レース5勝を挙げている名手の手綱は何より心強い。2015年を締めくくる競馬の祭典。古馬撃破で「まつり」を響かせたい。

▲単穴はゴールドシップ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.31.9

圧倒的な強さとモロさを併せ持つ稀代の“気分屋 。まさかの凡走も度々あるが、実績は文句なしにナンバー1だ。現役最多のG1レース6勝。中でも中山と阪神ではグランプリ3勝を含む(8.1.2.2)と抜群の相性を誇る。前走ジャパンCは不得手の東京。泣きどころのゲートをクリアしての0秒4差なら「叩き台」としては申し分ない。12年の有馬記念Vに導いた内田博と再コンビで迎える集大成のラストラン。卓越した持久力は急坂コースでこそ生きてくる。ファン投票1位に応えて花道を飾れるか。

△抑えはリアファル。△穴はゴールドアクター。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

Vで年度代表馬、ラブリーデイ

2015年の掉尾を飾る「第60回有馬記念」。今年のファン投票1位はG1レース6勝を誇るゴールドシップ。2位が宝塚記念、天皇賞(秋)を制したラブリーデイで、3位に歌手・北島三郎さんの愛馬キタサンブラックが入った。ファン投票1〜3位の馬がそろって出走するのは11年以来4年ぶりとなる。

ほかにもエリザベス女王杯馬マリアライト(11位)、同レース4位のルージュバック(12位)など多士済々の精鋭16頭が顔をそろえた。数多くドラマが演じられた大舞台で、メモリアルイヤーの有馬記念を制するのはどの馬か。過去10年のレースで傾向を探ってみたい。

過去10年、連対馬は4-1、1-6、9-5、1-14、2-1、2-1、1-7、1-10、1-4、4-9番人気で決まった。

1番人気は(5.3.1.1)の成績。勝率5割、連対率8割で、複勝率9割と抜群の信頼度を誇っている。ただ、2、3番人気が2、0連対と精彩を欠き、6番人気以下の伏兵馬が6連対している。

馬連配当は
3けた……4回
1000円台…1回
3000円台…2回
万馬券……3回

10回中3回で万馬券が出ているが、1番人気の活躍で2000円未満の堅い配当も5回ある。

一方、3連単配当は3万円台、9680円、80万円台、98万円台、1万円台、6万円台、7万円台、2万円台、5240円、10万円台。馬連が万馬券決着となった07、08、14年に80、98、10万円台の高配当が飛び出している。

連対馬20頭はすべて重賞からの参戦で、G1組が18頭、G2組が2頭。G1が格上の貫禄を見せているが、G2組の2連対は12、13年にマークしたもの。近年はG2組に勢いがある。

路線別はジャパンC7連対、菊花賞4連対、天皇賞(秋)3連対、リザベス女王杯と金鯱賞が2連対の順となっている。

ただ、2走前を見てみると、天皇賞(秋)から5頭が連対。これを前哨戦に加えると天皇賞(秋)は合計8連対となり、最多7連対のジャパンCを上回る。

つまり、その年の天皇賞(秋)を経由した馬が好成績を残しているということになる。

所属別別は関東馬34頭、関西馬112頭、地方馬5頭で争い、1、19、0連対。連対率はそれぞれ3、17、0%。出走頭数の差もあるが、関西馬が圧倒的な強さを見せている。しかし、3着を見ると、関東馬が4頭入線。馬券対象としては見限れない存在となっている。

年齢別は3〜7歳上馬が7、7、5、0、1連対。連対率は21、19、11、0、6%。3〜5歳馬が95%を占めている。ちなみに、6歳以上馬の連対は08年2着のアドマイヤモナーク(7歳)1頭。ここで有終の美を飾りたいゴールドシップにとっては気になるデータとなっている。

牡・セン馬VS牝馬は133頭と18頭で争い、15対5。連対率は11、28%。牝馬は連対数で見劣るものの、率で大きく上回っている。

中山の芝2500Mはスタートして約200Mで4コーナーのカーブを迎えるトリッキーなコース。そこで、枠別の成績を内の1〜4枠と外の5〜8枠に大別して見ると、1〜4枠は5勝2着9回、5〜8枠が5勝2着1回。優勝馬は内外互角でも、2着馬は9対1で内枠に集中している。

なお、今年は2枠のラブリーデイを除くと人気を集めそうな馬は外の5〜8枠。大穴を狙うなら1〜4枠の人気薄馬ということになる。


◎……ラブリーデイは前走のジャパンCでクビ+クビ差の3着。ゴールドシップの進出で早め先頭に立って2頭にかわされたが、負けて強しの内容だった。今年は年明けの中山金杯を皮切りに重賞6勝と充実一途。グランプリでジャパンCのリベンジを果たせば年度代表馬が決まる。

○……サウンズオブアースは前走のジャパンCで0秒3差の5着。1コーナーで大きな不利を受けて大きく後退したが、直線しぶとく伸びて掲示板を確保した。昨年のレコード決着の菊花賞2着を含めてG1、G2で2着4回の実力馬。力を出し切れば差はない。

▲……ルージュバックはきさらぎ賞で牡馬を相手に2馬身差で圧勝した。春のクラシックは2戦連続で1番人気に推されながら9、2着に敗れたが、半年ぶりの前走エリザベス女王杯で0秒1の4着。G1級の能力を秘めていることを改めて証明した。叩き2戦目、軽量53キロなら上記2頭をまとめて破っても不思議はない。

△1……キタサンブラックはセントライト記念、菊花賞を連勝。母の父サクラバクシンオーの血が嫌われて6、5番人気の低評価だったが、中団で脚をためて差し切った前走がレース最速の上がり。短距離馬になせる業ではない。ここも末脚を警戒したい。

△2……ゴールドシップのG1レース6勝は飛び抜けた実績。本来なら迷わず◎としたいころだが、「やんちゃ」でいつ走るかわからず△にとどめた。とはいえ、今回は13勝中12勝を挙げている右回りに替わるのは大きなプラス。ここ2戦の凡走を度外視する手もある。

△3……リアファルは入れ替わりの激しい前走の菊花賞で0秒1差の3着。芝に転戦して3戦目でG1に挑んだことを思えば内容の濃いレースだった。中山コースでは先行力が大きな武器。マイペースの逃げに持ち込めればあっといわせるシーンもありそう。

Yahoo! toto
Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 オーシャンブルー        
1 2 ヒットザターゲット        
2 3 ラストインパクト      
2 4 ラブリーデイ
3 5 アドマイヤデウス        
3 6 アルバート        
4 7 ゴールドアクター      
4 8 ワンアンドオンリー        
5 9 サウンズオブアース      
5 10 トーセンレーヴ        
6 11 キタサンブラック
6 12 リアファル
7 13 ルージュバック      
7 14 ダービーフィズ        
8 15 ゴールドシップ
8 16 マリアライト        

買い目

大多4=11 4=15 4-7 4-12 11=15
綾恵15=4 15=12 15-3 15-11 4=12
山田4=12 4=15 4=11 12=15 12=11 15=11
たま4=9 4=13 4=11 4=12 4=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。