競馬 - 報知杯弥生賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2015年3月8日(日)

11R

2015年3月8日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第52回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はシャイニングレイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.9

京都でのデビュー戦が驚愕の内容。ほぼ持ったままでラスト2ハロン10秒8-10秒8をマーク。古馬顔負けの瞬発力で豪快に突き抜けた。前走・ホープフルS(G2)も好位からの危なげない競馬で後続を完封。わずか2戦で一躍クラシックの有力候補に躍り出た。中間は栗東坂路で4ハロン50秒8の自己ベスト。ひと息入ったが、状態はさらに良化している。近親ブラックシェル(08年弥生賞2着)やシェルズレイらもデビュー当初から頭角を現し、春のトライアルで結果を出してきた。無傷の3連勝で皐月賞に王手をかける。

○対抗はクラリティスカイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新設重賞のいちょうSを東京芝1600Mの2歳レコードで快勝。前走・朝日杯フューチュリティSは短期放牧で馬体重を12キロ増やしパワーアップ。自ら勝ちに行く競馬で接戦の3着と、改めて地力の高さを示した。2000Mは未経験だが、外回りの阪神芝1800Mで2歳レコードと0秒2差の好時計Vがあり、持ち味のスピードを生かせば、1ハロンの延長は何ら問題ない。気性の勝ったタイプだけに、今季初戦から上位争いに持ち込めそうだ。

▲単穴はベルラップ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.9

黄菊賞、京都2歳Sを連勝。堂々とエリートコースに乗った。スッと好位を取れる器用さを備え、小回り適性が非凡。未勝利Vの阪神で急坂コースの実績があり、初の中山内回りも労せずこなせそうだ。追い切りではグランプリホースのゴールドシップ相手に気を吐き、併入に持ち込むなど好時計連発。休み明けでも力を出せる仕上がりだ。

△抑えはサトノクラウン。△穴はグァンチャーレ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

決め手上位、クラリティスカイ

皐月賞と同じ芝2000Mで行われるトライアル(3着まで優先出走権)。今年は少頭数ながら重賞ウイナー7頭を含む実績馬が顔をそろえ、ハイレベルの一戦となった。過去10年のレースを参考に傾向を見てみたい。

連対馬は1-3、1-6、1-6、2-1、1-5、1-2、1-7、9-3、6-10、1-4番人気の1、2着でゴールした。1番人気馬は7勝2着1回と勝率、連対率で他馬を圧倒している。

馬連配当は
3けた……4回
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…1回
7000円台…1回
万馬券……1回

2013年に6、10番人気の組み合わせで5万2300円の大波乱となったが、残る9回の最高配当は7830円。1番人気の活躍で波乱度は低い。

3連単配当は810円、6万円台、6650円、2万円台、2万台円、5050円、1万円台、12万円台、46万円台、3850円。堅い配当も見られるが、12、13年には12万、46万の万馬券が出ている。3着馬の人気は2、5、2、7、7、7、5、5、2、2番人気だった。

連対馬の前走成績は1〜5着馬の12、2、0、4、1頭と7着1頭。6着以下から反撃したのは08年のブラックシェル1頭(きさらぎ賞7着)だけ。前哨戦で掲示板を確保していることが連対への条件となる。

今度は連対馬の前走レースの距離を見てみると、1600M4頭、1800M7頭、2000M9頭。1800〜2000Mの中距離から臨戦した馬が8割を占めているが、マイル戦からも4連対あり侮れない。

前走クラス別は重賞13頭、オープン特別3頭、500万下2頭、新馬・未勝利組が各1頭。連対馬の80%をオープン組が占めている。ちなみに勝ち馬10頭中7頭は前走が重賞。残る3頭中2頭は若駒S1着からの参戦だった。

路線別はラジオNIKKEI杯2歳S組が4連対、2連対で朝日杯フューチュリティS組、京成杯組などが続いている。なお、ラジオNIKKEI杯2歳Sは昨年からレース名がホープフルSへ変更されて、グレードもG3からG2に変更されている。

キャリア別は、1〜8戦馬が1、1、6、3、4、4、1、0連対。連対率は25、10、10、19、20、36、10、0%。キャリア3〜6戦馬が好成績を残している。

関東馬は58頭出走して6連対(連対率10%)、関西馬が63頭で14連対(同22%)、地方馬が3頭で連対なし。出走数・連対数・連対率、すべてにおいて関西馬がリードしている。


◎……クラリティスカイは初勝利に3戦を要したが、新設重賞いちょうSをレコード勝ち。朝日杯フューチュリティSでも0秒2差の3着と好走した。G1の厳しい流れを経験した強みがあり、このメンバーなら決め手も一枚上。2個目のタイトル奪取のチャンスだ。

○……サトノクラウンは非凡な決め手で新馬→東スポ杯2歳Sを2連勝。前走は直線で前が狭くなる苦しい形となったが、ゴール前、わずかな隙間から一気に差し切った。初戦の走破時計を2戦目で2秒1短縮したのだから立派。久々の実戦に戸惑わなければ上位争い必至だ。

▲……シャイニングレイはデビュー戦→ホープフルSを連勝中。キャリアの浅いメンバーの戦いではコース経験が大きなアドバンテージになる。馬群に揉まれた経験こそないが、今年は幸いにも11頭立て。好位で流れに乗れば引き続きV争いに絡めるはずだ。

△1……グァンチャーレは2走前の東スポ杯2歳Sで0秒3差の7着。スタートで出遅れ、直線でも前が塞がる不完全燃焼の競馬となったが、前走2度目の重賞挑戦でシンザン記念を制覇した。決め手勝負に持ち込めればこのメンバーでもヒケは取らない。

△2……コメートは前走のホープフルSで2着。シャイニングレイの決め手には屈したが、ゴール前までしぶとく粘っていた。前々で立ち回れる機動力を備えており、中山コースにピッタリ。今回も大崩れはないだろう。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ベルラップ    
2 2 タガノエスプレッソ        
3 3 シャイニングレイ
4 4 サトノクラウン  
5 5 ブライトエンブレム        
6 6 グァンチャーレ    
6 7 ジャストフォーユー        
7 8 トーセンバジル    
7 9 クラリティスカイ
8 10 タケルラムセス      
8 11 コメート      

買い目

大多3=9 3=1 3-4 3-6 9=1
綾恵3=1 3=9 3-4 3-8 1=9
山田3=9 3=8 3=10 9=8 9=10 8=10
たま9=4 9=3 9=6 9=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。