2015年11月29日(日)

11R

2015年11月29日(日) | 5回東京9日 | 15:40発走

第35回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 |

予想

◎本命はラブリーデイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.23.6

豪華メンバーが集結した天皇賞・秋。混戦の下馬評をかき消す堂々の横綱相撲で後続をねじ伏せた。今年だけで重賞6勝。まさに飛ぶ鳥を落とす快進撃で突き進んできたが、母方には成長力に富むダンスインザダークやノーザンテーストの血が掛け合わされており、まだまだ飛躍の可能性を秘めている。今回カギとなる距離2400Mは、京都大賞典で不安を一蹴。上がり3ハロン32秒3の「瞬間移動」で一気に馬群を切り裂く、強烈な末脚を披露している。世界のホースマンに現役最強をアピールする絶好の場。年度代表馬の座を手繰り寄せる。

○対抗はショウナンパンドラ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

3走前の宝塚記念(3着)から池添と新コンビを結成。オルフェーヴル、デュランダル、スイープトウショウ…など、豪快な追い込みに定評のある鞍上を背に、切れ味復活ののろしを上げ、秋初戦のオールカマーは圧巻の差し切りで牝馬18年ぶりの勝利を飾った。天皇賞・秋は外枠のコースロスがあった分戴冠を逃したが、上がり3ハロンは出走中最速の33秒4。あと数百メートルあれば逆転も、と思わせる0秒2差だった。現役屈指の「切れ者」牝馬が、正々堂々の末脚勝負で逆転Vを狙う。

▲単穴はミッキークイーン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.25.0

3歳牝馬2冠の余勢を駆って一線級の古馬に挑む。オークスの走破時計2分25秒0は歴代2位、秋華賞はショウナンパンドラのレースレコードを更新する1分56秒9。歴代の名牝と比較しても胸を張れる結果で3歳牝馬の頂点に立った。勝負付けを済ませたタッチングスピーチとルージュバックが次走エリザベス女王杯で3、4着とそろって好走したことで、世代レベルの高さも証明できた。デビューから7戦(4.3.0.0)のパーフェクト連対。斤量53キロを生かせば好勝負に持ち込める。

△抑えはゴールドシップ。△穴はサウンズオブアース。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

力量互角、サウンズオブアース

今年は外国馬4頭(ドイツ2頭、イギリス1頭、フランス1頭)と日本馬14頭で、国内最高賞金3億円の争奪戦を繰り広げる。過去10年のデータでレース傾向を探りたい。

連対馬は3-2、1-5、5-4、9-1、1-2、4-1、2-6、3-1、1-7、4-3番人気の組み合わせで決まった。

馬連配当は
3けた……3回
1000円台…1回
2000円台…2回
3000円台…2回
4000円台…1回
7000円台…1回

上位1〜3番人気は6、3、3連対。6番人気以下からの伏兵馬は3頭と少なく、2ケタ人気馬の連対はゼロ。

2008年に9番人気スクリーンヒーローが勝利して7620円の中波乱となったが、残る9回は5000円未満。実力を比較しづらいレースでも大波乱は起っていない。

一方、3着に1、3、1、2、6、8、14、2、11、6番人気が入線した3連単配当は、1万円台、3830円、1万円台、6万円台、1万円台、2万円台、32万円台、5550円、22万円台、9円台。11年と13年に2ケタ人気馬が3着に食い込んで32万馬券と22万馬券が飛び出している。昨年も上位人気2頭が着外に敗れて9万円台の高配当で決着した。馬連よりも3連単の方が波乱含みの傾向を見せている。

連対馬20頭はすべて重賞からの参戦。内訳は海外のレースも含めてG1が19頭とG2(アルゼンチン共和国杯1着)が1頭。また、路線別(着順)は11連対の天皇賞・秋(6、6、4、3、3、4、1、4、1、2、6着)がトップ。次いで、3連対で凱旋門賞(失格、2、8着)、2連対で菊花賞(2、2着)と続いている。G1レース以外からの臨戦馬は苦戦を強いられそうだ。

外国馬は7カ国から43頭が出走して(1.0.1.41)の成績。日本馬は125頭で(9.10.9.97)。05年にアルカセット(英国)が優勝して、翌年ウィジャボード(英国)が3着に入線したものの、その後8年はすべて3着以下に敗れている。

年齢は3〜7歳以上馬が5、9、5、1、0連対。連対率は17、20、11、4、0%。3〜5歳馬が狙い目となるが、中でも4歳馬が好成績を残している。

性別は牡・セン馬144頭と牝馬24頭で争い、14対6。連対率は10、25%。牝馬は09年から13年まで5年連続で連対する大活躍。数では見劣るものの、連対率では牡・セン馬を大きく上回っている。

◎……サウンズオブアースは京都新聞杯(G2)、神戸新聞杯(G2)、菊花賞(G1)、京都大賞典(G2)で2着。ビックタイトル奪取こそないが、ここでも互角に戦える能力を備えている。事実、5カ月半ぶりの前走・京都大賞典でラブリーデイと0秒2差だった。伸びしろ十分な4歳が叩き2戦目でG1奪取を決める。

○……ラブリーデイは6月の宝塚記念を含めて破竹の4連勝で天皇賞・秋を制覇。G1レース2勝で揺るぎない頂点に立った。ただ、東京の2400〜2500Mで見ると、日本ダービー7着、目黒記念、アルゼンチン共和国杯がともに5着。秋初戦の京都大賞典で勝利したものの、ベストは2000M前後か。ここは2番手評価としたい。

▲……ミッキークイーンは前哨戦のローズSで2着と敗れたが、本番の秋華賞で変わり身を見せて2冠を達成した。古馬一線級に初挑戦となるが、斤量53キロは有利。オークス勝利の東京コースもプラス。上記2頭をまとめて破れる能力を秘めている。

△1……ショウナンパンドラは天皇賞・秋で4着。後方で脚をためレース最速の上がりで追い込んだが、外枠のロスが響いたようで0秒2差止まりだった。秋初戦のオールカマーで古馬を一蹴した末脚は半端でなく、流れひとつで逆転できる。

△2……ラストインパクトは天皇賞・秋で12着に敗退。2コーナーで斜行して内ラチに接触するアクシデントが痛かった。昨年の京都大賞典勝ち馬で、今年の天皇賞・春4着。世界の名手ムーアへの手替わりも大きい。軽視禁物だ。

△3……ゴールドシップは6月の宝塚記念以来の実戦で評価が微妙。ローテーションに好感は持てないが、とにかくG1通算6勝の実績はここに入れば断然の勲章。宝塚記念連覇も並みの馬に成せる業ではない。切り捨てる選択肢もあるだろうが、功績の偉大さから連下にマークした。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ラブリーデイ
1 2 トリップトゥパリス        
2 3 ワンアンドオンリー        
2 4 ジャングルクルーズ        
3 5 ペルーサ        
3 6 ラストインパクト      
4 7 ショウナンバッハ        
4 8 イラプト        
5 9 ダービーフィズ        
5 10 サウンズオブアース  
6 11 ミッキークイーン  
6 12 ゴールドシップ  
7 13 ヒットザターゲット        
7 14 イトウ      
7 15 ショウナンパンドラ
8 16 カレンミロティック        
8 17 アドマイヤデウス      
8 18 ナイトフラワー        

買い目

大多1=15 1=11 1-10 1-12 15=11
綾恵1=11 1=15 1-12 1-14 11=15
山田1=15 1=10 1=17 15=10 15=17 10=17
たま10=1 10=11 10=6 10=12 10=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。