sportsnavi

2015年11月1日(日)

11R

2015年11月1日(日) | 4回東京9日 | 15:40発走

第152回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はエイシンヒカリ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.3

「出走全馬が重賞勝ち馬」だった毎日王冠。皐月賞馬イスラボニータや天皇賞馬スピルバーグらG1連対経験馬が8頭も揃った豪華メンバーの中で1番人気に推され、堂々の逃げ切りVを飾った。エプソムCに続く東京の重賞2連勝。ついに「秋の盾」を射程圏に捉え、「快速馬サイレンススズカの再来」という評価もうなずけるほどの充実ぶりを見せている。G1は初参戦だが、課題だった折り合いも平均ペースで制御可能に。前哨戦を勝ち切った自信も大きい。鞍上は“平成の盾男 武豊(秋5勝)。名手を背に一気のG1制覇へ。

○対抗はラブリーデイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.57.3

5歳を迎えて本格化し、今年重賞5勝と大ブレイク。宝塚記念を番手からの横綱相撲で快勝し、G1ホースの仲間入りも果たした。とにかく立ち回りが抜群に上手く、前走・京都大賞典も好位のインから盤石の運び。斤量58キロを背負いながらも驚愕のラスト3ハロン32秒3を繰り出し、馬群を切り裂いた。充実著しい現況なら不得手の左回りも克服できるはず。鞍上は代打・浜中。積極策でエイシンを仕留めたい。

▲単穴はイスラボニータ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.59.6

重賞2勝を含め、東京コース(4.1.2.1)。芝2000M以下に限れば1度も崩れていない。昨年の天皇賞・秋は3歳馬ながら堂々の1番人気に支持され、惜しくも名牝ジェンティルドンナと同タイムの3着に敗れた。あれから1年。7カ月ぶりの毎日王冠は好位からの正攻法で3着を確保。叩き台としては申し分ない内容でリベンジへの態勢を整えた。青写真通りに臨む秋2戦目。皐月賞馬のプライドが黙っていない。

△抑えはショウナンパンドラ。△穴はスピルバーグ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

大器晩成、ディサイファ

春の天皇賞馬ゴールドシップが出走回避したのは残念だが、今年重賞5勝のラブリーデイ、オールカマーで牡馬一線級を一蹴した紅一点のショウナンパンドラ。さらに連覇を狙うスピルバーグなど豪華メンバーが一堂に会して激戦を繰り広げる。

過去10回のデータでレース傾向を見てみたい。

1番人気は3勝2着3回で連対率60%。2番人気は3連対。3番人気は1頭も連対していない。代わりに7番人気から4頭の伏兵が連対。05年には14番人気ヘヴンリーロマンスが大駆けVを決めている。

馬連配当は
3けた……1回
1000円台…2回
3000円台…2回
4000円台…2回
7000円台…1回
万馬券……2回

万馬券は前述した05年と09年の2度。ここ3年は1000円〜3000円台の配当で収まっている。

ちなみに、3着には13、2、6、3、1、2、6、2、3、1番人気が入線。3連単配当は122万円台、6万円台、18万円台、3250円、10万円台、7480円、21万円台、3万円台、1万円台、2万円台となっている。4ケタ決着が2度ある一方、05年に122万馬券が飛び出し、10万超の高配当も3回。こちらはやや波乱含みといえる。

連対馬20頭の前走をクラス別に見ると、G1組6頭とG�U組14頭。G1組6頭の内訳は宝塚記念5頭、英国G1からの帰国初戦が1頭となっている。G�V戦やオープン特別から参戦した馬は3着まで。

路線別(前走着順)は毎日王冠(1、2、2、1、5、1、9、2、3着)が9連対でトップ。これを5連対の宝塚記念(2、5、2、3、9着)が追い、2連対で札幌記念(1、1着)が続いている。

近年は外国人騎手の活躍が目立つ傾向にあり、調べて見ると過去5年で3勝、2着1回、3着3回と好成績。目下5年連続で馬券対象となっている。

今年もミルコ・デムーロ(イタリア・JRA所属)、クリストフ・ルメール(フランス・JRA所属)、クリスチャン・デムーロ(イタリア・短期免許取得)が騎乗する。3人の外国人騎手から目が離せない。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、8、9、0、1連対。連対率は13、20、18、0、3%。6歳以上の高齢馬は計68頭出走しながら、わずか1連対と苦戦している。

また、東西対決は関東馬62頭と関西馬109頭で争い7対13。連対率はそれぞれ11、12%。連対数で見劣る関東馬だが、率ではほぼ互角となっている。


◎……ディサイファで勝負する。「6歳馬苦戦」のデータから本命に推すには覚悟がいるが、今年のディサイファは5、1、3、1、2着と好調。2走前の札幌記念を2番手から正攻法で押し切り、前走の毎日王冠は直線窮屈になりながら馬群を割り、きっちりと2着を確保した。初勝利まで3戦、オープン入りまで17戦を要した遅咲きの大器が、6歳の秋にようやく本格化したようだ。絶好の1番枠を引き当て、東京の芝も4勝と得意。悲願のG�Tを勝ち取ると見た。

○……ラブリーデイは今年に入り宝塚記念勝ちを含めて重賞5勝。昨年までの重賞未勝利がウソのような活躍を見せている。主戦の川田が騎乗停止で浜中にスイッチするが、秋華賞を制して勢いに乗る鞍上なら問題あるまい。激走の疲労さえ出なければ4連勝も十分ある。

▲……前走のアンビシャスはゲート内でチャカついて出遅れ。エイシンヒカリが逃げ切る流れで道中最後方。あまりにも前が遠かった。それでも直線大外から伸びて3馬身差の6着とさすがの伸び脚も見せている。全7戦中5戦でレース最速の上がり。スタートさえ決まれば十分通用する決め手を秘める。

△1……ショウナンパンドラは前走オールカマーで0秒2差V。休み明けながら、牡馬一線級を相手に底力をアピールした。過去オールカマーからの連対馬は1頭と少ないが、急速に力をつけているのも確か。今回で3回目の騎乗となる池添が手の内に入れている点も心強い。

△2……イスラボニータは7カ月ぶりの参戦だった前走・毎日王冠で3着。好位で折り合い直線追い出しを我慢したが、久々の影響かラストひと伸びが利かなかった。3歳にしてこのレースで1番人気に支持された素質馬。叩き2戦目の一変があっても驚けない。

△3……ダービー馬ワンアンドオンリーは京都大賞典で6着。勝ったラブリーデイの直後を追走しながら6着と敗れたのは不満だが、休み明け、平たんコースも合わなかったか。神戸新聞杯Vから1年以上勝ち星から遠ざかってはいるが、府中は日本ダービーを制した思い出のコース。大駆けを警戒したい。

Yahoo! toto
Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ディサイファ    
1 2 アンビシャス      
2 3 サトノクラウン      
2 4 ダコール        
3 5 クラレント        
3 6 カレンミロティック        
4 7 ラストインパクト        
4 8 ラブリーデイ
5 9 エイシンヒカリ  
5 10 ペルーサ        
6 11 ワンアンドオンリー      
6 12 ダービーフィズ        
7 13 ヴァンセンヌ        
7 14 ステファノス        
7 15 ショウナンパンドラ  
8 16 イスラボニータ  
8 17 スピルバーグ      
8 18 アドマイヤデウス      

買い目

大多9=8 9=16 9-15 9-17 8=16
綾恵8=9 8=3 8-1 8-16 9=3
山田8=15 8=9 8=18 15=9 15=18 9=18
たま1=8 1=2 1=11 1=15 1=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。