2015年5月10日(日)

11R

2015年5月10日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第20回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

予想

◎本命はヤマカツエース。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.34.8

前哨戦のニュージーランドT(G2)で重賞初制覇。末脚を溜めて直線で先頭に躍り出ると、そのまま後続の追撃を完封。7番人気の低評価を覆し、3度目のマイル挑戦で地力強化を証明した。中京のファルコンSでハナ+ハナ差3着の実績から、左回りの東京コースを苦にする可能性は低いはず。最終追い切りでも抜群の動きを披露し、状態はすこぶる良好。仕掛けどころひとつでG1タイトルに手が届く。

○対抗はグランシルク。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.4

前走・ニュージーランドTはスタートで大きく出遅れ。致命的なロスで窮地に立たされたが、最後方から目の覚めるような鬼脚で0秒1差2着まで追い上げ、1番人気の責任を果たした。マイルで2勝2着1回。まだ底を見せておらず、直線の長い東京コースなら決め手を存分に発揮できる。発馬さえ決まれば逆転の可能性も。

▲単穴はクラリティスカイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.5

父は01年の覇者クロフネ。祖母は1200MのクリスタルCを勝ったタイキダイヤ。昨秋のいちょうSを東京芝1600Mの2歳レコードで制したようにスピード指向の強い血統だが、前走2000Mの皐月賞で5着と大健闘。初めて先手を奪う展開でも高い総合力で粘りを発揮した。暮れの朝日杯FSは緩い馬場に脚を取られて0秒2差敗れたが、良馬場の高速決着なら十分に出番がある。

△抑えはミュゼスルタン。△穴はアヴニールマルシェ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

マイルで開花、グランシルク

過去10年の連対馬は2-10、3-9、17-1、1-3、10-5、1-5、1-2、1-3、10-6、1-17番人気の組み合わせで決まった。

1番人気は5勝2着1回。一昨年を除き、ここ5年で4勝を挙げている。

馬連配当は
1000円台…3回
2000円台…1回
4000円台…1回
6000円台…1回
万馬券……4回

2けた人気馬が優勝した年などで万馬券が出ている一方、2000円未満の堅い配当も4回。堅いか大荒れか、両極端の結果となっている。

また、3着には4、6、18、14、13、3、4、15、8、12番人気が入り、3連単配当は、6万円台、20万円台、973万円台、11万円台、238万円台、1万円台、7920円、26万円台、123万円台、68万円台。07年の973万馬券を筆頭に100万馬券が3回も飛び出す波乱ぶり。10万円超の高配当も4回。2けた人気が毎年のように馬券圏内に食い込む難解なレースとなっている。

路線別はニュージーランドTが7連対でトップ。3連対で桜花賞と毎日杯が並び、2連対の皐月賞、スプリングSとなっている。

東西対決は関東馬が75頭出走して5連対(7%)、関西馬は105頭で15連対(14%)。ホームで戦える関東馬だが、ここまでは苦戦が続いている。

性別は牡馬162頭と牝馬18頭で争い、17対3。連対率はそれぞれ11、17%。牝馬は連対数で見劣るが、率で牡馬を上回っている。


今年の3歳マイル路線は傑出馬不在の大混戦。

◎……グランシルクは前走のニュージーランドTでヤマカツエースの2着。スタートで大きく出遅れたが、直線大外からレース最速の上がりで0秒1差まで迫った。ゲートに不安はあるものの、直線の長い東京なら挽回は可能。マイルで開花した素質馬が3歳の頂点を極める。

○……アルマワイオリは前走のニュージーランドTで出負け。道中もかなり行きたがっていたが、直線しぶとく伸びて3着を確保した。朝日杯フューチュリティS2着は威張れる実績。折り合いに課題を残すが、マイル戦ならしまい堅実に追い込んでくる。

▲……ヤマカツエースは前哨戦のニュージーランドTを快勝。7番人気の低評価をあざ笑うかのように中団追走から直線鮮やかに抜け出した。現時点での完成度は高く、レースぶりにも安定感がある。G1で相手強化も好勝負に持ち込める。

△1……フミノムーンは前走マーガレットS1着。後方で折り合い、直線を向くと力強く差し切った。近走は道悪で結果を出しているが、デビュー勝ちが良馬場の芝1600M。東京のマイル克服に必要なスピードとパワーを兼ね備えている。

△2……マテンロウハピネスは前走の橘Sを3番手に控える競馬で快勝。着差はハナ差でも前に馬を置く形で勝ち上がったのは大きな収穫だ。中1週の続くローテーションでもデキ落ちはなく、持ち前の先行力としぶとさを生かし切ればチャンスはある。

△3……アルビアーノは年明けの新馬、500万下、フラワーCと3連勝。いずれも先手を取ってそのまま楽に押し切った。今回もハナを奪えるメンバー構成だが、G1でマークが厳しくなるのは確実。マイペースで運べるかどうかがカギとなる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アヴニールマルシェ      
1 2 グランシルク
2 3 クールホタルビ        
2 4 グァンチャーレ      
3 5 タガノアザガル        
3 6 レンイングランド        
4 7 クラリティスカイ    
4 8 ナイトフォックス        
5 9 アルビアーノ    
5 10 アルマワイオリ    
6 11 ヤマカツエース
6 12 ミュゼスルタン    
7 13 コスモナインボール        
7 14 ヤングマンパワー        
7 15 フミノムーン      
8 16 ダノンメジャー        
8 17 ニシノラッシュ        
8 18 マテンロウハピネス      

買い目

大多11=2 11=7 11-1 11-12 2=7
綾恵2=11 2=9 2-10 2-12 11=9
山田2=11 2=7 2=4 11=7 11=4 7=4
たま2=10 2=11 2=9 2=15 2=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。