2015年8月2日(日)

11R

2015年8月2日(日) | 2回新潟2日 | 15:45発走

第15回アイビスサマーダッシュ(GIII)

芝・直線 1000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はセイコーライコウ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・0.54.3

昨年は1番人気に応えて重賞初制覇。2枠2番の内枠スタートながら堂々の完勝で、直線競馬に対する適性の高さを示した。8歳の高齢を不安視する向きもあるが、今季初戦のシルクロードSでは2番目に重いハンデを背負い、最軽量馬と6キロもの斤量差がありながら0秒2差3着に駆けており、その脚力に衰えは微塵もない。昨年同様、函館スプリントS4着からのローテ。絶好の大外枠から連覇を狙う。

○対抗はリトルゲルダ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・0.54.4

昨夏は北九州記念、セントウルSで並み居る牡馬を一蹴。重賞連覇でサマースプリントシリーズ覇者に輝いた。このレースは昨年4着と敗れているが、当時は6カ月の長期休養明けで馬体重10キロ減と本調子に遠いデキだった。本来、直線競馬は(2.1.2.1)の得意分野。スピードを存分に生かし、昨年の雪辱に燃える。

▲単穴はレンイングランド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

芝1200M(2.0.2.0)と過去4戦すべて馬券圏内。前走・函館スプリントSは距離短縮が功を奏し、12番人気3着の激走で3連単100万円近い高額配当をもたらした。もともとクリスマスローズS(2歳オープン)を淀みないペースで逃げ切ったように潜在的なスピードに長けた馬。母は06年の2着馬マリンフェスタで血統的にも縁があるレース。初の直線競馬で覚醒しても不思議ない。

△抑えはアースソニック。△穴はフレイムヘイロー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

スピード上位、アースソニック

全6戦で争われる「サマースプリントシリーズ」(9月13日・セントウルSまで)の第3戦。初戦の函館スプリントSはティーハーフが勝ち、2戦目のCBC賞をウリウリが勝利。それぞれ10ポイントを獲得している。

アイビスサマーダッシュは芝の直線1000M戦にスピード自慢の14頭が参戦。電撃の5ハロン戦を制するのはどの馬か。過去10年のデータを参考にレース傾向を探ってみたい。

連対馬は7-2、7-3、13-1、2-10、3-6、8-3、1-5、7-5、1-3、1-5番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は4、2、4連対。6番人気以下から伏兵馬が7頭連対している。

馬連配当は
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…1回
4000円台…3回
5000円台…1回
6000円台…1回
万馬券……1回

13番人気が1着となった07年に2万2990円の波乱となったが、9回は7000円未満で決着している。

一方、3着には4、6、5、6、2、16、11、4、6、3番人気が入線。3連単配当は5万円台、5万円台、40万円台、12万円台、6万円台、84万円台、4万円台、8万円台、1万円台、2万円台。4けた配当で決まったことはなく、10万超の万馬券が10回中3回も出ている。

路線別(着順)は、5連対でCBC賞(2、5、11、7、2着)とバーデンバーデンC(4、8、5、2、5着)が並んでトップ。これを4連対の函館スプリントS(7、4、3、4着)が追っている。

年齢別は3〜7歳以上馬が4、6、6、3、1連対。連対率は25、32、13、8、2%。昨年7歳馬のセイコーライコウが勝利したが、同馬以外に連対した例がなく、高齢馬にとっては気になるデータとなっている。

牡・セン馬は98頭が出走して9連対(連対率9%)、牝馬は66頭で11連対(同17%)。「夏は牝馬」の格言通り牝馬は、05年から11年まで7連勝し、12年を除く9回で連対するなど大活躍している。


◎……アースソニックは韋駄天S3着→函館スプリントS2着と上昇ムード。課題の折り合い面に成長が見られた。夏が合うのかこの時期に崩れはない。直線競馬は3戦してすべて3着キープ。スピードも一級品だ。ここを勝って一気にサマースプリントシリーズでトップに立ちたい。

○……レンイングランドは前走の函館スプリントSで3着。勝ち馬には離されたが、2着アースソニックとはハナ差だった。前走は後方から追い込んだが、もともとは先行型。初の直線競馬も合いそうだ。

▲……ヘニーハウンドは前走の韋駄天Sで0秒2差の4着。不利といわれる直線競馬の4番枠から「あわや」というシーンを見せた。芝1200M1分6秒7の持ち時計から開幕週の高速馬場は歓迎。スピード決着も望むところだ。

△1……リトルゲルダはヴィクトリアマイル11着からの臨戦。前走はG1で相手が強く、マイルの距離も少し長かった。ひと息入れて立て直しての出走がプラスに働けばV争いも十分に可能だろう。

△2……シンボリディスコは前走のテレビユー福島賞で0秒2差の3着。スローの流れで前が止まらない展開だったが、最後までしぶとく伸びている。直線競馬は2走前に57キロで2着。格上挑戦でも侮れない。

△3……セイコーライコウは新潟の直線1000Mで(2.0.0.1)の成績。2勝はいずれも柴田善騎乗で挙げている。ただ、気になるのが年齢。昨年7歳で高齢馬不利というデータを一蹴したが、今年は8歳。絶好の外枠でも狙いを下げたい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アンゲネーム        
2 2 マコトナワラタナ        
3 3 サフィロス        
3 4 フレイムヘイロー      
4 5 サカジロロイヤル      
4 6 リトルゲルダ
5 7 オースミイージー        
5 8 ヘニーハウンド    
6 9 シンボリディスコ    
6 10 エーシントップ        
7 11 レンイングランド    
7 12 アースソニック  
8 13 ベルカント      
8 14 セイコーライコウ

買い目

大多14=6 14=11 14-4 14-12 6=11
綾恵6=14 6=12 6-9 6-13 14=12
山田14=6 14=8 14=5 6=8 6=5 8=5
たま12=11 12=8 12=6 12=9 12=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。